top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

間違いだらけのシャンプー選び

30代の方がシャンプー選びで間違いの商品を選ぶ理由と正しい選択肢に関する情報を記載しています。30代のシャンプー選びで間違いの商品を購入しない為に考える事とは?

気にする人はとことんこだわるのがシャンプーです。30代の男性が最適なシャンプーを選ぶためには?

自分の頭皮に合ったシャンプーを使用してる?

薄毛や抜け毛の悩みとは無縁な人と、 ハゲる可能性を心配している人とではシャンプーを選ぶ基準は違います。 さらに、髪の毛自体に良いシャンプーと頭皮に良いシャンプーでは目的と中身は全く別物です。

当たり前の話ですが、 はげとは無縁な人は少々の外的要因や生活習慣では抜け毛や薄毛の症状が現われないのです。

だからシャンプーやリンスなどを選ぶ際にもそれ程こだわりはないのです。 特に男性は髪の毛の長さ自体も短い人が多く、 その状態で髪に潤いが残ろうがパサつくようになろうが全く意に介さない場合も多いのです。

極論を言えば、どうせお湯で洗い流すのだから汚れが落ちればいい、 と言い切る人がいても全く不思議ではないのです。

ただ、頭皮が敏感な方や抜け毛が多くて気になる方、 髪の毛が薄くなってきている方などはシャンプー選びが間違っていると余計に状態が悪い方向へ加速する可能性が大きいです。

スポンサードリンク


間違った選択肢から正しいシャンプー選びは不可能

30代の方で薄毛や抜け毛が心配な方や、すでにそういった状態で悩んでいる方が、 「よぉし!では市販のシャンプーで頭皮ケアとアピールしている商品を買って育毛対策をしよう!」 と意気込んだ時点で間違っています。

なぜならばそこには正解(本当の意味で正しい育毛対策が出来るシャンプー)は存在しないからです。 間違った選択しかない中から何を選んでも正しいモノは選べないのです。

「えっっ、なぜ!?」

そう思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、 一般的に有名なシャンプーのほとんどが、本当に頭皮のケアを考えた成分だけを可能な限り配合して作られていないからです。

正しいシャンプー選びの基本的な考え

シャンプーに求める機能はシンプルに考えていいと思います。 基本的には次の条件を満たしている事が理想です。

きちんと汚れを落とす事
頭皮の適切な脂分を残す事
頭皮に余計な刺激(ダメージ)を与えない事
育毛成分が入っていればさらにグッド

30代の方がシャンプー選びで間違わない為にはこれらの目的を外さないことが第一のポイントです。 しかし、実はシンプルですがなかなかこれらの条件を満たしてくれるシャンプーは少ないのです。


頭皮を洗浄する成分に注意する

きちんと毛穴の汚れが落ちれいない状態で育毛剤をいくら使用しても効果は期待できないです。 ごもっともな話ですね。だからといって頭皮の脂分を根こそぎ取り去ってしまい刺激を与えすぎるのも考え物なのです。

一般に売られているシャンプーの中には洗浄成分が台所用の食器用洗剤と同じ成分であるものも少なくありません。 というか育毛などはほとんど期待できない商品ばかりです。

刺激物に敏感な方が使用して手肌が荒れたりする成分が含まれているようなシャンプーで洗って、 頭皮を健康な状態で保てるかどうか考えただけでも怖くなります。※参考ページ 頭皮が赤いのは危険信号?

逆にリンスやトリートメント成分の入ったシャンプーを使用する事も頭皮には良くありません。 「どうして!?」と思われるかもしれませんが、 リンスやトリートメント成分が含まれていては洗浄力は確実に落ちるのです。

どうしても髪の毛自体のパサつきや傷みが気になるようでしたら、 きちんとシャンプーで洗ってから刺激の少ない成分が配合されているリンスやトリートメントを使用するべきなのです。


刺激を避けるなら使用を控えたい安価なシャンプー

間違ったシャンプー選びで多い安価で手頃な石油系の合成界面活性剤は「防腐剤、発泡剤、香料、紫外線吸収剤、鉱物油、酸化防止剤、着色料」 など余計なものがたくさん混入されている可能性が高いです。

実はそういった化学的な成分は髪の毛はもちろん、頭皮にも刺激を与える可能性が非常に高いです。 「食器洗い洗剤で手肌が荒れて困る」という方が頭皮のケアを心配せずに同様の成分のシャンプーを使用する事自体ナンセンスです。


企業は利益を追求する為に原材料費は出来るだけ抑えたい?

シャンプーの原価を抑える、つまり可能な限り安い原材料で大量生産する方が利益(儲け)が多くなります。 安定的に確保しやすく安い原材料などは企業側からすれば最適な素材なのです。

一方で、髪の毛や頭皮に好ましくない成分を出来るだけ排除した無添加系の育毛シャンプーなどを作ろうとするとそれだけ材料費が高くなります。 しかも、全ての方がそういった「頭皮や髪の毛の事を第一に考えたシャンプー」を求めているわけではありません。

考えてみて下さい、あなたも頭皮や髪の毛に異常が発生しなければ安価で入手しやすい手頃なシャンプーを使用し続けるでしょう? 頭皮に優しい育毛シャンプーを高い値段でわざわざ購入しようと考えますか?

そういうことなのです。

育毛シャンプーを求めている人は頭皮の状態を健やかに保つことを願って高い価格で頭皮に優しい成分の配合されたシャンプーを購入するのです。 当然、頭皮や髪の毛に優しいことを優先すれば原材料費や手間やコストが高くなってくる事は当たり前の話です。

頭皮が脂っぽくなったりするのも
頭皮がかゆくなるのも
頭皮が赤くなったりするのも
頭にフケが大量に発生するのも

安価なシャンプーの刺激的な成分の可能性が高いです。 こういった刺激的な成分が原因がどうか調べるのは簡単です。 今使っているシャンプーを無添加系の育毛シャンプーに変更すれば良いわけです。

それで様子を見て、あなたの頭皮に発生しているトラブルが改善する事が確認されれば、 それはまさに安価なシャンプーの中に含まれている刺激的な成分が頭皮のトラブルの一因である可能性が高いという事になります。

関連コンテンツ


育毛目的で間違ったシャンプー選びをしない為に

毎日当たり前のように使用するシャンプーですが、 頭皮にダメージを与え健康な髪の毛の育成に大きな障害になっている間違ったシャンプーを使用している可能性があるとしたらどうしますか?

別に当サイトでは不安をあおり何かしらの商品を意図して購入してもらおうと言うわけではありませんが、 実際に調べると色々な声があります。

ウェブ上で「 シャンプー選びの基準 」、 などのアンケートを不特定多数の人から取ったりしているのをたまに見かけます。 当然性別や年齢や頭皮の状態などによって回答は全く異なってくるので、 厳密言えばあまり参考にならないかもしれませんが当サイトでも一応紹介しています。

シャンプーは価格だけで品質が全て決まるわけではないのですが、 男性が一般的にシャンプー選びに無頓着なことを示す統計があります。

シャンプーの購入価格帯調査 Yahoo!リサーチ調べ

シャンプーを半年に1回以上自分で選んで購入する人を対象に、 価格観の経年変化を確認する為に数回行われている調査結果です。

本来はシャンプーの購入価格帯を半年ごとの変化の推移をみる調査ですが、 今回は購入価格帯に注目してみます。

※ Yahoo!リサーチ調べ
首都圏一都三県
20〜69歳 男性 1000名
2009年11月実施

最適価格帯 多くの男性が340円〜475円をシャンプー購入時の価格帯の目安としています。
【最適価格帯】は前回調査(2009年5月)で360円〜465円と100円程の幅に集中していたようですが、今回の調査では340円〜475円と幅が135円に拡大しています。
最高価格帯 男性がシャンプー購入時にこれぐらいまでならお金を支払えるという価格が、505円〜750円です。
女性が普通に1000円〜2000円ぐらいのシャンプーを購入する事と比べるとやはり男性の方がシャンプーに求める部分は少なそうです。
最低価格帯 195円〜310円。200円を切る価格でも約4割が「安すぎてあやしい」と品質への不安を感じておらず、男性のヘアケアへのこだわりの低さは相変わらずのようです。

上記の表はYahoo!リサーチの結果を引用させていたのですが、 もちろん薄毛、抜け毛を気にしている男性のみを対象にしたアンケートではありません。

頭皮の脂分が抜け毛・薄毛の原因であると気にしている男性は、 それなりの機能的な育毛シャンプーを使用するでしょう。 もちろん頭皮のかゆみ、 乾燥が気になる人もそれらに対応したちょっと高価なシャンプーを使用するはずです。

育毛の第一歩はシャンプーって本当?

育毛を考えている人の間ではシャンプー選びを慎重にする事は必然的な事です。 毎日入浴して頭皮を洗髪すると仮定するならば直接頭皮や髪に塗布して使用するからです。 だからこそ間違ったシャンプー選びはしたくないですよね。

特に10代・20代で薄毛や抜け毛とは無縁に過ごしてきた人が、 いきなり30代で「このままではハゲるかも!?」などという心配が出てきた場合はなおさらです。

これまで頭皮や髪の毛に対してケア意識を持って来なかった人が考える育毛の第一段階がシャンプーの選択や育毛剤の利用なのです。

毎日の洗髪の重要性の認識

毎日当たり前のように使用するシャンプーですが、 選び方を間違うと頭皮にダメージを与え健康な髪の毛の育成の大きな障害になる、 という話も一部で多く語られている事実です。

ただ、シャンプーで髪の毛を洗った後に明らかに頭皮や髪に不具合が生じるという以外は一般の人にはほとんど無縁な話と言えます。

最近ではすっかりおなじみになった育毛シャンプーですが、 特に男性はこれまであまりシャンプーにはこだわりを持っている人が少なかったのです。

シャンプー選びの結論は自分の頭皮の性質に合ったシャンプーを選ぶ事が一番大切です。 というか頭皮をケアして育毛を主体とするならば刺激の少ない良質な育毛シャンプーを使用すべきです。 (使用されている原材料も高くなる分、高価になりますが・・・。)

200円以下のシャンプーを使用していても全く問題ない人もいますし、一方では頭皮に痒みが生じたりする人もいます。 それぞれのシャンプーの特徴やセールスポイントをしっかり見極めてシャンプーを試して見る事が一番近道だったりします。

最近何かと宣伝などで目に付く薬用シャンプーや発毛促進シャンプーなどはそれぞれの目的別に種類があります。 シャンプーに対してどのような機能を求めるか、どのような効果を期待するかという点を自分なりに明確にして、 それらの点を満たしてくれる商品をチョイスするように心がけることが重要です。


人気の育毛シャンプーはコレ!

ウーマシャンプーイメージ ウーマシャンプー
多くの人が育毛シャンプー選びで迷う点
頭皮環境を正常化するメカニズムを解説
気軽に育毛対策の第一歩が行えるワケ
育毛対策シャンプーとして人気の理由

ブラックシャンプーイメージ プレミアムブラックシャンプー
プレミアムブラックシャンプーのココが残念!
シャンプーを変えると薄毛対策になるって本当?
プレミアムブラックシャンプーが人気の理由
プレミアムブラックシャンプーで育毛対策できる?

関連コンテンツ

何度も失敗を経験している人の薄毛対策
自分でAGA対策するってどう?
頭皮のカユミは育毛アイテムで対策
頭皮のかゆみはトラブルの元
朝晩2回のシャンプーは考えもの!?
育毛剤は安ければそれでOK?
防腐剤フリーの育毛シャンプーってどう?
髪の毛分け目が気なる女性に最適なシャンプーは?
育毛剤だけと育毛シャンプーとの併用の違い

皆がシャンプーを選ぶ際に重要視する点

シャンプー 口コミ シャンプー ランキング 石鹸シャンプー 育毛シャンプー 薬用シャンプーなどや 「商品名」シャンプーなどの検索語句が一般的には調べられる回数が多いようです。

化学物質に対して頭皮に違和感を感じる人は石鹸シャンプー、 頭皮の皮脂などの脂分が気になる人は洗浄力の高い育毛シャンプーなどをそれぞれ個別の商品名を入力して調べる傾向が強いです。

スポンサードリンク