top画像左
top右

ヘアケア関連ニュースtop

ストレスで抜け毛を増やさない為に

季節の変化や環境の変化で抜け毛が増加する事に関しての情報を記載しております。季節や環境の変化でストレスが増加して抜け毛が増加した場合に参考にして下さい。

春先から初夏に発生する抜け毛の増加

2013-02-08
当サイトコンテンツ「 髪の毛が抜けやすい季節 」でも紹介させて頂いておりますが、 春先は頭髪の抜け毛が増加してしまう人が多くなります。

春は新しい年度の始まりとされている環境が多いです。 多くの会社が四月(三月)に入社式を行いますし、学校の新学期も四月です。

環境がガラリと変化して精神的にもストレスが溜まり易い季節です。 居住地域が大きく変化して、水が変わっただけでも抜け毛の要因になったりします。


気が張っている状態では気付きにくい身体の疲労

30代のサラリーマンの方でも、転職したり部署が異動になったり新しい上司の元で働く事になったりする事でストレスが増加する季節です。 もちろん、新しい部下が配属されたというケースも環境が変化したと言えるでしょう。

慣れない環境での労働は、ついついイライラしたり、睡眠不足になってしまったりする事につながります。 新入社員のかたならば悩みごとがあったり、自分も気付かない程興奮状態で一日を過ごしてしまうこともあります。

適度なストレスは「人生のスパイス」となり良い意味での刺激になり得ます。 しかし、過度のストレスは健康な生活を脅かす要因となってしまう場合があります。

ストレスが頭皮に及ぼす影響

人間の身体はストレスを強く感じていると一種の興奮状態になります。 こんな時は、自律神経の『交感神経』が活発になっています。

『交感神経』が活発な時は、血管が収縮している状態になります。 血管が収縮している状態では栄養が身体の隅々まで運ばれにくくなるのです。

頭皮の状態を健やかに保つ為にはしっかりと必要な栄養素が運ばれる必要があります。 だから頭皮マッサージなどは意味があるのです。

新しい環境が始まる時期こそリラックスできる時間を確保する余裕を持ちたいです。 神経と体がリラックスしていると『副交感神経』が優位に働き血流が良くなります。 育毛の面で言えば毛乳頭にまで栄養が運ばれやすくなります。


ストレスが頭皮に及ぼす影響

頭皮に異常を自覚するならば、まずはシャンプーを変えてみましょう。 次の様な状況は30代になると発生しやすくなる症状です。

フケが多くなった
夕方になると頭がかゆい
頭皮がベタベタする(感じる)
頭皮が臭う
髪のボリュームがなくなった

最初は頭皮がかゆくなり、次第にフケが多くなっていく方もおられます。 シャンプーしても頭皮のベタツキ感がなくならないというケースもあります。

髪の毛のボリュームがなくなり昔の自分の髪型ができないという方もいらっしゃるでしょう。 特に分け目などは頭皮が見える状態になれば鏡の前で凍り付いてしまいます。

個人的には馬油(ばあゆ)を頭皮に塗ったり、 馬油入りのシャンプーに変えたことで劇的に症状が改善された経験があります。

頭皮に馬油を塗布する間隔は二週間か一週間に一回程度です。 頭皮が柔らかくなり頭皮の赤みもなくなりました。 あくまで個人的な経験の範疇での話ですが、是非とも参考にして頂ければ幸いです。


ヘアケア関連ニュース


スポンサードリンク