top画像左
top右

ウーマシャンプーの界面活性剤って何?

ウーマシャンプーはやさしいイメージを持った商品ですが実際に植物由来の界面活性剤が使用されています。植物由来の界面活性剤とそうでないものの違いを確認してウーマシャンプーの特徴を理解するにはこちらから。

ウーマシャンプーイメージ ウーマシャンプーの購入を考えている方の為に
多くの人が育毛シャンプー選びで迷う点
頭皮環境を正常化するメカニズムを解説
気軽に育毛対策の第一歩が行えるワケ
育毛対策シャンプーとして人気の理由

界面活性剤はシャンプーの要素を決める重要な要素のひとつ

ゼロプラスではその中でも、天然のヤシ油由来のものが使用されています。ウーマシャンプーに配合されている「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」は界面活性剤のひとつです。

※界面活性剤は水分と油分が分離しないよう混ぜ合わせるために配合するものです。

界面活性剤には「石油系」と「植物由来」のものがあります。

界面活性剤には合成と天然の2種類があり一般的なシャンプーは合成界面活性剤が配合されています。

天然の界面活性剤と言えば「石鹸シャンプー」です。石鹸シャンプーは髪がきしむ、石鹸カスが髪に残るなどの特徴があり使用感に難点を持つ人も多いです。

合成界面活性剤が不安という方は増えていますがウーマシャンプーに使用されているには「植物由来」のものです。天然ヤシ油由来の合成界面活性剤「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」が配合されているのです。

市販のシャンプーで多く使われているのがラウリル硫酸ナトリウムなどの石油系合成界面活性剤です。

石油系合成界面活性剤を使用しているシャンプーは泡立ちがとても良く洗い上がりもさっぱりと感じられますが、 洗浄力が強すぎる事が利点であり難点です。要するに頭皮や髪の毛に刺激を与えることが懸念されています。

また、強力すぎる洗浄力は必要とする皮脂までも洗い流してしまうため、フケ、かゆみや抜け毛の原因ともなります。

こういった事から、ウーマシャンプーは、「石油系」の界面活性剤ではなくて「植物系由来」の界面活性剤が選択されているのです。


ウーマシャンプーの界面活性剤のまとめ

界面活性剤には「天然」と「合成」の種類があります。「合成」の界面活性剤には次の二種類が存在します。

1.石油系
2.植物由来

石油系は洗浄力が強く、逆に刺激も多いためにやさしいシャンプーを求めるなら避けたい成分です。

ウーマシャンプーには植物由来(天然ヤシ油由来)の合成界面活性剤「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」が配合されています。

そこに馬油や他の育毛成分がバランスよく配合されて商品化されています。

また、香料、着色料は無添加です。


使えば違いがわかります

もはや肌に優しい商品として人気の商品となってしまっている「馬油ウーマシャンプー」ですが、 配合される成分にも相当な研究と労力を費やしていることが伺えます。

馬油が配合されているけれども脂っぽくなくもちろんその匂いもしません。 これはウーマシャンプーが発売された当初から言われてきたことです。

「馬油配合なのにニオイがしない。」

馬油のすばらしさは実際に使用している人ならば重宝していることでしょう。 薬ではないですが様々なことが期待できる成分が馬油です。

ウーマシャンプーの成分はひとつひとつ考えられて配合されたものばかりです。 だからお肌にやさしく絶妙な洗浄力と馬油の力で頭皮の環境を健やかに保ってくれるのです。

その中でも界面活性剤についてもバランスを取って配合されています。だから継続して使用すれば頭皮の状態もグングンと健やかになるのですね。


ウーマシャンプーイメージ2 ウーマシャンプーの購入を考えている方の為に
多くの人が育毛シャンプー選びで迷う点
頭皮環境を正常化するメカニズムを解説
気軽に育毛対策の第一歩が行えるワケ
育毛対策シャンプーとして人気の理由

【公式サイトはコチラから】 >>馬油から生まれたウーマシャンプー



▼育毛シャンプーに関連するトピックス

馬油ウーマシャンプーの解説【TOPページ】




ウーマシャンプーを使った体験談など
40代男性冬の頭のかゆみ対策にもこれ


スポンサードリンク