top画像左
top右

ヘアケア関連ニュースtop

サラヴィオ化粧品の世界初の研究結果

ヒト頭髪毛乳頭細胞に関する世界初の研究結果の内容を紹介しています。ヒト頭髪毛乳頭細胞に関して世界初の研究結果を発表された松島博士に関しての発表内容とは?

ヒト頭髪毛乳頭細胞から飛び出す繊毛の可視化に成功(世界初)

2012-06-19
2006年(平成18年)の創業の化粧品製造開発メーカーである「サラヴィオ化粧品」では、 今現在も大分県で化粧品の自社研究開発、商品開発、技術開発を行なっています。

松島一幸博士 その他、各大学との共同研究による学術活動も行なっている活動的な一面があります。 今回、同社が研究開発、発売している人気の育毛剤 『 発毛育毛ミスト M-1 』でも有名な同社の、世界初となる研究結果が発表されています。

それを受けて2012年5月30日には各Webメディアのニュースにトピックとして取り上げられました。

ヒト頭髪毛乳頭細胞から飛び出す繊毛の可視化に成功(世界初)

大分県別府にある同社の中央研究所にて、 松島一幸博士率いる研究グループが世界で初めて毛髪の形成や成長に重要な役割を持つ、 ヒト頭髪毛乳頭細胞(単離培養)から飛び出す繊毛の可視化に成功した。と発表されています。


毛乳頭細胞の指令の解明と発毛・育毛への期待

ヘアケアにおいては毛乳頭細胞と呼ばれる毛髪の根っこの部分が重要です。 この部分で髪の毛の発毛をコントロールしていると言われています。

この毛乳頭細胞が発毛命令をやり取りするのは、繊毛(せんもう)と呼ばれる微小器官であると考えられ、 その解明が研究者たちの大きな課題でしたが、ついに、繊毛の実体を明らかにする事ができたのです。

それが「世界初の分子ピーリングによる 発毛育毛ミスト M-1」で有名なサラヴィオ化粧品の研究所、 松島一幸博士率いる研究グループが世界で初めて確認できたのです。


松島博士の育毛剤へのこだわり

「発毛育毛ミスト M-1」は頭皮や髪の毛に悪影響を与える可能性のある成分を含まず製品化する、 という部分にこだわって作られた経緯があります。

この無添加という実証は、公式サイトのカイワレ大根を使用した実験で証明されています。 使用感はよくある育毛剤の爽快感などを求めず、あえて自然のままです。

だから、さらっとして塗布した感覚が少ないです。しかし、育毛を促すメカニズムがしっかりと作用します。 これは公式サイト「発毛育毛ミスト[M-1]」でも記載されている通りです。

私たちの体には約3000種以上の酵素があり、このすべてが私たちの体の機能や動きに関係しています。 酵素は加齢とともに徐々に減少し、薄毛においても関連性が高い成分と言われております。

M-1ミストでは、約40年間という長い時間をかけて研究を重ねた酵素を配合し、成分においても力が込められています。 育毛、発毛の為には多少の犠牲は必要ではありません。「発毛育毛ミスト M-1」であれば安心・安全に育毛を始められます。

感謝のメールやお便りを出すのは今度はあなたの番になるかもしれません。


ヘアケア関連ニュース


スポンサードリンク