top画像左
top右

現状維持という視点での薄毛対策

薄毛ではないけれども抜け毛が増えるのは嫌なので現状維持を考える人のヒントです。抜け毛が多いわけではないが「薄毛ではない」現状維持を優先したい人への参考情報です。

ウーマシャンプーイメージ ウーマシャンプーの購入を考えている方の為に
多くの人が育毛シャンプー選びで迷う点
頭皮環境を正常化するメカニズムを解説
気軽に育毛対策の第一歩が行えるワケ
育毛対策シャンプーとして人気の理由

抜け毛防止対策の第一歩はやっぱりシャンプー!

突然ですがあなたは抜け毛が増える事に対して関心は高いでしょうか?

男性の人ならば多くの人が「Yes」と答えるでしょう。ハゲるかもしれない状況で無関心でいられる人は少ないです。 というのも髪の毛は第一印象を大きく左右しますし何よりもヘアスタイルはおしゃれの一部ですからね。

最近では信頼性の高い医薬部外品などの育毛剤も数多く発売されています。以前のような抽象的な「効きそう」というイメージだけで商品を販売するのではなく、しっかりとした育毛理論が背景に存在して満足できる結果を得られる可能性の高いものも多くなっています。

頭皮のケアを考える場合に一番微妙な立ち位置に存在する人が「現在薄毛ではないけど抜け毛の増加などは気になる」人です。つまり、現状維持の頭皮ケア、ヘアケア程度で当面は大丈夫という人です。

そういった「薄毛ではない状態であるが髪の毛の状態の現状維持には興味がある」という人の抜け毛予防対策はどういった選択肢がベストなのか少しだけ考えてみましょう。


育毛アイテムはお値段が高い

育毛剤、育毛シャンプー、サプリメントなど、数多くの商品が存在しますが、どれも高額です。 例えば、シャンプーひとつ例にとって見ても市販のシャンプーと比較すると頭皮や髪の毛に優しい商品は高いです。

しかもこういった育毛アイテムは消耗品です。つまり、一度購入したらずっと愛用できるというシロモノではありません。 育毛剤にしてもシャンプーにしても使えば消耗して減ってしまい最後には無くなります。

薄毛ではないレベルの人は現状維持で大丈夫とするならば、抜け毛増加予防としては取りあえず育毛シャンプーを使うことから考えてみることがベストです。

「高いけれど継続して使用するべき・・・?」

気持ちは理解できます。当サイト別ページ「 間違いだらけのシャンプー選び 」でも紹介させて頂いていますが、多くの男性はシャンプーに無頓着です。

実際に3,000〜4,000円もの高いお金を出してシャンプーを購入する事は抵抗を感じるでしょう。 しかし、使えばはっきりと違いが実感できる場合が多いのです。

(あくまで使用感や満足度は個人の感覚なので断言する事は控えさせて頂きます。)

ちょっと古いデーターなのでアレですが、多くの男性が340円〜475円をシャンプー購入時の価格帯の目安としています。 最適価格帯はこのくらいでも十分と考えている男性も多いのです。

薄毛ではない人が頭皮の状態も健康で抜け毛も気になるほど発生していないというのであれば現状維持という概念も不要です。市販のシャンプーを使用しても問題ないでしょう。

しかし、ストレスの影響で体調が悪化して髪の毛に元気がなくなってきたと感じる人や、30代後半も過ぎて頭皮のベタツキやカユミなどを感じるようになってきているのであれば是非とも育毛シャンプーを購入するくらいの出費は考えてみましょう。

今は薄毛ではないかもしれませんが、現状維持に努めなければ抜け毛が増加して将来に薄毛の状態になってしまう可能性だって十分あるのです。男性で髪の毛が薄くなっていくという事に100%無縁という人は少ないです。

実は多くの人が実践している抜け毛対策

実体験に基づく感覚的な話ですが、30代後半も過ぎれば「抜け毛予防対策何かやってる?」という軽い感覚の質問にも意外と多くの人が反応します。しかも、実はお家でちゃんと独自のヘアケアをしている人が意外と多いのです。

日本ではたくさんの人が頭皮や髪の毛に関連する悩みを抱えていますからね。人事ではありません。女性だって薄毛を気にする時代になってきているのです。

一説によると、日本で発毛、抜け毛、薄毛に悩む人は1000万人から2000万人とも言われています。この数字だけを言われてもピンと来ない方が多いと思いますので少しだけ補足させて頂きます。 平成23年10月1日現在の政府統計局の統計データーでは15歳〜64歳の人口がおよそ8134万人であると報告されています。

半分が男性であると仮定するならば、 24.5〜49.1%の割合の方が頭皮や髪の毛に関連して何らかの悩みを持っている可能性があるとも考えられます。少し大雑把な計算ですが、 15歳〜64歳の男性の約4人に1人は少なくとも頭皮や髪の毛に何らかの不安を持っている事になります。

できれば「髪の毛がスカスカ」という状態でヘアースタイル以前に量が問題だよね。なんて言う状態になるよりも、いつまでも年相応で自分にふさわしい髪型で自分の良さを引きたてたいですよね。薄毛ではない人もせめて現状維持を心がけて抜け毛予防対策を考えてみてもいいでしょう。

特に30代の男性ならば尚更です。本当に10代、20代に出来ていたヘアスタイルが維持できなくなるのです。髪の毛のボリュームがなくなったり、ハリやコシがなくなりますし、密度も微妙に低下するのですから。

30代も後半以上になるとどうしも身体的な機能や体全体の代謝が衰えてきます。まだ10代や20代の人であればこの意味を理解するにはもう少し時間が必要です。今、色々な育毛アイテムが至る所で製造されて販売されていますよね。

薄毛ではないという人でも「頭皮や髪の毛」のことを考えたケアを意識するなら育毛シャンプーはベターな選択肢です。いきなり育毛剤なんて不要ですし、現状維持程度ならシャンプーで十分な場合が多いです。

「シャンプーを変えたくらいで髪の毛は増えない!」

という意見はある意味本当です。シャンプーが出来る範囲というのは含まれる成分で頭皮を刺激したり、強力な洗浄力で抜け毛を増やしてしまわないケアという考え方が基本です。ただ、まるっきり育毛には関係ないということも言い切れません。

「まぁ、現状維持程度で十分だけど将来が不安なので最低限の抜け毛予防対策を考えておきたいよね。」

という人は一度育毛シャンプーを検討してみる価値はあります。今は薄毛ではないからと余裕があっても、髪の毛の脱毛が激しくなったりしたら、心のゆとりなんて一撃で吹き飛んじゃいますから。


そろそろシャンプーを変えて抜け毛対策!?

ウーマシャンプーは一度目の洗髪で「なかなか良い感じ」と直感的に感じる方も多いです。 実際に「お客様の声」にも多数の同様な意見が寄せられています。


ウーマシャンプーイメージ2 ウーマシャンプーの購入を考えている方の為に
多くの人が育毛シャンプー選びで迷う点
頭皮環境を正常化するメカニズムを解説
気軽に育毛対策の第一歩が行えるワケ
育毛対策シャンプーとして人気の理由

【公式サイトはコチラから】 >>馬油から生まれたウーマシャンプー



▼育毛シャンプーに関連するトピックス

馬油ウーマシャンプーの解説【TOPページ】




ウーマシャンプーを使った体験談など
40代男性冬の頭のかゆみ対策にもこれ


スポンサードリンク