top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

髪質の変化はハゲる前兆?

30代の抜け毛と髪の毛の髪質の変化の関係を解説しています。30代の抜け毛は髪の毛の髪質の変化を伴う事が多いのです。そのわけとは?

抜け毛増加と髪質変化の関係とは

髪質変化のメカニズム 髪質の変化は頭皮の状態の悪化の可能性が高いです。 特に抜け毛の中に短く弱々しい髪の毛が増加している場合は注意が必要です。

30代の方で急に抜け毛が気になりだした人は、 自分自身の頭皮と髪の毛の状態をセルフチェックしてみることをオススメします。

一般的には剛毛の人が細く弱々しい髪質に変化した場合は要注意と言われている事が多いようです。

しかし、これは間違いとはいえませんが少し違います。 なぜならば、実は剛毛の人は髪質の変化に気付き易いだけなのです。

もともと髪質が細くしなやかな人は髪質が余程弱々しくならない限り気付きにくいのです。 どちらにしてもシャンプーなどの外的要因を変化させてもいないのに髪質が変わる事は、 抜け毛増加の危険信号の可能性が高いと言えます。

スポンサードリンク


髪質が変化する可能性と仕組みとは

髪質が変化する事と抜け毛や薄毛の関係は何となく理解していただけたと思いますが、 髪の毛と頭皮の仕組みについて少し見ていきましょう。

髪の毛が栄養素を取り込む仕組み

髪の毛と頭皮の仕組み 右のイラストご覧頂きますと、 髪の毛の根っこの部分に毛乳頭という部分があるのが確認できるかと思います。

この毛乳頭は髪の毛を生成の為に必要な栄養素を取り込んだり、 髪の毛を生成する為の信号を送る役割を果たしています。

毛乳頭は、周囲の毛細血管を通じて栄養素を受け取っています。 だから血行が不良になると健康な髪の毛の育成に大きな障害となります。

同じく頭皮を不潔にすると様々な物質が毛穴につまり、 髪の毛が生成される事を阻害してしまう可能性が高くなります。 もちろん髪質が弱々しく変化する原因にもなります。

30代で髪質が変化する場合は髪の毛が弱々しくなる場合がほとんどです。 抜け毛の中に毛根が尖っている髪の毛や、 短く弱々しい髪の毛が多く混ざっている場合は注意が必要です。


30代の方の髪質の変化とその要因

では髪質が弱く変化してしまう要因とはどのようなものがあるのでしょうか? まずは御自身の頭皮の状況と、髪質の変化の要因を探ってみて下さい。

頭皮の不潔 頭皮の油は適度必要です。強力な洗浄力のシャンプーで毎日洗う事は考え物ですが、不潔にする事は尚悪いです。頭皮の汚れは炎症や、フケの発生につながります。フケが多く発生すると、それを栄養源とする細菌(フケ菌)が繁殖します。その細菌が原因となって、さらに炎症が起きる悪循環になります。その結果、髪質が弱々しく変化する原因となる可能性が高いです。
髪への栄養不足 髪の毛は血液から栄養素をもらって育成します。食事のバランスが崩れると身体は重要な器官から優先的に栄養を送るようになります。その結果、頭皮などに栄養が行き届かず髪の毛の育成が阻害される可能性が高くなります。
頭皮の血行不良 頭皮の毛細血管に血液が循環しなくなる事でも健康な髪の毛の育成の障害となります。頭皮を触ってみて「 硬い 」、「 頭皮が赤い 」などの症状がその典型的例です。
※詳しくは頭皮が赤いのは危険信号?を参照してして下さい。
髪へのダメージ 合成シャンプーなどで頭皮や髪の毛そのものが痛んでしまう方もいます。合成シャンプーの化学物質は基本的には身体に良くありません。髪の毛を構成しているコルテックス内のタンパク質にダメージを受けている場合、髪質が極端なクセ毛に変わる事があります。また、頭皮へのダメージが大きい場合は毛穴が引っ張られ変形して髪の毛がねじれて生えてくる現象がおきる事もあります。
AGA
(男性型脱毛症)
男性ホルモンに起因する脱毛症状です。5αリダクターゼとテストステロンという物質が結びつき、ジヒドロテストロン(DHT)が発生して脱毛が起こります。「髪の毛が細くなってきている。」・「短い毛の抜け毛が多い。」・「髪の生え際が後退している。」 おでこから頭頂部までの範囲で徐々に髪の毛の元気がなくなる事が特徴です。

日本人の多くは直毛です。 くせ毛は先天的なもので、頭皮の中で毛根が曲がってそのまま髪の毛が曲がって生えてきたり、 毛穴が円形ではなく楕円形に歪んでいたりするためにねじれて生えてくる事でくせ毛になります。

髪の毛の太さも、毛穴の大きさや毛そのものの大きさである程度決まっています。 蛇足になりますが、 思春期にホルモンの関係で頭皮の毛穴の状態や髪の毛そのものの状態が変化することもあります。

しかし30代で髪質が明らかに変化する場合は、 頭皮や髪の毛のコンディションが悪化している可能性が高いです。

どの髪質がやばいの?

日本人の大半の方はストレートヘアです。 髪の形状は、直毛(ストレートヘア)、波状毛(ウェーブーヘア)、縮毛(カーリーヘア)の3種類に分類されますが、 どの髪質がはげ易いか?とは一概には言えません。

髪質とはげる可能性については当サイト別コンテンツ 「 はげる髪質とは? 」 でもう少し詳しく解説させて頂いています。

まずは具体的な行動が一番重要

髪質を心配するよりも、自分自身の薄毛の要因を可能な限り把握する事の方が重要です。 「特に髪質が変化した」という方は薄毛の症状や抜け毛の増加が始まるサインであると判断する事も可能です。

「気のせい違いない」と現実を直視しない態度を取ると大切な初期の育毛対策のチャンスを失う事にもなりかねません。 そういった意味でも髪質の変化の要因を出来る限り把握したいです。

もしも自分の髪質の変化がAGA(男性型脱毛症)に起因するものであると考えられるならば、 当サイト「クリニックを利用して悩み解消」でも紹介させて頂いている様な医療機関での診断をお勧めします。 ( ※AGAクリニックを利用して悩み解消

「薄毛で病院というのもなぁ・・・。それに時間が・・・。」

という方は自分でAGA(男性型脱毛症)であるか診断できるキットも販売されていますので有効に活用したいです。 ※「 薄毛(AGA)と治療薬 」のページにて解説させて頂いております。

AGA(男性型脱毛症)?自分で育毛対策は可能?

自分自身がAGA(男性型脱毛症)と判断される場合でも市販の育毛剤で育毛対策を実施する事は可能です。 すべての育毛剤がAGA(男性型脱毛症)に有効であるというわけではありませんので、慎重に商品を選びたいです。

お勧めは、 ミノキシジルという(発毛の治療薬: 血管拡張・血行促進の効能がある治療薬)お薬と同様の働きが期待できる成分が配合された育毛剤【濃密育毛剤BUBKA】という商品です。

この育毛剤(詳しくは「 濃密育毛剤「ブブカ」の解説 」のページにて)、 ミノキシジルと同様の発毛作用のある成分が配合されていますが副作用の心配も無く、 AGA(男性型脱毛症)の原因を約70%以上もブロックしてくれる育毛剤です。

正確には、5αリダクターゼという脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されることを77%もブロックしてくれます。

この頼れる成分である「M-034エキス」の育毛パワーは、厚生労働省認可です。 効果が出る、出せる育毛剤【濃密育毛剤BUBKA】として多くの人から爆発的な支持を集めています。

もちろん、適切な育毛シャンプーを使用して頭皮のケアを併用する事は必須です。 髪質の変化、特にそれ程年でもないのに「髪の毛が細くなった」、 「抜け毛に短い毛が多い」という方はAGA(男性型脱毛症)を疑ってみて、適切な処置を早急に行いたいですね。

健康な髪の毛の育成の為に

剛毛でフサフサな人が細く弱々しい髪質に変化する事は頭皮の状態が悪化している危険性はあります。

本来、毛根からは一本だけ毛が生えているわけではありません。 一般的には一つの毛根から3本ほど毛が生えています。 それが、頭皮の状態の悪化に伴って毛根元気が無くなってくると毛根から生えてくる髪の毛の本数が減少します。

さらに頭皮の状態が悪化して毛根の状態が悪化すると弱々しく細い毛を生える力しか残らなくなってきます。 元から髪の毛が細い人は気付きにくいかもしれませんが、剛毛だった人の毛が細くなってきたら気付く可能性は高いです。

だからウェブ上の質問サイトで剛毛の人が髪質の変化について色々な質問をしていたりするのです。 そしてやはり髪質が細くなる事は頭皮の状態が悪くなっている可能性が高いといえます。

ただ、焦りは禁物です。 色々な要因で長い年月をかけて状態が悪くなったものは改善するのも時間が必要である、という事を認識しておく必要があります。

スポンサードリンク