top画像左
top右

馬油だけじゃないウーマシャンプーの秘密

花粉の季節になりますが育毛を考えると頭皮に関係する注意点が幾つかあります。花粉の季節にも育毛の意識を忘れずに意識したい頭皮に関連したヒントや情報などを紹介!

ウーマシャンプーイメージ ウーマシャンプーの購入を考えている方の為に
多くの人が育毛シャンプー選びで迷う点
頭皮環境を正常化するメカニズムを解説
気軽に育毛対策の第一歩が行えるワケ
育毛対策シャンプーとして人気の理由

植物から抽出されたエキスが25種類も配合!

「頭皮環境の改善」という当時では斬新なキャッチフレーズで大きな反響を呼んだウーマシャンプーという商品ですが、馬油だけではく配合されている成分にはそれぞれ意味があります。

ウーマシャンプーは数ある商品の中でもロングセラーとなっている育毛シャンプーです。当然、数年に渡って愛用し続けている人も存在するわけです。

で、長く売れ続けるにはそれなりの理由があります。そのひとつに、徹底的に厳選された原材料のバランスの良さが人気を支えていると言える部分もあります。

まぁ、タイトルの様に「秘密」という程の事ではないのですが、頭皮の状態を良好に保つ事に役立つ成分として商品の開発段階からかなり吟味を繰り返して商品化された経緯を持っているのです。

その中でも注目の成分が「グリチルリチン酸2K」という成分です。育毛剤でもよく使われている植物の根茎から抽出される成分です。これは甘草という植物が材料となっています。

「甘草?」

そうです。カンゾウと読みます。食用の甘味料としても使われるエキスです。

甘草エキスには肌荒れやニキビを抑える働きがあり、敏感肌向けの化粧品などにはよく使われる成分です。これを頭皮を洗浄するシャンプーに使用していると考えるとそれだけでも「いい感じ」がしませんか?

夏場はキツイ直射日光にさらされ、冬場は寒さと乾燥という過酷な環境になりがちな頭皮もしっかりいたわってあげる成分のひとつですね。

もちろん、「甘草」なんて言葉を知らなくても、その働きを理解していなくても「実際にウーマシャンプー」を使用すれば使い心地の良さはしっかりと実感できるでしょう。ただ、馬油以外にも頭皮をいたわる天然成分が25種類も使われていることを理解すれば気持ち的な心強さも変わってくるというものですね。


今年も花粉シーズン突入・知っておきたい3つのこと

毎年のことですが花粉が飛び交うシーズンになって目や鼻に花粉の気配を感じる方も増えてきていることでしょう。花粉シーズンに知っておいて頂きたい【3つ】のことを紹介いたします。

春先になって少し昼間には暖かさを感じる季節ですが、ケやかゆみがひどくなった…という方は要注意です。


【まだまだ乾燥対策を!】

暦の上では、春と言っても気温が低く、まだまだ暖房器具が活躍する季節です。むしろしっかりと温度管理を行い体調を良好に保ちたいです。また、風が強い日が多いので、屋外にいても潤いが奪われがちであることも意外と認識されていない事実です。

頭皮が乾燥してしまうとバリア機能が低下し、ちょっとした刺激もフケや痒みの原因になります。しっかりと頭皮も潤いを保つ工夫を意識したいです。

加湿器や濡れたタオルを干すなど湿度が下がり過ぎないようにしましょう。もちろん、体内の水分不足にならないように定期的に水分を補給するようにすることが重要です。


【キューティクルケアを!】

「キューティクルケア」と言われるとヘアケア的なイメージで、女性が考えるケアであると考える男性陣もいらっしゃるかも知れません。しかし。この時期は、男性にも気をつけることに越したことはないのです。

というのも、「キューティクル」とは、 毛髪の表面にあるウロコ状の組織で毛髪の水分をキープする役割があります。ところが、暖房や風で乾燥してしまうと開いて花粉などの刺激物をひっかかりやすくしてしまいます。

また、パサパサの毛髪は静電気が発生しやすく更に刺激物やホコリ、ごみなどが付着してしまうのです。汚れがたっぷり付着した毛髪の根元は、雑菌の温床となります。

この時期だけコンディショナーを使用するもの良い対処方法のひとつです。幸いウーマシャンプーにはコンディショナーも商品としてラインナップされています。もちろん、市販の商品を使っても良いですが、できる限り、シリコンや香料などを配合していないお肌に優しいものをお選ぶことは基本中の基本です。


【正しい洗髪を!】

正しい洗髪をするのは、年中通してのことなのですが、風の強い日が多いこの時期は特に注意が必要です。風が舞いあげた塵やホコリ、そして花粉が髪にたくさん付着しています。これは、手で払ったくらいでは落とせないです。汚れを付着したままの状態というのは育毛に良くないことは言うまでもありませんよね。

まずは、シャワーのお湯だけでしっかりと汚れ(花粉や塵、ホコリ)を落とします。予洗いという手順なのですが、非常に重要です。この後のシャンプーの効果も良くするのもこの手順があってこそなのです。

シャンプーを手の平で泡だてやさしく頭皮を軽く揉むように洗髪します。特に注意したいのは決して、爪を立てないようにすることです。男性は力任せに荒々しく頭を洗うという場合も多いようですが、それは避けたいです。

乾燥でバリア機能が弱っている頭皮に傷をつけないようにやさしく洗う意識が重要です。そして最後に十分なすすぎを行います。お風呂上りはしっかりとドライヤーを使って頭皮をしっかりと乾かすこともポイントです。

髪や頭皮が濡れた状態がつづくと、雑菌などが繁殖したり頭皮にダメージを受けやすくなりますから。

以上の三点を注意して(どれも基本的なことばかりですが)春から初夏にかけての頭皮環境正常化に弾みをつけたいですね。

※本文は株式会社ゼロプラス ウーマ通販様のメルマガを参考にさせて頂いております。


そろそろシャンプーを変えて抜け毛対策!?

ウーマシャンプーは一度目の洗髪で「なかなか良い感じ」と直感的に感じる方も多いです。 実際に「お客様の声」にも多数の同様な意見が寄せられています。


ウーマシャンプーイメージ2 ウーマシャンプーの購入を考えている方の為に
多くの人が育毛シャンプー選びで迷う点
頭皮環境を正常化するメカニズムを解説
気軽に育毛対策の第一歩が行えるワケ
育毛対策シャンプーとして人気の理由

【公式サイトはコチラから】 >>馬油から生まれたウーマシャンプー



▼育毛シャンプーに関連するトピックス

馬油ウーマシャンプーの解説【TOPページ】




ウーマシャンプーを使った体験談など
40代男性冬の頭のかゆみ対策にもこれ


スポンサードリンク