top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

30代の抜け毛対策と必要性

身体的な側面から30代の育毛やヘアケアの必要性を解説しています。30代の方の身体的な状況はどのような面で育毛やヘアケアが必要と言えるのでしょうか?

30代は体質などの変化を感じやすい年代

30代はそれまでの若い世代と比較して色々な面で衰えを感じる世代です。 では育毛の面ではどのようなことを気をつけるべきでしょうか?

見た目の若さは努力で維持する事は可能ですが、内面的な部分や体の機能的な部分などで「もう若くはない」という事を実感する世代です。

特に体系的には男性も女性も体型に変化が生じる年代です。 「20代の頃と同じ食事をしているにも関わらず」お腹周りや二の腕、太ももなどに贅肉が付いてしまう現象が始まるのが30代です。

これは特別な事ではありません。 加齢とともに体の代謝機能が低下している事が表面化しているだけです。これらは誰もが経験する一般的な話です。

それでは、薄毛や抜け毛などに関連した30代の特徴を見ていきましょう。 これまで大丈夫であった普通のシャンプーでも次の様な症状を感じる場合には頭皮ケアの必要性は高いです。

悩める30代のイメージ 最近フケやかゆみが頭皮で発生する
抜け毛が増加していることを実感する
シャンプーしても頭皮のベタつき感が残る
分け目部分の地肌が以前より見える様に感じる
ボリューム不足で20代の頃と同じ髪型に出来ない
頭皮がなんとなく硬い感じで赤くなっている

フケやかゆみなどの症状が発生していれば頭皮の状態は良くないです。 もしくは、代謝が低下して頭皮のベタツキ(頭皮だけでなく顔のテカリなども)を感じることはありませんか?

女性の方の場合にはボリュームが不足して20代の様な若々しい髪型が出来ないと実感する事はありませんか?

どうでしょうか? 多くの人の「あるある」を集めましたので該当する方は多いとは思いますが・・・。 ここではもう少し30代の抜け毛対策と適切な育毛の手順などについて考えてみたいと思います。

スポンサードリンク


30代で初めての育毛対策を始める人の注意点

20代で薄毛の心配や抜け毛に悩まされたことがない方でも、 30代になって初めて「抜け毛対策をしなくちゃ・・・。」、 「ヤバイ・・・ここ少し薄いじゃん・・・。」と考える方に注意して頂きたい点が幾つかあります。

そのひとつが「育毛対策」の選択肢を正しく見極める事です。

近くのドラッグストアに行って何となく頭皮や髪の毛に良さそうなシャンプーを購入して、 ついでに頭皮ケアのトニックなども一緒に買って使ってみる、というのはベストな選択とは言えません。

あるいは、「取りあえず値段の張る育毛剤ならば効果はあるだろう。」

と適当な育毛対策に手を出すと、たいして効果も感じられないのに費用ばかりかかってしまう。 という事になる可能性が高いです。

育毛、発毛などはたくさんお金をつぎ込んだからといって必ず効果が現われるとは限りません。 値段の高い、安いよりも今の自分にとって一番必要な育毛対策を行う事が最も効率が良いといえます。

「 育毛 」という言葉を思い浮かべて、 近所のドラッグストアや大手のスーパーで購入できる商品ぐらいしか思いつかない人は知識が不足しています。

まずは多くの方が本当の意味で無頓着(イメージまかせ)で選んでいるシャンプーに関して今一度再確認してみたいです。


本当の意味での頭皮ケアシャンプーとは?

育毛シャンプーは本当の意味で頭皮や髪の毛の事を考えた商品ならかなり高額になります。 配合する成分を良質な材料にすると一般的な市販のシャンプーの10倍くらいの価格になる商品も珍しくないのです。

「 お値段が10倍!? 」

そうです。 シャンプー1本300〜400mlで数千円という価格もザラにあります。

それでも、そういった育毛シャンプーが何故そういった価格になるのか?という事を知れば納得する方も多いです。 ・・・しかも実際に使用してみると大変満足される方が大勢いらっしゃるのです。

改めてここではその理由を解説する事は致しません。しかし、 20代では弾力のある肌が30代になるとタルんでくる、一晩寝ないで遊んでも大丈夫だった20代の頃と比較すると30代では・・・という事を考えれば、 30代では頭皮にもそれなりの配慮がある成分の育毛シャンプーを使用しても無駄ではありません。

【関連ページ】

間違いだらけのシャンプー選び
頭皮が赤いのは危険信号?
安価なシャンプーの危険性
人気の育毛シャンプー

理由はどうあれ、 30代になって「抜け毛が明らかに増加している」と感じる方は本当の意味での育毛シャンプーを使用する事が正しい育毛対策の第一歩と言えるでしょう。

30代で育毛の必要性を認識した人の為に・・・

未婚、既婚関わらず30代の方の身体の機能は確実に低下しています。 ただ、30代前半であれば今までのような感覚がどうしても抜けません。

つまり、 気持ちや外見上の見た目だけは若く、身体や肉体的な代謝などがついてこないアンバランスな状況となっている可能性があります。

30代で身体的な衰えを感じるきっかけとは?

30代の身体的な衰えを感じるきっかけ 右のグラフはWEB上で行ったアンケート結果の一部です。 30代の男性に、身体的な衰えを自覚したきっかけを調査してみました。

少しアバウトにそれぞれの項目に当てはめてみましたが、 トップはやはりスポーツなどの運動時に身体的な衰えを感じる人が多いようです。

次に約40%程の人が睡眠不足時や身体の回復時に30代としての衰えを感じているようです。

何が言いたいのかといいますと、 髪の毛の育成能力も身体の代謝や各機関の機能によって大きく影響を受けるのです。

だから抜け毛や薄毛の不安を持っている人などは特に、 30代ともなると頭皮や髪の毛をいたわる事が必要となります。

ですから30代という年齢は、 10代や20代のような生活を続けていると一気に髪の毛が薄くなる 可能性が高い世代といえます。

最近どうも抜け毛が多くなってきたという人も最低限の 育毛環境と育毛に関する知識は持ちたいものです。

人間の髪のボリュームのピークはいつ頃?

人間の髪のボリュームは20代後半から急速に減少する傾向にあります。 正確に言うと女性では30歳前後、男性では20歳前後を境に髪の毛のボリュームが減少していきます。

若い年齢層では、「くせ毛」や「髪のパサつき」など髪質の悩みを持つ人が多いようですが、 年代が上がるにつれて「髪の減少」に伴う悩みが確実に増加します。 例えば「白髪」や「髪のボリューム」などもその典型的な例と言えます。

50代や60代で薄毛になることもイヤなものですが、 30代で薄毛になると確実に年齢的に老けて見られます。

30代の方で、 見た目はそれ程老化を感じさせない人でも身体の代謝や各機関の機能は確実に低下しています。 それ故に小手先の育毛だけでは根本的に問題が解決しない場合もあります。


すでに髪質が変化している症状を自覚している人は

当サイト別コンテンツ 「 髪質の変化はハゲる前兆? 」 でもう少し詳しく解説させていただいています。


30代で育毛をそろそろ・・・という人は

当サイト別コンテンツ 「 30代の育毛剤選びの注意点 」 で自分自身に適した育毛剤選びの為のヒントを紹介しています。

30代は若い? それともおじさん?

未婚であれば経済的に余裕のある人が多いのもこの年代の特徴です。 これまで通り、独身貴族で羽を伸ばした生活をすることも個人の自由ですが、 身体の内面的な機能や運動能力などの代謝機能は確実に低下する世代です。

20代前半の人であれば自分自身が30代という年齢になった時の想像は、 おそらく出来ないでしょう。 そうです、30代前半ぐらいでは意外と見た目は若いモノなのです。 それ故に薄毛の症状が出たときのショックは相当です。

せめて年相応に見られたい、 と考えるならば日頃の生活習慣に気を配り、 髪質にとらわれず自分にあった方法を選択して頭皮ケアを行っていくことが一番です。

スポンサードリンク