top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

育毛シャンプーで薄毛予防

頭皮の状態を最適に保つものを使用することが育毛シャンプーの基本です。それぞれの方の頭皮に最適な育毛シャンプー選びの基本を解りやすく解説しています。

30代で育毛シャンプー選びに迷う人は自分自身の頭皮の状態を分析する事が第一歩です。

育毛シャンプーの効果的な利用方法とは

育毛シャンプーには髪の毛の育成を活性化させる役割などは期待できません。 しかし、頭皮の状態を健やかに保つ、頭皮に関する悩みを改善する事が期待できます。 それによって健康な髪の毛が生えてくる土壌を整える働きが望めます。

フケが多く頭が常にかゆい
頭皮がベタつく感覚がとれない
頭皮が赤く固い感じがする
何となく頭がにおう気がする
髪の毛の根元が「フニャ」っと元気がない

この様な頭皮のトラブルや悩みが「適正な育毛シャンプーを使用する」事で解消される可能性はあります。 それによって頭皮の状態が悪化する事に起因する薄毛や抜け毛が改善される事が期待できるのです。

育毛シャンプーと通常のシャンプーの違いは何?

ズバリ「頭皮にやさしい洗浄成分が使われているかどうか」という点が最大の違いであると思います。

「洗浄成分?どういう意味?」

適切な育毛対策を実践している人ならば常識ですが、 安価なシャンプーに使用されている洗浄成分は頭皮に優しくないことが多いです。 ・・・つまり、毎日髪を洗うたびに頭皮にダメージを与え続けている可能性があると言えるのです。

「そんなばかな!すぐに洗い流すシャンプーの影響なんて知れているはず・・・。」

確かにそう思われる方がいらっしゃっても不思議ではないです。 一般に売られている安価なシャンプーを愛用している人がたくさんいらっしゃいます。

そういった方々は、なんら問題なく安価な市販のシャンプーを使い続けています。 しかし一方で、頭皮が敏感な方やデリケートな方は市販のシャンプーでは刺激が強すぎる場合もあるのです。


育毛シャンプーを使用しても抜け毛が減らない場合

ネットなどで人気の育毛シャンプーを使用すれば頭皮の状態はかなり改善されることが多いです。 当サイトでもオススメさせて頂いている様な「本当の意味での育毛シャンプー」を使用すれば頭皮の状態が改善され、 髪の毛が元気になる事が実感できるでしょう。

それでも・・・。

「育毛シャンプーを使用しても薄毛の進行が止まらないと感じる場合はどうしたらよいのでしょうか?」

適切な育毛シャンプーを使用して頭皮の状態が改善されているにも関らず抜け毛の量が減らない場合には、 別の要因が脱毛の進行を引き起こしていると考えるべきです。 例えば、生活環境やストレス、脱毛症などです。

一般的に、成人の男性ではAGA(男性型脱毛症)の可能性が高いと考えられます。 AGA(男性型脱毛症)の抜け毛の症状は次のような感じです。

額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなってくる。
髪にうぶ毛のような細く短い毛が多くなった。
抜け毛の中に短い毛や毛根がつぶれた毛が多くある。

AGA(男性型脱毛症)の場合には育毛シャンプーで頭皮の状態を健康にするだけでは抜け毛が減ることを望めないです。

自分で育毛対策をするならば、育毛剤や育毛サプリメントなどで脱毛の要因である男性ホルモンの影響をブロックする必要があります。

スポンサードリンク


期待通りの結果にならないことも・・・

女性ならばAGA(男性型脱毛症)の影響は極端に少なく、 正しい頭皮ケアと適切な育毛対策で薄毛の症状は大幅に改善される可能性は高いですが・・・。

男性の脱毛の場合には女性と比較すると原因も複雑で対策も一筋縄にはいかないことがほとんどです。 ただ、「AGA(男性型脱毛症)の場合にはお医者さんに行くしかないの?」というとそうでもありません。

この場合には残念ならがどんなにすぐれた育毛シャンプーを使用しても脱毛の進行は防ぐことは難しいです。 しっかりと男性ホルモンの影響による脱毛の要因をブロックする必要があります。

その為には、育毛剤や育毛サプリメントなどの併用で脱毛要因の発生を押さえ、 髪の毛が正しく育成されるヘアサイクルを正常に復活させる努力を注ぐことが必要です。

繰り返しますが、育毛シャンプーには男性ホルモンの影響による脱毛要因の発生を防ぐ力はありません

しかも育毛シャンプーといっても治療薬でも医薬品でもありません。 抜け毛を防ぎ頭皮の状態を良好に保つ事は可能かもしれませんが、 必ずしも髪の毛が増えることを意味している訳ではないのです。

育毛シャンプーは通常の一般的なシャンプーと比較して高額です。 さらに商品の性質上、一度購入すれば何年も使える量ではありません。

ただ、抜け毛や薄毛の原因を解決できるシャンプー、 つまり自分自身の症状改善に適した育毛シャンプーを使用することが出来れれば、 良好な結果が得られる可能性は高いと言えます。

タイプ別の最適なシャンプーのチョイス

脂っぽい 頭皮の皮脂はある程度は必要ですが、多すぎても抜け毛の原因になります。適度に皮脂を残しながら洗浄力の強いシャンプーを選ぶ事がベストです。
フケが多い 皮脂の過剰分泌によって皮脂が過酸化脂質に変化し、頭皮へ刺激を与えることでフケの大量発生が起こることが多いです。
ビタミンB欠乏症やホルモンのバランスの異常、頭皮のトラブルなどでも大量に発生します。
見極めが難しいですが、適切なケアをしても改善が見られない場合は皮膚科などで検査してもらう事が一番です。
乾燥しがち 頭皮の乾燥は髪の毛が健康に育たなくなる元凶です。きちんと汚れを落として保湿成分がしっかり潤いを残してくれるシャンプーを選ぶことが重要です。
かゆい・赤い 石油系の界面活性剤などの成分が身体に合っていない可能性が大です。肌に優しい天然成分系のシャンプーを選ぶ事がベストです。ただ、どのようなシャンプーを使用するにしても洗髪後はしっかりとすすぐ事が重要です。

※上記に記載させていただいているのは一般的な例です。 適切なケアをしているにも関わらず、 症状の改善が見られない場合は専門の機関で診断してもらう事をオススメします。

シャンプーの基本的注意点

どのようなシャンプーを使用するにしても、 使用後のすすぎは念入りに行うことが一番重要です。 「 出来ている 」、「 やっている 」つもりでも出来ていない人が圧倒的に多いです。 解っているつもりでも、もう一度確認してみて下さい。


シャンプー後の正しいすすぎの手順

シャンプー後に頭皮や髪の毛についた成分をきちんと洗い流す事がすすぎの役割です。 お湯をかけておしまいでは必ず頭皮や髪の毛にシャンプーの成分が残ってしまうのです。

特に石油系の合成界面活性剤は頭皮に少しでも残るとフケやかゆみの原因になります。 しかもこれらの物質は石鹸などの界面活性剤に比べると洗い流してもなかなか落ちません。

しっかり地肌を洗い流す感覚でやさしく、でもきちんとと洗い流す事が基本です。

人気の育毛シャンプーを見てみる

人気の育毛シャンプーは多くの人に愛用されている、という事です。 それはたくさんの人が自分の頭皮の状態が期待する状態になるという希望が高い商品と言えます。 当サイトでも『 人気の育毛シャンプー 』の項目でもう少しだけ詳しく解説させていただいてます。

頭皮ケア・育毛目的ならアミノ酸系シャンプーがベター

育毛シャンプーを薄毛予防で使用する場合には頭皮に余計な刺激と負担を与えない商品を選ぶ事が鉄則です。 これは、企業がイメージで作り上げた「ヘアケア」や「頭皮ケア」という商品を使用するという意味ではありません。

洗浄成分など・・・、配合される全ての成分に関して頭皮や髪の毛の事を考えて作られた商品を見極めることが重要です。 その上で頭皮が清潔で健やかさを保てる方向へ作用する商品が理想です。

洗浄成分など・・・、配合される全ての成分に関して頭皮や髪の毛の事を考えて作られた商品を見極めることが重要です。 その上で頭皮が清潔で健やかさを保てる方向へ作用する商品が理想です。

基本的には薄毛予防目的でシャンプーを選ぶならば「高価なアミノ酸系の洗浄成分」が理想です。 アミノ酸系の洗浄成分の組み合わせのみで高い洗浄成分とやさしさを現できている商品も存在します。 ただし、そういったシャンプーは価格も高価になっていますが・・・。

石鹸シャンプーなどでも余計な成分を意識的に少なくしている商品があります。 しかし、基本的に石鹸の洗浄成分は「アルカリ性」ですので洗い上がりがあまりよくありません。 しかも、洗浄力的には結構強力な部類です。

まぁ、石鹸の洗浄成分は水で薄まると急激に洗浄力が弱まるという性質があり、 石油系の洗浄成分と比較するまでもなくやさしいといえますが・・・。

商品価格自体は頭皮に良い育毛シャンプーほど高価になる傾向があります。 当たり前の話ですが、本当に頭皮や髪の毛に良いとされるシャンプーを生産するとなると価格的には高価になります。

その分、安価な市販のシャンプーと比べ、使用されている成分が刺激の少ない優しい成分だったり、 頭皮などに余計なダメージを与えない成分が配合できるようになります。

しかも、本当の薄毛予防の為の育毛シャンプーは、 無駄な香り付けや余計な成分が排除される傾向が強くなっていますし、 化学成分(保存料や紫外線吸収剤や着色料など)も不必要なものは配合されなくなっています。

通常、育毛対策は長い期間を要します。 効果が現われるのは早くても3〜6ヶ月、長い場合は1〜2年ほど期間が必要です。

これは人間のヘアサイクル、つまり髪の毛の生成から寿命時までの期間に関わる話になります。 長い間、色々な育毛対策を講じて結果として期待通りにならない人もたくさんいます。 その点を忘れないように考える事も育毛対策実行時には必要です。

スポンサードリンク