top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

はげは100%遺伝?薄毛の仕組みと関係性

30代の人以外にも10代・20代の人も結構気にしている遺伝とはげの関係。30代の方は遺伝的な要素だけではげる・はげないを決め付けることが出来ません、そのわけとは?

『 あきらめて放置 』はNG!30代のヘアケア状況

『 親がはげている、親戚には薄毛の人が多いから心配だ。 』 30代ともなればそろそろ髪の毛が薄くなる人は周りにもちらほら出てきます。

ハゲは遺伝するか心配 結論から記載させて頂きますが、ハゲは100%遺伝で決まるものではありません。

しかし、遺伝の影響で男性ホルモンの分泌量などの体質的なものを受け継ぐ為に、 脱毛しやすい体質が受け継がれている可能性が高いことは否定できないです。

つまり、 AGA(男性型脱毛症)の症状によってご家族や親戚の方が脱毛している場合には同じ様な体質を受け継ぐ可能性は高いと結論付けられます。

これは、 もともと男性ホルモンの分泌が多い体質などが遺伝してAGA(男性型脱毛症)の症状が起こりやすくなるという理屈からです。 ただ、男性ホルモンが直接脱毛の原因になるわけではありません。

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと5αリダクターゼが結び付く事で、 AGA(男性型脱毛症)の脱毛物質であるジヒドロテストロン(DHT)に変化することで脱毛や薄毛が進行してしますのです。

【関連ページ】

男性ホルモンと抜け毛の関係


ハゲが遺伝する体質と遺伝する仕組み

ハゲが遺伝する決定的なポイントは次の通りです。

テストステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼと結びつきやすい体質を受け継いでいる。

テストステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼと結びつくとAGA(男性型脱毛症)の症状が現れます。 つまり、抜け毛が増えて薄毛が進行します。

男性型脱毛症(AGA)は男性の約25%で発生すると言われています。 おおよそ10人に2〜3人の割合ではげるということです。

「ハゲやすい」とされる体質の遺伝は母親からも父親からも受け継がれます。

髪の毛が脱毛ホルモンの影響を受けやすい体質であったり、 脱毛ホルモンを生成しやすい体質であったりすることがハゲやすい体質の遺伝であると言えます。

自分がハゲやすいかどうかを調べる手段は存在します。 AGA(男性型脱毛症)の検査をしてみることです。 キットを使って自分で実施するか、 薄毛の治療を行っているクリニックや病院で検査を実施してもらう選択肢が選べます。

もちろん、ハゲる原因はAGA(男性型脱毛症)だけではありません。

栄養のバランスやストレスなどの影響、 生活習慣や頭皮の状態などによっても髪の毛の育成や抜け毛の増減は違ってきます。

特にストレスの影響は意外と大きく、 髪の毛以外にも免疫機能の低下や精神状態の不安定化などの症状につながったりします。


ハゲが遺伝する仕組み

ハゲが遺伝する仕組みを超簡潔にまとめると次の通りになります。

テストステロン(男性ホルモン)の分泌が多い体質を受け継ぐ。

⇒さらに5αリダクターゼと結びつきやすい体質を受け継いでいる。

ということになります。

「ハゲの人は精力が旺盛である」

これは昔から言われていることですが、はげと遺伝の関係をひも解くと根拠のある事実であると解明されたのです。

テストステロン(男性ホルモン)の分泌が多い体質を受け継いでいても、5αリダクターゼと結びつきやすい体質を受け継いでいなければ禿げない、とも言えます。

つまり、精力が旺盛であっても脱毛の要因となる物質が体内で生成されにくい体質であれば遺伝的には禿げにくいと言えるのです。


テストステロン(男性ホルモン)とは?

文字通り男性が男らしくある為のホルモンです。

「男の活力の源」、「男性の活動を高める源」という表現が使われてることが多いです。

薄毛の予防・改善という面から見ると抑制されるべき対象になりますが、 本来、性欲の亢進や生殖器の発育に影響を与えるホルモンとして重要なものです。

男性の場合は精巣(睾丸)で殆どのテストステロンが生成され分泌されます。女性も男性に比べるとごくわずかですが、卵巣や副腎などでテストステロンが生成されます。

このテストステロンは男性の思春期などに多く分泌され、25歳くらいまで多く分泌される状態が続く傾向があります。

テストステロンは性欲の亢進や生殖器の発育に影響を与えるホルモンです。さらに、ヒゲや体毛の成長、筋肉や骨格の形成、髪質の変化などに影響するホルモンです。


30代になって抜け毛が増加して心配だ

そう、はげない人は少々の事をしても髪の毛が薄くなったりしません。

栄養状態が良くなかったり、 頭皮の清潔な状態が保てていなかったり、 シャンプーの銘柄も気にせず使い、ヘアケアなんて無縁の人でもハゲない人は禿げないです。

しかし、不安要素のある人は一気に抜け毛が増加して若ハゲ状態に進展する可能性もある年代が、 30代という年代なのです。

ハゲやすい体質を遺伝で受け継いだ人がハゲる可能性が高いことは事実です。

不公平に思えるかもしれませんがそれも個性のひとつです。 近眼になりやすい体質や背が伸びにくい体質、虫歯になりやすい体質なども遺伝で受け継ぐ可能性が高いです。

だからこそ、10代や20代の頃では無頓着でいられたヘアケアなどに、 意識を移す必要が出てくるのです。

例えば同窓会などへ出席する機会などがあり、 身近で薄毛の症状を見てしまうと他人事ではいられなくなる気持ちも強くなります。

スポンサードリンク


すでに薄毛の症状が現われ始めているという人は別ですが、 遺伝的な要素ではげるかも・・・という人は必要以上に焦る必要はありません。 ただ、きちんとしたヘアケアの知識と対処はそろそろ実践しておく必要はあるかと思います。

もちろんご両親や親戚、おじいちゃんなどがAGA(男性型脱毛症)の影響で脱毛したのでない場合には遺伝する事はありません。

例えば、仕事上のストレスや頭皮の環境の悪化、栄養の偏りなどが薄毛の原因であれば、はげが遺伝する事はないのです。 (特別な頭皮の疾患などを除きますが・・・。)

育毛努力と希望を捨てたら後は厳しい現実が・・・

両親の家計共に薄毛である、 という人でも育毛などの努力をせずにあきらめて放置したままと、 適切なヘアケアや抜け毛予防対策などを施している人では雲泥の差がでる可能性は非常に高いです。

髪の毛の問題は一目瞭然です。その人の第一印象を大きく左右するのが髪型なのです。 当サイト別コンテツ 毛染めは抜け毛の原因? で紹介させていただいている通り、 髪の色や髪型などを気にする以前に、 不安要素に対してきちんと対処しなければ髪の毛がなくなってしまう可能性もあるのです。


遺伝だけではない・抜け毛・薄毛の原因

薄毛や抜け毛を気にする人の大きな理由が遺伝的な不安要素です。 ただ、気休めかもしれませんが抜け毛や薄毛の症状が現われる状況というのは遺伝だけで決まるものではありません。

確かに若くしてはげることは遺伝の要素が強いことも否定できないのが現状です。 両親のどちらかあるいは両親共に薄毛やハゲの要素がある場合は、はげ易い体質を受け継いでいる可能性は高いと言えます。

というよりか、AGA(男性型脱毛症)が薄毛の原因であれば、 正確には男性ホルモンの分泌が多い体質が遺伝されて、その結果、AGA(男性型脱毛症)の症状が発生しやすいのですが・・・。

ただ、このAGA(男性型脱毛症)の状態も段階があり、男性ホルモンの分泌量によって脱毛が加速したり抑えられたりします。

通常の育毛シャンプーや育毛剤などで 「ある程度効いている感覚はあるけれど薄毛の進行が抑えられない」 という方の多くが、実はAGA(男性型脱毛症)の症状が進行しているという事が多いです。

「じゃあどうすればいいの?」

この遺伝による男性ホルモン影響によるAGA(男性型脱毛症)が発生しやすい方の育毛対策もやはり、 一般的な方法で考えるならばやはり育毛シャンプーと育毛剤の利用になると思います。

特に育毛剤に関しては色々な種類が販売されていますが基本的な特性を十分理解して使用したいです。 育毛剤のアプローチは大きな流れでは次の二種類の考え方で作られた商品がほとんです。

脱毛の原因となる要因のの発生を抑える
毛根を丈夫にして脱毛物質の影響を受けにくくする

特に最近では男性ホルモンの影響で脱毛要因の物質である「ジヒドロテストロン(DHT)」の発生を抑える育毛剤なども発売されています。  ※当サイト「 男性ホルモンによる脱毛の原因も抑える育毛剤 」を参照して下さい。

一方で、抜け毛や薄毛が急激に増えたからといってすべてが遺伝的な要素原因とも言い切れません。 ストレスや肉体的な疲労、栄養不足や栄養の偏り、生活習慣などによっても髪の毛は薄くなったりするのです。

ですので厳密に言うとはげと遺伝の関係については断定出来ない部分も存在するのです。 遺伝的要素は強いことは否定できないですが、個々の要因が大きく作用する場合もあるからです。

ただ、ケアする人とケアしない人では進行度は明らかに異なる場合が往々にしてある事も事実です。 だから、「 あきらめてほったらかし 」が一番NGなのです。

遺伝的にはげる可能性が高い人もせめてこれだけは実行するべき事

育毛シャンプー 髪を洗うと抜け毛が増えると言うのは間違いです。きちんと適度に育毛用シャンプーで洗髪して頭皮を清潔に保つ事が重要です。   【参考ページ】人気の育毛シャンプー
頭皮マッサージ 若ハゲは頭皮の血行が悪い体質が遺伝している可能性が高いです。頭皮の血行を良くする為にやさしくマッサージ。
食生活の改善 脂分の少ない食生活、野菜や穀物などの自然な素材を使用した食事を心がける。ジャンクフードや冷凍食品は出来る限り避けるようにする事がベター。
生活習慣の見直し 基本は「 早寝早起き 」です。デスクワークが中心の人は週2〜3日ほどの適度な運動を行うと一層効果的です。
ストレス発散 スポーツ、レジャーなどで趣味に没頭できる時間を持つ事でストレスを溜めないようにすることが目的です。朝や夜のジョギングなどでも楽しめる人は十分楽しめたりします。

金銭面で余裕があるなら育毛剤とサプリメントの利用も検討してみましょう。

脱毛要因の生成をブロックしたり、 生成されてしまった要因が脱毛の指令を出すことをブロックしてくれるサプリメントも存在します。

詳しくは 天然無添加育毛剤「イクオス」の解説 のページで紹介させていただいておりますが、超人気の育毛剤(+サプリメントのセットも可能)です。

ハゲやすい体質を遺伝したかもしれないと不安になって過ごすよりも、行動することが重要です。


AGA(男性型脱毛症)なら医療機関でしか治せないの?

遺伝的に薄毛の家系で心配でたまらないという方も自分で勝手に判断せずに医療機関(クリニック)で診断してもらう事がベストです。

なぜなら、最近ではAGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせる処置など(フィナステリドとミノキシジルという成分の入った治療薬)が一般的になっており、 医師の診断のもとで適切な薬を処方してもらう選択肢が最適な方法のひとつだからです。

その場合にはもちろん薄毛・発毛治療の専門医院に行くことは言うまでもありません。 当サイトでも信頼のおける薄毛・発毛治療の専門医院(クリニック)を「 AGAクリニックを利用して悩み解消 」のページで紹介させて頂いております。

参考までに、 男性型脱毛症の場合には早く症状が現れる方は20代前半ぐらいか髪の毛が薄くなり次のような症状が出る場合が多いです。

髪の毛が細くなってきている。
抜け毛が多い(短い毛も含めて)。
髪の生え際が後退している。

育毛剤でAGA(男性型脱毛症)予防と対策?

全ての方が医療機関(クリニック)で適切な薄毛治療を受けられれば良いのですが、 実際には金銭的な負担で躊躇される方も多いです。

さらに治療を受けて処方された薄毛の治療薬の副作用のキツさなど、 薬が体質的に合わずに医療機関(クリニック)での治療を断念、中断される方もいらっしゃいます。

そういった方に一度試して頂きたい育毛剤が存在します。 当サイト「 天然無添加育毛剤「イクオス」の解説 」で紹介している商品です。

副作用の心配が無くAGA(男性型脱毛症)に対策としても非常に期待できる商品です。 もちろん、こういった商品を使用する前に適切な育毛シャンプーを使用して頭皮を健康にしたり食生活を見直したりする事も重要ですが・・・。

30代こそ差がつきやすい育毛努力の有無

「若いうちは髪の毛が抜けない。」「自分は20代だから大丈夫。」 で過ごしてきた人も30代では勝手が違う事が多くなります。

遺伝的に薄毛など無関係に思える人でも外的な要因が重なれば抜け毛が増加する事もあります。 気のせいと済ましていれば手遅れになることもあります。

遺伝的に不安で不安で仕方が無く「将来ヤバイかも」という方も食生活の中でのワンポイント育毛などを継続させる意識などが必要です。
(個人的には「納豆」と「もずく酢」を毎日食べることはオススメです。)

ハゲやすいことは遺伝するのは事実です。 が、しかし、何もしないよりもやった方が絶対に残る髪の毛の量は多くなる場合が多いです。

結局、仕事上のストレスや頭皮の環境の悪化、栄養の偏りなどが薄毛の原因であれば「はげが遺伝する」事はないです。 これが「ハゲは100%遺伝する」と言い切れない理由のひとつです。

特に女性などは外的な要因や精神的な面でも負担、 ビタミンやミネラルなどの栄養素の不足などが薄毛の原因になります。

一方で、AGA(男性型脱毛症)が進行している場合には、 遺伝的な要素強いので個人の努力ではなかなか改善されません。

特に重度のAGA(男性型脱毛症)の場合、かなりハゲやすい体質を遺伝してしまっています。 自分でできる対策などを実施しても、どんどん髪の毛が抜けていってしまう人もいます。

しかし、薄毛や発毛治療の専門医院(クリニック)で適切な治療薬を処方してもらえばAGA(男性型脱毛症)の症状が進行する事は十分抑えられます。

【関連ページ】

AGAクリニックを利用して悩み解消
中央クリニックグーループ
HARG療法の開発者医院
AGA・発毛治療の専門医院
植毛と育毛の可能なクリニック

スポンサードリンク