top画像左
top右

ヘアケア関連ニュースtop

増加する女性向け育毛剤の市場

女性が薄毛予防や頭皮ケアの為に育毛剤などの利用を検討している場合に役立つ情報を記載しています。頭皮ケアや薄毛予防の為に何かしなければと考える女性は参考にどうぞ。

増加する若い女性の抜け毛の悩み

2014-09-30
女性向けの育毛剤の市場は伸びてきている事は正確な数字を見なくてもなんとなく実感できます。 大手の化粧品関連の会社などが女性が頭皮ケアの際に使用する育毛剤などを積極的に販売しているからです。

ここ最近ではロート製薬や小林製薬などの会社も女性向けの育毛剤のアピールを強化しており、競争が激化する事は間違いないです。 もちろん昔から存在するシャンプーメーカーなども例外なく力を入れている市場です。

買う側から言わせてもらえば、色々な会社が競争し合って「良い良い商品がより安く」なる事に越した事はありません。 需要が増加すればより一層研究や新製品の開発などにも力が入るからです。

基本、女性は男性の様に完全に脱毛してハゲるという状態にはなりません。 女性の場合の頭皮ケアは主に髪の毛の密度の低下やボリューム不足などが主体になります。

あと男性と同様に薄毛予防という意味合いで育毛剤を使用する女性も増加している事は確かです。 一般的な情報をまとめると女性の育毛剤市場は十年前から比較するとおよそ倍の規模になっているという話です。


女性の潜在的な育毛剤需要?

2013年には100億円規模、2014年にはその1.5倍程度であるとする情報も出ています。 これらの爆発的な市場の拡大はインターネットの影響力もかなりあるでしょう。

働く女性が増加して男性と同様のストレスを受けて、 ハードな仕事で不健康な食生活や生活習慣が続いた結果、頭皮ケアが必要になってしまう状況に陥ってしまう女の人も多いと思われます。

ただ、女の人の場合には薄毛予防という意味合いで「本気度」の薄い安価な頭皮ケアの育毛剤などを継続的に使用している人も相当数いらっしゃる事は間違いないです。女性の場合には毎日お化粧をしたり髪型をセットしたりする時間が必ずありますからね。

その延長で育毛剤を利用するという流れは説得力があります。 男性などは朝起きてから夕方お風呂に入るまで自分自身のチェックなどは鏡などでも行わない人もいます。

まぁ、これは極端な話ですが…。 一般的な傾向としては女性の方がしっかりと自分自身の身だしなみや見た目のチェックなどは入念におこないます。

ですのでお化粧のついでに気になる髪の毛のボリューム改善に、 という場合や将来に対する髪の毛の不安を解消しておく為の予防的な使い方として育毛剤などを使用する可能性は十分あります。


実は増えている30代からの女性の薄毛

何度も記載いたしますが女性は男性と違って髪の毛が無くなってハゲてしまうという事はあまりありません。 その代わり髪の毛の密度が低下して地肌である頭皮が透けて見える、髪の毛のコシやハリがなくなり「ぺちゃん」となってしまうなどの問題が多いです。

特に加齢によってある程度のお年を召された女性が白髪交じりでボリュームの無い髪の毛になってしまうというのは一般的には普通の事です。しかし30代後半から40代の女性がボリューム不足に悩むのはちょっと時期的に早いと思われます。

それでも現実に髪の毛のボリューム不足に悩むのであれば頭皮ケアも含めて育毛剤の利用を検討してみましょう。「薄毛予防なんて恥ずかしい」のではなく、もっと自分自身に持ちたいのであればコンプレックスは解消しておきたいですからね。

女性の場合には育毛剤そのものに対して長年付き合って身近にある存在という性質のものではありません。頭皮ケアという意識よりも髪の毛そのもののヘアケア的な意識は高い女性は大勢いらっしゃいますが…。

薄毛予防に関しても興味があっても育毛アイテムに関しての知識が少なくもっと知りたいと考えている女性も多いです。 ただ、この場合でも「大勢の人がリピートする商品」や「売れ筋の人気商品」を選択すれば間違いが少ないです。

女性の髪の悩みであるハリやコシ、ボリューム感といった問題は頭皮ケアも含めた健康な髪の毛が生える元気な土壌を作ってくれる育毛剤や育毛サプリメントなどを選択すればより良い結果に導かれる可能性が高くなります。


お金をかけた確実な育毛・発毛治療

高額薄毛治療イメージ 是が非でもフサフサを取戻したい場合の選択肢
高額でも確実なAGA治療
発毛率99%の毛髪再生医療
発毛治療の究極最終治療
HARGと植毛どちらがベスト?

ヘアケア関連ニュース


スポンサードリンク