top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

安価なシャンプーの危険性

安価なシャンプーは危険であるという単純な結論ではなく少し突っ込んで考えてみましょう。安価なシャンプーは危険かどうか情報を確認したい方は参考にどうそ。

ただ単に安物シャンプーは駄目というのではなく年齢的な要素などを加味してシャンプーを吟味してみましょう。

人は年齢によって大きく変化する事実

加齢とともに人間には身体的な衰えが発生します。男性、女性に限らず年齢を重ねるごとの衰えは避けられません。

安価なシャンプーを使用して頭皮や髪の毛の影響を考えたり心配したりする前に、 まずは加齢による身体的な影響を先に考えて頂きたいと思います。

加齢による身体的な変化や免疫などの低下

見た目の変化では体型が変化したり、運動能力の低下や体力の衰えを自覚したりします。 しかも若い頃を比べてダイエットなどを頑張って実行してもなかなか体重が減らないというような現象に直面します。

頭皮や髪の毛関連では、男性ならば髪の毛が薄くなったり、女性ならば髪の毛のボリュームが無くなったりする事を自覚していきます。 頭皮の変化ではベタつきやカサつき、赤みを帯びたりかゆみなどがあります。

日常生活上で自覚する変化としては、疲れやすさやリフレッシュするまでのスピード、 風邪や病気などに対する抵抗力、運動面での体力の衰えの自覚などがあります。 要するに「俺(私)も年を取ったな・・・。」という自覚です。

その他最近では加齢臭などという言葉が多くの人に認知されるようになりましたが、 これもごく最近、話題になった老化現象によって起こる変化です。 加齢臭などは年齢を重ねる事で発生する変化の代表例です。

頭皮以外の加齢による身体の変化の代表例

加齢による頭皮環境の変化を実感される方も多いですが、もう少し有名な「加齢による身体的な変化」としては加齢臭などが挙げられます。

加齢臭のメカニズムは解明されており老齢化による身体的な変化のひとつとして有名です。 加齢によって皮脂中の過酸化脂質が増加して脂肪酸の組成が変化する事で、臭いの元となる成分が分泌されて加齢臭となって現われます。

もちろん「加齢臭がする」とまではいかなくても30代ぐらいから色々と発生する身体的な衰えや変化を自覚する方が多いです。 個人的な経験でも次のような変化が自覚できています。

脂っこい料理よりも和食を好むようになった
食事の量は同じでもおなか周りの贅肉が気になり出した
頭皮のベタつきを感じたり頭皮がかゆくなる事が多くなった
髪の毛のボリューム減少で昔と同じ髪型ができないと感じる
背中の肩甲骨のあたりに脂っぽさを自覚するようになった
無理をすると疲れがなかなか取れない
風邪や病気などを引き起こしやすくなった

※30代になって感じる事が多い変化

まだまだ数え上げたらきりがありません。ただ、似たような経験をした、もしくはしている方は多くいらっしゃると思います。 「うんうん、俺もこの項目が当てはまる」、 「私も同じ様な変化を自覚している」と納得される方も多いのではないでしょうか?(男女ともに・・・。)

これらの変化が悪いとか良いとかという話ではなく、 見た目や第一印象に直結する項目は改善できるものならば改善して頂きたいと考えるのです。

特に、髪の毛の項目や体型などはその典型的な例のひとつです。 一般的に言う、中年太りや中年体型、くびれ消失、髪の毛の減少、薄毛などがまさに加齢によって起こされる変化に多いのです。

当サイトは頭皮や髪の毛の情報に特化したサイトですので加齢による髪の毛の減少や薄毛に関してもう少し突っ込んで話を進めたいと思います。

スポンサードリンク


30代になったのに20代と同じシャンプーで本当に大丈夫?

結論から記載させて頂くと30代になって頭皮の赤みやかゆみ、 ベタツキを自覚するようになった場合にはシャンプーがあっていない可能性が高いということです。 特に市販の安価なシャンプーを使用している方は要注意です。

これまで記載させて頂いて通り、 加齢で人間の身体には色々な変化が発生します。当然、頭皮や髪の毛に限っても同じ事が言えるのです。

そうなのです。

20代では問題にならなかったモノが30代になると不具合の原因になる事も十分あり得るのです。 そのひとつが「自分の頭皮に最適でないシャンプー」の使用だったりします。 ただ、だから一概に安価な市販のシャンプーはダメという単純なことではありません。

もちろん薄毛の進行は男性型脱毛症などが並行して進行している場合もありますので、 シャンプーを最適にしたからと言って薄毛や抜け毛やベタツキ対策はバッチリと言えない事も事実です。

ただ、20代からずっと市販の安価なシャンプーを使用してきた人が30代になって急に頭皮が赤くなったり、 かゆみが発生したりカサカサになったり、逆に脂っぽくなる事は十分ありえます。

女性でも30代になって急に台所で使用する合成洗剤で手荒れがひどくなるというケースも幾度か見てきています。 (特に指先などがぱっくりと割れる症状など)

極論を言えば、安価な市販のシャンプーは台所の合成食器洗剤や洗濯洗剤と似たような成分の場合も少なくないのです。 加齢とともに手肌が荒れるのに「頭皮だけは大丈夫」と考える方が間違っていることに気付くでしょう。

もちろん何歳になっても、食器洗剤で手肌になんら影響の出ない方もいらっしゃいます。 だから、市販の安価なシャンプーでも問題ない人が大多数おられても不思議ではありません。

当たり前の話ですが、世の中の全ての男性が髪の毛や頭皮に不安を感じているわけでもありませんし、 育毛などに無頓着な人でもフサフサの方もたくさんおられます。

要するに、30代になって『 頭皮のベタツキやかゆみ(赤み) 』・ 『 髪の毛の抜ける量が増加した 』・ 『 フケが多くなった 』などの自覚症状が確認できた時点で ちゃんとした育毛を考えたシャンプーを使用する事が正解であると考えたいのです。

特に当サイトコンテンツ、「 人気の育毛シャンプー 」で、お勧めさせて頂いているシャンプーは育毛を主目的として商品化されたシャンプーですので一度試してみられる事をお勧めします。 ※個人的な経験では頭皮のベタツキ、脂っぽさ、髪の毛のボリュームダウンが解消されました。

30代で次の自覚症状が出たら育毛シャンプーがベスト?

20代は異性からの見た目や若者としての思い切り良さで色々なことをやってみたくなるものです。 ブリーチやパーマ、ヘアマニキュアやスタイリングワックスで最高の髪型キープなど、です。

しかし、30代になって「そろそろ中年」が見え隠れする年代になって同じ事を継続するには大きな負担が発生する可能性も高いです。 特に30代以降で次の頭皮の症状や髪の毛の変化が現れたら要注意と考えましょう。

頭皮が赤くなってきた
頭皮が突っ張っり固くなってきた
頭皮がベタつく(シャンプーしても取れない)
頭皮(地肌)が以前より透けて見える
髪の毛のコシやハリがなくなった
フケが多くなって困っている
頭皮がかゆくてカサカサになった

個人的な頭皮の状態の変化に対する自覚

頭皮が赤くなったという事や頭皮が固くなったわけでないですが、 ベタツキの発生と髪の毛のコシとハリの減少は明らかに自覚しました。加齢による衰えは頭皮や髪の毛にも影響すると個人的には考えます。

明らかに20代の時と30代の時では頭皮の状態は変化したと感じます。 特に髪の毛の分け目の頭皮のスケ具合は20代と比較にならないくらいであると思います。 (禿げているのではなく髪の毛が細くなったような感じです)

20代ではごく一般的な頭皮の質であっただけに、 30代になって急に脂っぽい感じになった時にはなかなか気付きにくかったですし認められなかったです。 これらがすべて市販の安価なシャンプーや一般的な石鹸シャンプーのせいであると言うわけではありません。

しかし、それらを受け入れて「もしかしたらシャンプーが原因かも?」と素直に育毛シャンプーを使用して本当に良かったと思います。 「広告の宣伝文句に騙されて高価な育毛シャンプーなんて絶対に買わないぞ」と考えるのも自由ですし、信じて試してみるのも自由です。

当ページのコンテンツの内容が、 あなた様の頭皮の不満や髪の毛に対する不安が解消できるきっかけになれば幸いです。

スポンサードリンク