top画像左
top右

夏が過ぎた時期の頭皮はデリケート?

季節的な抜け毛に関する情報と上手にケアを実践する為のヒントなどを紹介しています。季節的な抜け毛で心配している人が今後も事も含めて頭皮のケアなどを考えるヒントとは?

ウーマシャンプーイメージ ウーマシャンプーの購入を考えている方の為に
多くの人が育毛シャンプー選びで迷う点
頭皮環境を正常化するメカニズムを解説
気軽に育毛対策の第一歩が行えるワケ
育毛対策シャンプーとして人気の理由

正しく理解すれば・・・秋の抜け毛は怖くない!?

「秋は、抜け毛の多い季節」です。というか多くの人が実感されている、あるいは実感された事があるでしょう。まぁ、すべての人が髪の毛ばかりを気にして生活しているわけではないですからアレですけれど。

季節ごとにある程度の抜け毛の傾向が存在する事は「 髪の毛が抜けやすい季節 」でも解説させて頂いている通りです。(※新しいタブが開きます。)

事実、秋はいつもより多く髪の毛が抜けます。個人差がありますので一概には言えないですが、 秋は、普段の倍以上である200〜300本位の抜け毛がある事も珍しくないと言われています。

気にし過ぎはかえって変な意味でのストレスを生じさせてしまうもしれません。一般的な数値で示すと健康な頭皮の方でも、毎日50〜100本位の抜け毛があります。季節的に抜け毛が増加しても気にし過ぎる事は不要と言えそうです。

というか、「オレ将来ヤバいかも・・・」という家系の人は20代、30代という年齢に関わらず適切なケアを継続させておきたいです。

例えば、シャンプーを低刺激の育毛タイプに変更するとか、評判が良くコスパの高い育毛剤などの試しに使ってみるとかです。 長い目で見れば安価な市販のシャンプーよりも内容重視の商品は本当に使用後の満足度が違いますからね。


秋の抜け毛・多くの人が「気にする必要がない」と言える理由

もちろん季節的な要因で抜け毛が増加しているのではないと思える人はケアした方が良いですが・・・。 親兄弟、親戚などから判断してAGAによる脱毛ではないと思える場合の話です。

季節的な一時の抜け毛を気にする必要がない理由

理由1

人間も大きく見れば動物の仲間です。身近な動物で言えばネコやイヌなども夏毛から冬毛に生え替わるのが秋です。 人間にもそういった「毛」の生え替わり的な要素が起こりやすい時期であると言えない事も無いです。

こういった傾向は時期的なものですから、長期化する事が無ければ気にし過ぎず普段通りの生活を送りたいです。

人間の体に動物としての「毛の生え替わり現象の遺伝子」が残っており、それが影響しているかどうかは微妙ですが、春先や秋口などは抜け毛が増加する傾向にある事は確かです。

そもそも個人差がある事ですし生活環境や生活習慣、年齢・性別なども影響してくる事ですので一概には言えません。

こういった季節的な要素で髪の毛が抜ける事に関してはほとんどの人は気にする必要がないでしょう。「健康な髪の毛が育っている」状態であれば何も問題はありません。

もし「生え替わり遺伝子による抜け毛の現象」が一時的に起きたとしても抜けることが問題なのではなく、その後の育毛と頭皮ケアが大事であると考えたいです。

まぁ、年齢的にも「そろそろ薄毛になってもおかしくないかも・・・」という人であれば市販のシャンプーから低刺激でマイルドなちょっと高価な育毛シャンプーの使用を考えてもいいでしょう。

理由2

頭皮も体の一部分です。体がバテる時期には影響は少なからずあります。 頭皮も髪も夏の疲れやダメージが秋口に表面化する事もあります。 ただ、AGAなどによる脱毛やストレスが主原因でなければ、基本的に体の調子を整えれば問題ない事がほとんどです。

暑い季節は冷房と外気の差、冷たい食べ物や飲み物による暴飲暴食の影響、 食欲不振からくる栄養の偏り、疲れ、ストレス、紫外線ダメージなどが発生します。

若い世代のうちは気にならない事でも20代後半からうっすら自覚できるレベルになり、 30代中頃からははっきりと「自分自身の衰えを確信」してしまう事になるでしょう。 身体は、過酷な夏で疲れ気味になります。そしてその影響が「秋」に出やすいのです。

年齢的に自分自身の頭皮回復力が低下していると自覚する人は

特に30代後半以降の人達は意識したいです。見た目もギリギリ若く見られる人は最も注意が必要です。 なぜなら「見た目は若くても」体の代謝や機能は確実に20代と比べると低下しているからです。

頭皮が「夏にダメージを受けたり夏バテしている」と感じる場合には生活習慣や日常生活で気軽に実行可能な事から改善していきたいですね。簡単な夏場を過ぎた頭皮のダメージの改善方法は幾つか存在します。

低刺激でマイルドなシャンプーで正しい洗髪と頭皮の洗浄
頭皮と髪の栄養を考えたバランス良い食生活
十分な休息とリラックスできる時間の確保

当たり前の事ばかりですが、長期的に見れば食生活の中で意識して健康的な食材を継続的に摂取する事は効果があります。みかんを冬場に意識して食べる人は食べない人よりも風邪を引きにくいという事と同じです。

海藻類などを食べても「髪の毛が直接増える」事には繋がりませんが、間接的には体調を良好に保ったり、健康維持に役立ちます。健康な体があってこそ、丈夫に髪の毛が育つ頭皮が存在します。

頭皮が十分に活力が無いのに育毛シャンプーなどを使用しても満足できる結果が得られないことが多いです。夏場にダメージを受けた頭皮のケアは部分的な視野ではなく全体的に物事を見据える意識で改善したいですね。


抜け毛の増加と同時にコレが確認できたら要注意

確かに季節的に抜け毛が多くなる時期はありますが、頭皮のベタツキやかゆみ、フケが大量に発生するなどが確認できたら注意したいです。

「女性のお肌の曲がり角」があるように男性にも「頭皮の曲がり角」が存在するのです。 (男性ばかりではありませんが・・・。)本当に30代も半ばを過ぎれば頭皮関連だけでも色々な変化を自覚する時期が到来するのです。

女性がお肌を化粧水などでケアするように男性も頭皮をケアしたいです。 その第一歩として低刺激でマイルドな育毛シャンプーなどは手軽に実行できるケア方法のひとつです。


ウーマシャンプーイメージ2 ウーマシャンプーの購入を考えている方の為に
多くの人が育毛シャンプー選びで迷う点
頭皮環境を正常化するメカニズムを解説
気軽に育毛対策の第一歩が行えるワケ
育毛対策シャンプーとして人気の理由

【公式サイトはコチラから】 >>馬油から生まれたウーマシャンプー



▼育毛シャンプーに関連するトピックス

馬油ウーマシャンプーの解説【TOPページ】




ウーマシャンプーを使った体験談など
40代男性冬の頭のかゆみ対策にもこれ


スポンサードリンク