top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

万能ではない育毛シャンプー

育毛シャンプーは実際に使用して満足できない方もいるので万能な薄毛対策ではありません。育毛シャンプーで満足できない結果になってしまう原因と薄毛対策を紹介!

育毛シャンプーは手軽な薄毛対策になりますがAGAなどでは根本的な解決策にはなり得ない点を再確認したいです。

シャンプーに過剰な期待や効果を求めるのはダメ!?

育毛に関連する情報を収集している人にとってはうんざりするほど見てきたかもしれませんが、 育毛シャンプーや育毛剤は満足できた人とそうでない人がいる事実があります。大抵の方は認識していると思われますが・・・。

頭皮関連のキーワード 「育毛シャンプー変化なし」
「育毛シャンプー抜け毛減らず」
「育毛シャンプー評価」

この様な言葉で情報収集されている方は育毛シャンプーには興味はあるけれども「 購入して後悔はないか? 」という部分に大きな興味を持っているはずです。

確かに育毛シャンプーの多くは市販されている一般的なシャンプーと比較して高価であることが衝動買いを抑える形になっているのかもしれません。

育毛シャンプーを購入して使用した後はどうなる?という素朴ですが的を得た疑問が湧いてくるのは当然かもしれません。

もっと言うならば、決して安くない金額を支払って購入する商品である以上は納得できた上で使用したいと思うことは当たり前の話です。 しかも、体質に合わないなどの理由で抜毛が増えたら元も子も無いですし・・・。

1,000〜1,500円くらいであれば「おっコレ試してみよう!」と購入できるかもしれませんが、 4,000〜5,000円にもなればそうはいかない気持ちになるはずだからです。

結論から言うと育毛シャンプーには発毛などの効果はないです。 あくまで頭皮の状態を健やかにしたり、健康な髪が生えてきやすい状態を整える手助けの役割をなすだけです。

しかも、使用した全ての人が満足できる商品というのもまず無いです。 なぜならば、育毛シャンプーで抜毛が減少して結果として薄毛が解消される場合と薄毛が解消されない場合があるからです。

なぜ育毛シャンプーや育毛剤は万人が望む結果にならないのでしょうか?

これに関しては、当サイト『 男性ホルモンと抜け毛の関係 』や『 男性型脱毛症の対策 』 などのコンテンツで薄毛のメカニズムと対策を記載させて頂いておりますので参考にして頂ければ幸いです。

要するに、 頭皮の環境が良くなっても根本的に髪の毛が抜ける症状が裏で発生していれば結果として抜毛が減らないという悲しいことになるのです。

つまり、重要なのは自分の薄毛がAGA(男性型脱毛症)に由来するものなのか、 頭皮の環境が悪化しているから健康な髪の毛が生えてこないのか、はたまた別の要因があるのかをしっかりと把握しておく必要があります。

ただ、ひとつ言えることは当サイト『 人気の育毛シャンプー 』 などで紹介させて頂いている確かな育毛剤ならば、頭皮の環境は正常に近い状態を保てる可能性が非常に高いということです。

薄毛の進行は止められない方がいたとしてもこれらのシャンプーを使用しない状態であればもっと薄毛が進行していたという可能性も十分あります。

AGA(男性型脱毛症)はいくもうや発毛を専門としたクリニック(医療機関)で検査すればすぐに診断可能です。 病院に行くのはちょっとアレだよね、という方は当サイト『 薄毛(AGA)と治療薬 』で紹介させて頂いている自己診断キットなども販売されています。

スポンサードリンク


シャンプーは手軽に実行可能な育毛活動の第一歩

育毛シャンプーは育毛剤と比較して、購入した後の行動イメージが自分でしやすいです。 なぜならば、育毛シャンプーを使用すると言っても、今まで使用していたシャンプーの代わりに髪の毛を洗う際に使用すればいいからです。

ところが、育毛剤は入浴後や朝のおでかけ前などに頭皮に塗布したりする手間が掛かります。 夏場ならば汗もかきますし、毎日の習慣になるまでは煩わしさを感じる事があるかもしれません。

それだけ手軽な育毛シャンプーですが、かなり多くの方に満足した結果をもたらしてくれている商品も多いです。 重度のAGAならば別ですが、意外と抜け毛を減少させてくれたり、 頭皮の赤みが解消したり、フケ・かゆみなどの症状が改善したりと評判の良いクチコミが寄せられている商品もあるのです。

ただ、冒頭で記載させていただいた通り、育毛シャンプーは万能ではありません。 あくまで、頭皮の状態を健やかに保つことで健康な髪の毛が生えてきやすくする事が目的です。

その点は十分理解しておきたいです。 もちろん、AGAなどが疑われる方はあきらめるか、新たに可能な限りの最善策を考える必要が出てきます。

このあたりは女性のダイエット問題とよく似ているかもしれません。 ダイエットをあきらめて体型の事は考えないようにしている女性と、 美しいプロポーションは望めないけれども出来る限り気をつけるというのでは、結果は大きく違ってきます。

どちらも第一印象を大きく左右する問題だけにごまかしが効かないですし、 一方で開き直ってあきらめればその時点で悩みから(別の意味で)開放されたりもします。 (悩んだり我慢しなくていストレスから開放される)

他人は意外と触れてこない他人の薄毛が進行する話題

鏡の前でふと自分の髪の毛を見て昔と比較して頭の地肌が透けて見えて動揺する方も多いです。 いつも自分の顔や頭を何となく見ているので変化に気付かないということは本当に多いです。

もしくは、行きつけの床屋(散髪屋)などで 「最近ちょっと髪の毛の密度がアレですよね」とか「最近かなりきてますよ」的な指摘を受けて初めて自覚する方も多いらしいです。

一方で他人(友人・知人・会社の同僚など)は余程親しい間柄でないと毛髪関連の話題は指摘してくれません。 なぜならばハゲなどに関連する話題は質問の仕方や話題の触れ方で当人を傷つける可能性が高いからです。

ちょっと太った女性に「最近太った?」と気軽に聞けないのと同じイメージです。 本人が気付いていない場合も、 気付いている場合もどちらにしてもそういった質問がトラブルを引き起こす可能性があります。 だから、大人はあえて触れないことが多いのです。

たかがシャンプーでも要育毛の方は再度考慮したいアイテム

一昔前ならば育毛や発毛の治療をを専門としたクリニック(医療機関)などは非常に少なかったです。 もちろん、市販されている育毛関連でも気休め程度の期待感しかなかった商品が多かったです。

しかし、時代は少しずつ確実に変化しています。 徐々に頭皮の研究や髪の毛のサイクルなどの研究が進み、画期的な物質などが発見されつつあります。

それだけに、育毛関連のアイテムもイメージや漠然とした爽快感などだけでは商品として生き残れない時代が到来しつつあります。 逆に、使って満足できる育毛アイテムは多くの方の良い評判やクチコミなどで徐々に売り上げが拡大する時代になっています。

特にインターネット上ではかなり自由な表現が可能な特性上、なかなかごまかしが効かないことは事実です。 そういった環境で多くの方が絶賛する育毛シャンプーや育毛剤は高確率で「使って良かった!」といえる商品ばかりであると言えます。 つまり人気度はやっぱり重要なのです。

とはいっても育毛シャンプーは万能ではないということを理解して、頭皮や髪の毛のトラブルや悩みなどを解消していきたいです。

男女ともに悩みが多く発生する世代が30代です。当サイトの情報が皆様の悩みや不安を解消するヒントやお役に立てるならば非常に幸いです。

スポンサードリンク