top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

男性ホルモンと抜け毛の関係

男性型脱毛症の人は通常の育毛法では脱毛は防げません。男性型脱毛症での正しい育毛法で脱毛を予防しましょう。その為の解決策を探すヒントを提供しています。

男性ホルモンと抜け毛のメカニズムから丁寧に解説しています。一度理解すれば忘れる事はないでしょう。

男性型脱毛症の原因とその解決策

抜け毛が増加したり、 薄毛などの症状が現われてすでに情報収集している人はご存知かもしれませんが、 男性型脱毛症と男性ホルモンには大きな関係があります。

どのような状況であれ、 薄毛や抜け毛に悩む多くの人が求める情報は以下のようなモノに集約されると思います。

男性型脱毛症はどのようなメカニズムで抜け毛や薄毛が発生するのか?
果たして自分の状況は男性型脱毛症なのか?
どうすれば男性ホルモンが起因する脱毛を避けることが出来るか?
男性型脱毛症は治療(回復)可能なのか?

色々なホームページやウェブログで男性型脱毛症を扱う情報がありますが、 今の現状では医師に診断してもらえる時代になっています。 最終的にはきちんと専門的な機関での診断が必要、 という事を念頭において当サイトの情報を参照してくださいます様にお願いいたします。

スポンサードリンク


男性型脱毛症はどのようなメカニズムで抜け毛や薄毛が発生?

男性型脱毛症のメカニズム 男性型脱毛症を理解する前に、 まずは5αリダクターゼという言葉を知る必要があります。

5αリダクターゼとは、皮脂腺や毛乳頭などに存在する酵素の一つです。

5αリダクターゼの働きの一つはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結び付く事です。

そして、 5αリダクターゼとテストステロンが結びつくと、 ジヒドロテストロン(DHT)という脱毛や薄毛の要因となる物質に変化するのです。

5αリダクターゼは大きく分けて、1型と2型に分類されます。 1型5αリダクターゼ は皮脂線に存在し、2型5αリダクターゼは毛乳頭に存在します。

自分の状況は男性型脱毛症?

男性型脱毛症(AGA)のチェックは毛髪のDNA配列を解析することである程度わかります。 現在では専門の医療機関で検査を受けることができます。

そういった機関で行われる検査では、 男性型脱毛症(AGA)のリスクとフィナステリド(男性型脱毛症の治療薬の成分) の効果を判定する検査が行われます。

男性型脱毛症(AGA)の自己チェックは一般的な話になります。

髪の毛が細くなってきている。

抜け毛が多い。

髪の生え際が後退している。

以上が男性型脱毛症(AGA)の典型的な症状ですが、 自分自身であれこれ悩む事は避けたいものです。

きちんと専門の期間で検査を行ってもらい、 適切な処置を行う方が精神的にも髪の毛にも負担は軽減されると思われます。

どうすれば男性ホルモンが起因する脱毛を避けることが出来るか?

ここでは男性ホルモンが起因する脱毛を避ける考え方を見ていきたいと思います。 簡潔に結論を言ってしまえば、 5αリダクターゼとテストステロンが結びつかない様に、 ジヒドロテストロン(DHT)が発生しないようにすれば問題は解決する方向に進むのです。

この考え方で発売された商品がプロペシアという男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。 プロペシアは商品名でフィナステリドを有効成分とする治療薬です。 もともと海外で有名になったものが日本でも広がっていったのです。

他にも、 日本で有名な毛髪の再成長のための成分はミノキシジルなどが存在します。 それぞれ治療薬として商品化されていますので、多くの方がご存知の事と思われます。

蛇足ですが、それぞれミノキシジル(もともとは血管拡張薬)と、 フィナステリド(もともとは前立腺肥大などの治療薬)という事はあまりにも有名な話です。 ミノキシジルもフィナステリドも、 それぞれ別の病気の治療時に副作用的に毛髪の増加が報告された、 という事が発見の発端という事です。


男性型脱毛症は治療(回復)可能なのか?

すでに多くの情報源から情報を収集しておられる方は実感していると思われますが、 健康な髪の毛が再生されるためには時間が必要です。

ヘアサイクルと呼ばれる髪の毛の育成周期は年単位で考えなければなりません。 即効性のある治療法は今のところありません。

男性ホルモンのバランスを正常に維持する為に規則正しい生活送る事。 適度な運動を行い身体の機能を高める事。なども長い目で見れば有効な手段の一つです。 焦らず、気長に経過を観察する方向で進むことがベターとなるでしょう。

スポンサードリンク