top画像左
top右

ヘアケア関連ニュースtop

HARG療法と自毛植毛で迷う時の決断は?

HARG療法や自毛植毛などの最新の薄毛治療を比べた場合の最終的な選び方やヒントなどを記載しています。HARG療法と自毛植毛のどちらかで迷う際には参考にして下さい。

HARG療法?自毛植毛?それぞれのメリットやデメリット

2014-05-27
HARG療法の治療を真剣に検討する方が気になる点といえば治療後の副作用や治療自体の安全性問題です。 しかしHARG療法に関しては、現時点で副作用などの報告はされていないです。

いきなり結論を記載させて頂きます。「HARG療法と自毛植毛での薄毛治療のどちらかを選べ」という質問に対する答えはHARG療法を選ぶ方が総合的に見て合理的だからです。

これは自毛植毛の治療がHARG療法と比較してどうであるかという事を意味しているのではありません。 あくまで「どちから一つしか選べないとしたらどうする?」という状況を想定しての結論になります。


植毛とHARG療法で迷う場合の解決のヒント

自毛植毛などの治療を検討されている人がHARG療法と迷われるケースが多いですが、 身体的な負担や治療後の日常生活を考えればHARG療法の方が断然有利と言えます。


HARG治療

メリット 傷の心配がなく、毛髪を自然に、純粋に増やす事が可能で副作用などの心配も不要です。特に身体的な負担が少ない点が最大の魅力のひとつです。
デメリット 重度のAGAの場合には発毛は可能でも脱毛の作用の方が勝り不満足な結果になる可能性もあります。また最大限の効果発揮まで複数回施術を受ける必要があります。

自毛植毛

メリット 男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の毛髪を利用する為、移植した自毛が定着すればその部分はメンテナンスがほぼ不要になります。
デメリット 手術後に一時的な異常を感じる事があり、一定期間の休暇取得が必要になります。外科的な手術を受けることになりますので身体的な負担も大きくなります。

費用面での負担や経済的な事情が許すなら「まずはHARG療法」を受けて、 それでも不満足なら「自毛植毛」という選択肢が最も理想かもしれません。 この順序になる理由は身体的な負担や物理的な限度から考えれば合理的な判断です。


確かな実績と信頼で選ぶならこのクリニック!

全国各地にグループ専門医院が存在する中央クリニックグループ!
中央クリニックは「日本美容外科学会認定専門医グループ」で全国21医院中央クリニックが存在します。 最寄のクリニックで最新で効果的な治療である毛髪再生治療「HARG療法」が受けられます。

中央クリニックグーループ

症例数は国内No.1・発毛率はなんと99%! 実績で選ぶなら
福岡医院長が運営しておられるHARG治療センターというクリニックは、 開発者の運営する唯一のクリニックです。 HARG療法を専門に扱っている為、施術の技術や信頼性、ノウハウは他院の追随を許しません。

HARG療法の開発者医院

AGA治療専門・頭髪医療専門の銀座総合美容クリニック
どれほど効果的な治療であっても、高額な治療では継続していく事は困難です。 銀座総合美容クリニックでは、安心して通える治療費設定がされており、より多くの方がAGA専門の外来を受けられる様になっています。

AGA・発毛治療の専門医院

「アイランドタワークリニック」は自毛植毛の症例数国内No.1!
医療の世界は年々着実に進歩を続けている中、 高水準の医療技術が提供できるように国内トップクラスの先端医療設備・施設・充実の医療スタッフ体制が整えられています。 自毛植毛で選ぶならアイランドタワークリニックです。

豊富な植毛施術実績で選ぶ

ルネッサンスクリニックでの薄毛治療のメニューは多角的
ルネッサンスクリニックでの薄毛治療は診察した結果に応じて、 種々に用意されている治療法の中から最適な薄毛治療法を組み合わせて提案してくれます。 だから多くの方が満足した薄毛治療が可能です。

植毛と育毛の可能なクリニック


物理的な限界が存在して身体的な負担が大きい自毛植毛

自毛植毛は文字通り自分自身の髪の毛を自分自身の別の部分に移植する事です。当然採取できる髪の毛には限界があります。つまり、何回も希望するだけ望み通りに次々と移植する事が可能なわけではないのです。

自毛植毛のポイントの一つはAGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくいとされる自分自身の後頭部の髪の毛を移植する事です。後頭部からどれだけの移植可能な髪の毛が確保できるか?という部分が非常に大きな問題となります。

それと自毛植毛を選択する場合には頭皮に対して外科的な手術を行う為に手術後の日常生活の制限などがある事も忘れてはいけないです。この身体的な負担は例えば仕事がハードな人ならば数日間の休みが必要だったり、適宜状況に応じた休養期間を要します。

つまり、植毛する為に注意するポイントは植毛する為に採取できる髪の毛には限りがあり、髪の毛を採取する為には後頭部に対して傷を付けなければならず、その傷の回復には日数がどうしても必要になるという事を知っておく必要があります。一般的な話ですが、自毛植毛は施術する医療機関の率力差がはっきりと現れます。これも注意したい点です。

一方でHARG療法は、外科的な手術の必要はなく治療自体も非常に短時間で終了する事が大きな魅力です。ただ、一回の治療で目に見える効果が得られにくい為に通常は数回に分けて施術を受けるというパターンが多いです。

治療費に関しては最新の治療方法と言う事でかなり高額になっているので実際に申込まれる際にはかなり悩んだり躊躇される事が予想されます。HARG療法の大きなメリットは自分自身の髪の毛を自然に増やす治療方法であるという点です。

髪の毛が希望通りに増えるまではかなり高額な治療費になるかもしれませんが、一度生えた髪の毛は軽いメンテナンスのセラピーなどで維持できる場合もあります。一年二年単位で考えると割高な費用になってしまいますが、一生自分で育毛剤などを買い続けることを考えればそこまで割高であると言い切れないという考え方もあります。


自分自身の育毛対策努力にも限界を感じたら

薄毛の治療は薄毛治療専門の医療機関で受ける事が可能な時代になっています。一方で、自分自身での薄毛改善対策として育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーなどを駆使して日々精進されている人も多いでしょう。

自力での薄毛改善対策のメニューを毎日こなしても現状維持、あるいは下手をすると微妙に薄毛が進行してしまい焦っている人もいらっしゃるかもしれません。そういった場合には「多少お金を使ってでも髪の毛を増やしたい」と考える人も存在して不思議ではありません。

この流れで考えるならば、自毛植毛とHARG療法のどちらかというのは非常に理にかなった選択肢です。「じゅあどちらがベスト?」というのは個人の状況や生活環境などの面で違ってきますが、身体的な負担が少ない治療方法から試してみるという考え方が合理的に思えます。

治療費や手術による身体的な負担などを検討すると普通は「HRAG療法」を受けてみるという選択肢が一番効率的かも知れません。ただ、どちらの治療方法を選択しても効果には個人差があるという点だけは忘れないようにしたいです。

HARG療法のモニターに協力すれば特典として治療料金の割引が適用されます。 気になる人はこまめに公式サイトをチェックすると良いでしょう。

「どうしても安全で発毛率の高い薄毛の治療を受けたい!しかもちょっとでも安く・・・。」 という方はモニターに協力する選択肢も視野に入れて検討したいです。

※モニター募集は定員となり次第終了となります。 また、カウンセリングの際、モニターの適性審査がありますので、 必ず公式サイトで確認しておきたいです。


ヘアケア関連ニュース


スポンサードリンク