top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

30代の育毛剤選びの注意点

自分自身に最適な育毛剤を選ぶ為には有効成分とその働きを知る必要があります。失敗しない育毛剤選びには成分と働きを知る事を避けるわけにはいかないのでしょうか?

どの育毛剤でも効果は同じ?

自分に合った育毛剤を

自分に合った育毛剤選び為に、まずは一般的によく配合されている有効成分とその効果を知る事が第一歩です。

頭皮の赤さ原因と対策のフローチャート 育毛剤選びで重要な点は何でしょう?

結論から言うと、 『 自分自身にとって効果があるかどうか 』 と言う事が一番重要です。

特に30代になって育毛剤を購入しようと考えている人は、 それまで薄毛や抜け毛などの悩みとは無縁の人がほとんどでしょう。 つまり育毛剤に関する注意点以前に育毛対策に関してしては知識が浅い場合が多いです。

30代ともなると10代や20代の人よりも経済的に余裕がある場合が多いです。 その分「 とりあえず値段も高いし効果があるだろう 」 と何となく高額な育毛剤などを購入してしまう事もありがちなのです。

「 そんなヤツいねーよ 」

という声が聞こえてきそうですが、 抜け毛や薄毛の進行してゆく時の不安感は正常な判断をも鈍らせる事もよくあるのです。

基本的に育毛剤はどれを選んでも同じわけではありません。 これは育毛関連の情報をすでに収集しておられる方ならば常識です。 たくさん種類があり、しかも価格も千差万別です。

その様な背景があるからこそ育毛剤選びは本当に迷います。 男性の場合の育毛対策には何種類かの脱毛要因に応じて最適な方法を選択する事が大切です。

スポンサードリンク


【基本1】 注意したい育毛対策の方向性

まずはしっかりと自分自身の育毛対策の方向性を確認してみましょう。 その上で育毛剤選びの注意点を考えてみてください。 多くの人に人気の育毛剤が「あなたにとって最適な育毛剤」であるとは限らないからです。

育毛対策の基本は「外的な抜け毛の要因の除去」「頭皮の状態を健康にすること」です。 AGA(男性型脱毛症)に起因しない方の場合には、こういった基本的な対策で十分育毛効果が期待できます。

抜け毛を増加させている外的要因を取り除くこと
適切な頭皮ケアで健康な髪の毛が育成される状態を整えること

女性の場合にはこういった「外的要因の除去」と「適切な頭皮ケア」を実施する事で高い割合の薄毛が期待できます。 ※「 女性の薄毛を解消する方法 」を参照して下さい。

抜け毛を増加させている外的要因の大きな割合を占めるのはストレスです。 精神的なダメージや思いつめるほどの悩みなどは身体的な機能面でも悪い方向に影響します。

外的要因で次に多いのが「栄養面」での不足などです。 バランスの取れた食生活を送れていれば問題ないのですが、コンビニ弁当や外食ばかりでは髪の毛の必要な栄養素は確実に不足します。

というより、偏った食生活では健康的な身体を維持する為の栄養素も不足する可能性が高いでしょう。 髪の毛の元となるアミノ酸組成は年齢や性別、髪の毛のダメージ(洗髪やパーマや脱色、カラーリングなど)などで異なってくるのです。

それ以外にも、髪の毛のアミノ酸組成は食生活に内容によっても変化してくるのです。 つまり、健康な髪の毛が作られるための栄養素が不足すると、当然生まれてくる髪の毛も元気に育成されなくなるのです。

「毎日髪の毛の事を気にして食べものを考えるの?・・・そんなの面倒じゃん!」

そうです。本来、バランスのとれた食生活を送ろうと考えれば手間と時間が必要です。 健康に気を使う人はそういった面倒な事を日々習慣にしているのです。

「そんなの無理!無理!」 とおっしゃられる人の多くは育毛サプリメントと呼ばれる育毛対策の補助的な健康食品を摂取したしています。 育毛サプリメントは手軽に育毛対策として有効な成分を取り入れる事が可能です。

しかし、サプリメントだけで身体のすべての栄養素を満たすことや生活環境からくる弊害を取り除く事はできません。

これは 「 育毛サプリメントの注意点 」で解説させて頂いている通りです。 育毛サプリメントは万能ではないです。この点は注意したいですね。

さらに、基本的には育毛シャンプーや育毛剤などとセットでトータルの育毛対策を考える方法が最適です。 女性の方などはトータル的な育毛対策でしっかりと頭皮ケアを実践すれば、かなりの割合で薄毛が改善されると言われています。

高額薄毛治療イメージ 薄毛に悩む女性の為に
女性が薄毛になるのは何故?
女性の薄毛を解消する方法
適切な育毛シャンプーを活用
女性にお勧めの育毛剤とは?

【基本2】 育毛剤を選ぶ前に考えておきたい事

「外的な脱毛要因の除去」「頭皮の状態を良好にする」という事だけでは薄毛が改善しない場合もあります。 男性の場合にはそれだけでは育毛対策として力不足な場合もあるのです。 この点が育毛剤選びで注意する点の一つです。

それが、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状です。

あなたの抜け毛が進行している要因が、 AGA(男性型脱毛症)に起因する薄毛かそうでないか、という点が非常に重要なのです。

基本的な育毛対策のステップである「外的な脱毛要因の除去」と「頭皮の状態を良好にする」という手順を実行しているにも関らず、 抜け毛が減らず薄毛が進行してしまう場合はAGA(男性型脱毛症)の可能性も考えられます。

「AGA(男性型脱毛症)って何?どうなるの?」

と思われた方は当サイトの解説ページ「 男性型脱毛症の対策 」を参照して頂ければある程度、今後の育毛対策をイメージできると思います。

特に30代の方の育毛剤選びではこの点をしながら最適な商品を選択する必要があります。 育毛剤選びで間違った方向性の商品を選択してしまうと期待する育毛効果が得られないばかりか、 貴重な時間やお金を浪費してしまうことにもなりかねないからです。

育毛剤の基本的な役割は大きく分けて二通りの方向性に分かれます。

「血流を改善して髪の毛の根元まで栄養素を行き渡らせること」
「毛根に育毛を促進する栄養素を与えて毛母細胞を活性化させる」

AGA(男性型脱毛症)の場合には、 この二つの基本的な作用にプラスして男性ホルモンの影響による脱毛要因の生成自体をブロックすることが理想です。

そういった面でAGA(男性型脱毛症)の治療薬であるフィナステリドとミノキシジルを併用する事は理想の薄毛対策と言えるでしょう。

※フィナステリドは男性型脱毛症の原因物質である「 5αリダクターゼ酵素 」 の発生を抑える働きがあり、 ミノキシジルは血管拡張作用があります。

ただ、あくまでここで選択するのは「自分でできる育毛対策の育毛剤選び」という考え方ですので、 AGA(男性型脱毛症)の可能性が考えられる場合の育毛剤選びの注意点を考えてみましょう。

AGA(男性型脱毛症)対策を考慮した育毛剤選びの注意点

まず、基本的には冒頭で解説させて頂いた「頭皮の状態を良好に保つ」方向性の商品を選択する事です。 この場合の方向性は安全性が高く低刺激で頭皮にやさしい商品かどうか?という点を重視したいです。

せっかく高い効果が期待できる育毛成分をが配合されていても、 一方で頭皮に余分な刺激やダメージを与えてしまう可能性のある成分が配合されているとしたら残念です。 また、単なる「爽快感」や「効いている感じ」というイメージだけの商品などもNGです。

育毛剤に求めるものは失いかけている髪の毛を復活させる事です。

次に、毛根に活力を与えることで毛乳頭を活性化させ、 健康で丈夫な髪の毛を育成させる作用が期待できる育毛剤を使用する事を検討したいです。

一方で、AGA(男性型脱毛症)の原因物質を発生する事を防ぎ、 脱毛を促進させない働きが期待できる成分が配合されている育毛剤も理想です。

「どんな育毛剤が自分には最適なのだろうか?」

「答えは誰にも分かりません」というのが正解です。 なぜならば、薄毛の要因は千差万別で脱毛が促進している段階や頭皮の状況なども人によって違うからです。

かといって手当たり次第、人気とされる育毛剤を使用していくやり方も効率的とは言えません。 まずは安全面と確かなクチコミや評価が多い育毛剤を紹介させて頂きます。

人気とされる育毛剤を紹介しているコンテンツ

発毛育毛ミストM-1の解説  ※女性にもオススメ!
濃密育毛剤「ブブカ」の解説  ※AGA対策なら人気No.1!
マイナチュレシリーズの解説  ※女性向け育毛対策アイテム

育毛剤を購入する方は、育毛剤を欲しいのではないのです。 育毛剤を使用する事によって髪の毛が元通りに生えてくる状態を取り戻したいから商品を購入するのです。

あるいは、抜け毛が目に見えて増加し、 鏡の前の自分の頭の地肌が透けて見える不安と焦りを取り去りたいから育毛剤を購入するのです。

育毛剤ランキングの危険な落とし穴

次に、育毛剤のランキングサイトから情報を収集する際の注意点や上手に活用するヒントを記載させて頂きます。

育毛剤は髪の毛の抜け毛や薄毛の悩みを持つ人に需要があります。 育毛剤に関しての情報を知るには、 専門的な情報サイトや育毛剤のランキングサイトなどを参考にする方法が一般的です。

しかし、 あまり育毛に関しての知識がない人が育毛剤のランキングを見てもあまり参考にならないでしょう。 きちんと第三者の口コミや、 色々なメーカーの商品を比較検討している様なサイトは意外と少ないものだからです。

基本的に信憑性のあるランキングサイトは、 各育毛剤に対しての辛口な意見や実際の使用感などを詳細に記載している場合がほとんどです。

色々と商品を見てまわる前に、 育毛剤に使用されている一般的な成分の名前と働きを表にしてみました参考にしてみて下さい。


効果的な育毛剤選び為の初歩知識 ━ 成分名とその働き

ピロクトンオラミン フケやかゆみを防ぐ医薬部外品の有効成分の一つです。化粧品に配合される防腐剤としても有名です。
各種ペプチド たんぱく質は、アミノ酸が数千、数万という結合でできています。つまり髪の毛の大部分はタンパク質という事になり、その主成分はアミノ酸という事になります。さらにそのアミノ酸を極限に吸収しやすくしたのがペプチドです。その吸収のよさから髪の毛の毛乳頭に直接作用しやすいと言われています。
カプサイシン トウガラシなどに含まれる成分の一つです。某育毛サプリメントでも有名になった成分です。様々な生理作用があり、全身の知覚神経を刺激する働きがあります。その一つに毛母細胞を増やす働きがあります。
グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症作用、肌荒れやニキビを予防する働きのある成分です。シャンプーや石鹸などにも多く使用されています。
ニコチン酸アミド ビタミンB群のひとつです。ニコチン酸やビタミンB3とも言われ総称してナイアシンと表記される事も多いです。頭皮や皮膚を健康に保つ事と血液の循環をよくする働きが期待できる成分です。
ミノキシジル 血管を拡張して血行を良くする働きがあります。似たような成分として塩化カルプロニウムというものも存在します。
センブリエキス 血行促進、炎症防止、毛根の細胞を活性化するなどの生理作用が期待できます。安価で安全性も高いので多くの商品に使用される成分の一つです。

※上記に挙げた成分は一般的な一例です。


参考までに

下記に現段階での一般的な育毛剤の成分の働きを記載しています。

血行促進

頭皮のマッサージなどで毛細血管の血流の流れを良くする事と同じ原理です。 髪の毛の栄養素は血液から送られてきているのです。


男性ホルモンの活動抑制

5αリダクターゼがテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結び付く事で、 脱毛や薄毛の大きな原因物質が発生します。 この物質に変化する事を出来る限り予防する為の成分です。


皮脂の抑制・除去

合成シャンプーなどで皮脂が過剰に分泌される事でおきる脱毛や薄毛を改善する成分です。 頭皮が脂っぽい人はこういった成分が含まれている商品を選ぶと良いでしょう。


毛母細胞・毛根細胞などの活性化

髪の毛の根っこの部分で細胞分裂が起きることで髪の毛は伸びていきます。 このメカニズムを正常な状態に戻す事が期待できる成分です。 ストレスなどによって影響を受けている人の頭皮を正常化する事も期待できます。


殺菌・抗炎症、保湿

乾燥や皮脂の取り過ぎによるフケや細菌の大量発生などの影響が、 抜け毛の要因になっている人はこういった働きのある成分の育毛剤を使用すると良いでしょう。


※上記はあくまで一般的な記述内容です。 ご自身で判断できない場合は薬局や薬剤師さんなどにアドバイスを受ける事をオススメします。

30代・自分に最適な育毛剤を選ぶ為のヒント

育毛剤は安価ではありません。 しかし、医療機関(クリニック)などでの薄毛治療と比較するとはるかに費用面での負担が少ないことは確かです。

自分で育毛剤を購入して、育毛対策を実践するメリットは色々とありますが、 多くの方が考える事は大体同じはずです。

「自分で選び購入できる」
「自宅で好きな時間に育毛対策を実践できる」
「誰にも会わずに(知られずに)育毛対策が可能」
「トータルの費用が抑えられる可能性がある」

最初から薄毛の治療専門のクリニック(医療機関)などを利用する事がベストな場合もありますが、 薄毛の要因や状況、頭皮の状態などは各個人によってかなり違うので正解という答えはありません。

人気の育毛剤とされている商品でも十分な薄毛対策を実感できる場合も多いです。 満足できる結果を得る為には、出来る限り自分の薄毛の原因を把握して適切な育毛剤を使用したいですね。

特にAGA(男性型脱毛症)が疑われる場合には効率良く育毛対策できる商品が理想です。 そういった意味では 「 濃密育毛剤「ブブカ」の解説 」で紹介させて頂いている 濃縮育毛剤ブブカ という育毛剤は理想です。

低刺激で余分なダメージを頭皮に与える無駄な成分が配合されていませんし、 AGA(男性型脱毛症)対策の為の成分が各種配合されているからです。

関連コンテンツ

男性ホルモンによる脱毛の原因も抑える育毛剤


30代の育毛剤選びで注意する為の考え方

特に育毛関連の知識が浅い人で、 抜け毛の進行や薄毛の状況が深刻な人が高価な育毛剤を購入してしまうケースが多いのです。 もちろん、 抜け毛の予防などが十分期待できる根拠があるならば別に高価でも良いという人もいます。

裏を返せば経済的に余裕のある世代で自分自身の第一印象を特に気にする世代、 つまり30代の方こそ育毛剤選びは注意したい所なのです。

コンプレックス産業と呼ばれる悩み解消関連の業界の是非を問う訳ではありませんが、 やはり誰しも何かしらの『 悩み 』を解決したいという気持ちは持っています。 それが秘めたる悩みか、そうでないかはわかりません。

ですが、冷静にそして正確に情報を判断・収集して効果的な育毛剤選びを行いたいものです。 その為にはどういった成分がどういう状況を改善する事に役立つかという点を確実に把握する事が重要です。

スポンサードリンク