top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

育毛サプリメントの注意点

抜け毛のメカニズムを解説しながらサプリメントの成分などを知ることは重要です。抜け毛のメカニズムを改善する事で育毛を促すサプリメントも存在します。その正体とは?

育毛手段の選択肢の一つがサプリメント

育毛をしている方の一番の目的は、健康な髪の毛を少しでも増加させる事です。 一度抜けた髪の毛が再び元気に生えてくるようにする事が最大の目的です。 当たり前の話ですが簡単に出来れば誰も悩みません。

コンプレックス産業と呼ばれる業者の手先ではありませんが、 育毛市場にはたくさんの育毛アイテムが存在します。 その一つが育毛サプリメントです。

育毛サプリメントの売れ筋商品を一通り見ておこうと言うならば、 『 育毛サプリメント 比較 』や『 人気 育毛サプリメント 』 などと検索ボックスに入力して探せばいくらでも見つかるはずです。

商品的な人気度合いなどはそういったサイトにお任せして、 当サイトでは育毛サプリメントを育毛の選択肢に考える場合の注意点を見ていきたいと思います。

サプリメントは万能ではありません

育毛サプリメントで育毛に有効な成分を取り入れることは効率的な方法の一つになり得ます。 しかし、サプリメントだけで身体のすべての栄養素を満たすことや生活環境からくる弊害を取り除く事はできません。

つまりサプリメントは医薬品などとは違い、根本的な症状の治癒などはできないのです。 あくまで補助的なものとして考える事が正しいのであって、 サプリメントだけで育毛対策が完全に行えると考える事は根本的な間違いになります。

よって育毛目的でサプリメントを摂取する場合においても、 あくまで「育毛対策の主体はシャンプーや育毛剤である」という点を念頭においておきたいです。

スポンサードリンク


育毛サプリメントの有効成分は?

健康な髪の育成にはビタミンやミネラルといった必須の栄養素が、 過不足なく身体に取り込まれることが必要です。

育毛サプリメントはこういった栄養素の摂取を補助する事で発毛環境を整え、 健康な髪を育成する環境を整える事が最大の目的です。

もちろん頭皮のみならず、体の全体が改善されて健康になり、 体が持つ本来の機能を正しく働かせるようになれば理想です。

ここでは正しい育毛サプリメント選びの為に、 一般的に多く配合されている有効成分を紹介したいと思います。

一般的な育毛サプリメントの有効成分

チョウジエキス 抗酸化、血行促進効果、抗炎症効果があり、ニキビ用化粧品やフケ防止や育毛関連の商品に使用される事の多い成分です。
ノコギリヤシ 多くの育毛剤やサプリメントで使われている成分です。男性ホルモンを変化させる酵素の発生を和らげるのに役立ちます。
亜鉛 たんぱく質が筋肉・骨・臓器・髪などを作る際にその働きを助ける栄養素です。1日の必要量はおよそ9mg〜12mgが目安とされています。過剰摂取により(一日の許容上限摂取量30mg)急性中毒を起こす可能性がありますので注意が必要です。
クルクミンエキス ウコンの根から抽出された成分の事で、抗炎症、抗酸化、脂肪分解の促進などの作用が研究により認められています。多くの育毛剤やサプリメントで使われている成分の一つです。
かぼちゃの種子
エキス
メキシコ北部から北米が原産のペポカボチャの種子は尿に関するトラブルを和らげるのに役立てられてきました。最近になって某メーカーが発売したサプリメントに配合されているという事で有名になりました。

※上記に挙げた成分は一般的な一例です。


抜け毛の原因といわれている物質とは?

そもそもサプリメントのように経口摂取(口から飲んだり食べたりする)事で身体の中で何が起こり、 どのようなプロセスを経て育毛を促進するのでしょうか?

そして、どのような物質が抜け毛を促進させているのでしょうか? 色々疑問は出てきますが一つずつ見ていきましょう。

抜け毛の原因といわれている5αリダクターゼ

まずは育毛サプリメントを色々選択する前に、 男性型脱毛症( AGA )と男性ホルモンの関係について簡単に見ていきましょう。

5αリダクターゼとは、 テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結び付く働きをする酵素です。 そしてこれら二つが結びついて出来た物質がジヒドロテストロン(DHT)と呼ばれ、抜け毛の大きな要因となります。

男性型脱毛症のメカニズム

簡単に言えば5αリダクターゼは、男性ホルモンを活性化させる酵素の一種の事です。 そして、男性ホルモンが余計に活性化される事で抜け毛の増加や薄毛が進行してしまうのです。

詳しくは当サイト別コンテンツ 「 男性ホルモンと抜け毛の関係 」 で解説させて頂いていますが、 ジヒドロテストロン(DHT)と呼ばれるこの物質が抜け毛の大きな要因の一つとなるのです。

そして育毛サプリメントと呼ばれるモノの多くは、 こうした抜け毛の原因といわれている5αリダクターゼを抑える事で抜け毛、 薄毛を予防しようと言うのが大雑把な概略です。

育毛サプリメントに多い有効成分は、 かぼちゃの種子エキスやノコギリヤシ、そして亜鉛、 クルクミンエキス、チョウジエキスなどがあります。 どの成分も、5αリダクターゼを抑えることができるということで、配合されているのです。

サプリメントと育毛

育毛サプリメントは育毛の視点から栄養素を補う、 5αリダクターゼなどの抜け毛・薄毛の要因を抑えるといった考え方から生まれた言葉です。

もちろん、 サプリメント自体は薬ではないので、 育毛薬や育毛剤を使っているような人の場合も併用することも可能です。 そしてそれぞれの効果を相乗的に発揮できる可能性もあります。

実際に育毛対策を実施する方や、 これから育毛について考える方などは、育毛サプリメントではなく育毛シャンプーや育毛剤などから始めています。

つまり、最初から育毛サプリメントを使用する方は少ないです。

効率的な育毛対策のイメージ

相乗効果でAGA(男性型脱毛症)の脱毛対策

自力の薄毛対策や抜け毛予防でも結果が出にくいのがAGA(男性型脱毛症)による脱毛です。 それでも上記の育毛対策メニューを組み合わせれば程度の差はありますが、ある程度の結果は期待できるでしょう。

最近では育毛シャンプーや育毛剤と同じシリーズで育毛サプリメントを取り揃えて販売しているオンラインショップも存在します。

当然それらの育毛アイテムを個別に買い揃えるよりもはるかに効率的で価格面でも有利になる場合が多いです。 ※当サイト「 濃密育毛剤「ブブカ」の解説 」などで紹介させて頂いている商品などが一例です。

また、女性の場合の薄毛予防や抜け毛対策などでも育毛シャンプーや育毛剤、 育毛サプリメントなどのシリーズを揃えて「トータル的な薄毛対策」をウリにしているケースもあります。 ※「 マイナチュレシリーズの解説 」を参照してください。


関連コンテンツ

チャップアップ育毛サプリメントの実力とは?
チャップアップサプリはセットで買った方がいい?
やっぱり育毛には育毛用のサプリメント
自分でAGA対策するってどう?
育毛剤とサプリメントの併用は効果的なの?
飲酒と薄毛の関係(個人的な意見)
鉄分不足と疲労の蓄積と抜け毛の関係

一般的に人気の育毛サプリメント

自力の育毛はなかなか短期間では変化は現れないことが多いです。 つまり、長期戦になる事が多く、育毛サプリメントも継続して使用する事が前提となります。

ここでは一般的にクチコミや評判が良く、リピート率が高い人気の育毛サプリメントを紹介させて頂きます。 最終的に相性的な部分やフィーリングなどの要素も大きいですが・・・多くの方も実際に色々と試しているのですよ。本当に・・・。


詳しくはコチラ▲
育毛・発毛サプリメント「ダブルインパクト」
ダブルインパクトはテレビ番組、健康雑誌からも注目、話題の岡嶋博士の「IGF-I育毛理論」の研究結果を基に商品開発された育毛外来の治療にも利用されている育毛・発毛サプリメントです。

ダブルインパクト

詳しくはコチラ▲
リピート率70%以上!
一度購入して満足できない人は再び購入しません!AGA(エージーエー)の原因はからだの中にあります。 その為、体の内側からの対策を行う事が理想です。手軽に育毛対策を行いたい全ての人の為に!

ヘアフォーミュラ
チャップアップサプリ
詳しくはコチラ▲
圧倒的な育毛成分が魅力!
頭皮・育毛ケア成分を18種類の配合しているサプリメントです。 チャップアップサプリメントが選ばれる理由は「ここに」あったのです・・・。

「チャップアップ育毛サプリ」

一般的なサプリメントの位置づけ

食事では補いきれない栄養素を補い、 健康な生活や健康な身体に役立てる補助的な役割がサプリメントの位置づけです。 しかし、一方ではサプリメントに大きな期待を寄せる事は難しい現状があります。

厚生労働省の定義での「いわゆる健康食品」と表現されている事から想像していただける通り、 サプリメントが病気の治癒や症状の回復などの機能を表示する事は出来ません。

しかも、その曖昧な言い回しが示すように法律の解釈も難しい一面もあり、 品質を厳しく審査する機関や明確な基準が存在しない事も事実です。

多くの人が意外と見過ごしているサプリメント自身の信頼性と安全性。 もう少し各種サプリメントに関しての安全性について情報を得るならば専門のサイトも存在します。

『 日本サプリメント評議会 』とヴェブ検索して頂ければ サプリメントの健康食品としての安全性について情報を得る事が出来るかと思います。

失敗しない育毛サプリメント利用のヒント

育毛サプリメントを摂取して薄毛対策を検討している方の多くは、すでに育毛シャンプーや育毛剤を使用している場合が多いです。

ただでさえ高価な育毛アイテムを使用している上に育毛サプリメントも併用するとなると金銭的な負担は相当なモノになるでしょう。

しかし、抜け毛の増加が止まらず薄毛が進行していく状態を黙って見過ごす事が出来ないのは当たり前の話です。 第一印象を大きく左右する重要な要素のひとつが髪の毛(髪型)だからです。

30代ともなれば仕事上のストレスや仕事量の増加など、 精神的な重圧や身体的な負担が大きくなる事が非常に多いです。

ただ、よーく考えてください。 育毛対策の基本は育毛シャンプーや育毛剤ですが、もっと根本的な改善を視野に入れて少しだけ行動してみて下さい。

「根本的な改善?」

抽象的な事を言われてもピンと来ない方も多いでしょう。 健康な髪の毛が育つには健康な頭皮環境が必要ですが、 健康な身体こそ全てのスタートなのです。

具体的に申し上げると健康な身体を維持する事こそ多くの問題を解消する原点なのです。 その為には日々の食生活が非常に重要になってきます。

インスタント食品やファーストフード、営業職の方は外食やコンビに弁当なども多いかもしれません。 しかし、一日一回だけでも、一品目から二品目の健康的な食品を摂取する事を心がけてください。

「そんなの無理!」

そうおっしゃる前に、簡単に食べられて安価な食材でも健康的で健やかな頭皮を維持したり、髪の毛の育成に役立つ食品もたくさん存在します。

例えば、「納豆」や「もずく酢」などが安価で手軽に購入できる代表例です。(個人的にも毎日食べています。) 実際に毎日摂取していると肌のツヤも良くなりましたし、(感覚的ですが)身体の調子が良い状態が維持できています。

そういった小さな努力の継続の上に「育毛サプリメント」の補助や育毛シャンプー、育毛剤の併用が薄毛対策には効いてくると個人的には思います。

男30代、もちろん女性も、そろそろ色々な意味でのピークを過ぎる年代です。 目先の育毛対策だけでなく根本的なカラダの健康について真剣に向き合うことも重要なことのひとつです。

スポンサードリンク