top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

ハゲる髪質とは?アナタはどう?

30代で気になりだす抜け毛や薄毛は髪質に関係があるのでしょうか?薄毛や抜け毛に関連する髪質について独自の切り口と育毛対策のヒントを提供しています。

髪質ではげる確率は判るもの?

自分の髪質が、将来はげる髪質かどうか? この不安は、現状で髪の毛薄くなっている人や抜け毛の量が多い人に共通する悩みであると思われます。

しかし、安心してください。

結論から言いますが、一概に髪質でハゲるハゲないを決め付けることは出来ません。 剛毛で密度の高い髪の毛の方でも一気に薄毛が進行してスカスカになる事もあります。

しかし、抜け毛・薄毛の不安を感じる人は自分自身の髪質について非常に気にする傾向があります。 下のグラフは以前WEB上で独自に行ったアンケート結果の一部です。

頭皮の赤さ原因と対策のフローチャート

ご覧いただければお分かりになるかと思いますが、 育毛対策を実施の有無を考えないとすると、 30代の男性で「 髪質が気になる 」人はおよそ67%にも上るのです。

「自分の髪質はこんな感じだから・・・将来ハゲるかも。」

結構いらっしゃいますよね、根拠のない不安に悩まされる方は・・・。 髪質で薄毛になる、ならないという事は決まらないです。

ただ、遺伝的要因で男性ホルモンの分泌が多く、その影響でAGA(男性型脱毛症)になりやすいという事は言えます。 おじいちゃん、お父さんがハゲていたら同じ様な体質を受け継いでいる可能性は高いのです。

髪の毛が抜けてその後に再び生えてこないという現象は、遺伝的な要素と後天的な要素などが複雑に絡み合って起こります。 だからこれほどまでに育毛や発毛の研究がされている現状にも関わらず、全ての人に効果のある育毛剤や発毛剤が存在しないのです。

髪質からハゲるハゲないを短絡的に考えるよりも、 まずは遺伝的な要素と後天的な要素から髪質を考慮してハゲの可能性を見ていきましょう。

スポンサードリンク


はげやすいとされる髪質とその傾向

最初にお断りさせていただきますが、 あくまでここで記載する情報は、 全体的な傾向であり全ての人があてはまるとは限りません。

すでに述べさせていただいていますが、 髪の毛が抜けて再び生えてこなくなる現象は色々な要素が複雑に絡んでいたりします。 その点を十分ご了承いただきまして当サイトの情報を有効に活用していただければ幸いです。


先天的な要素から見るハゲやすい髪質と傾向

はげる人の髪質の傾向は極端な剛毛であったり、ネコ毛で髪の毛が細い人が多いです。 剛毛の人で薄毛になる人の考えられる要因は頭皮の皮脂の分泌が多過ぎる事や、 男性ホルモンの過剰分泌です。

一方でネコ毛で髪質が細い人がハゲやすいと言える要因は、 頭皮そのものが血行が良くなかったり、弱かったりする場合が多いからです。

どちらも遺伝的な要素が強く、 そういった体質を受け継ぐ事で薄毛や抜け毛の要因となるのです。 ですから、先天的にはげやすい髪質であるといえます。

AGA(男性型脱毛症)の可能性がある場合の対策

当サイト「 薄毛(AGA)と治療薬 」でも解説させて頂いておりますが、 薄毛(AGA)の治療薬で最終的に行き着く先はフィナステリドとミノキシジルという成分の入った治療薬になるかと思います。

どちらも医薬品ですので効果がはっきりと実感できる方も多くいらっしゃいます。 しかし、一方で薬の副作用を強く感じてしまう方も多いです。

「フィナステリドとミノキシジルの副作用きつくてやめた」

薄毛の治療薬として有名なフィナステリドとミノキシジルは副作用のことも考える必要がありますし、 薬代の事などの負担も考慮しておく必要があります。

とはいっても最近では育毛剤の中にも優良な商品が幾つも発売される時代になっています。 その中でもAGA(男性型脱毛症)の方でも効果的な育毛剤が『 天然無添加育毛剤「イクオス」 』という商品です。

イクオスは育毛剤のほかにサプリメントも高い評価があります。 育毛に有効とされる成分やAGA(男性型脱毛症)の原因となる物質の生成を抑える働きのある成分が配合されています。

薄毛の治療薬で副作用がきつくてやめた方でも「結構興味あるかも 」と言われて実際に使用される方が非常に多い商品です。 当サイト「 天然無添加育毛剤「イクオス」の解説 」で解説させて頂いておりますので参考にしてみて下さい。


後天的な要素や生活環境とハゲる髪質の傾向

抜け毛が増加したり髪の毛の総量が減少する要因の一つにストレスや生活環境などがあります。 身体に無理が掛かる生活を送る事で本来身体に備わっている代謝の能力が減少するのです。

他には、睡眠を削って仕事を続けたり極端に栄養が偏った食生活を送っている場合などです。 この場合は身体の代謝機能が低下している状態か、 頭皮に栄養分がまわらなくなる状態が抜け毛の増加の要因と考えられます。

身体の不調が続く状態で生活を続けていると、 生命の維持の為に優先度の比較的低い髪の毛に栄養が分配されにくくなるのです。

つまりこうなるワケですね。

「生きるための機能」>「活動するための機能」>「髪の毛」

この場合は「ハゲる髪質」であるかどうか?という以前に生活環境の問題ですよね。

さらには仕事上で大きな責任が掛かる部署で働いている人や、 大きな心配事があったりする場合など、 つまり常にストレスにさらされている環境の人も抜け毛や薄毛になる可能性が高いです。

ストレスの影響は意外と大きく、本来の髪質などよりもはるかに大きいダメージを頭皮や髪の毛に与える可能性があります。 また、例えば女性などは衝動買いの要因となったりドカ食いの原因になる事もあります。

高付加のストレス状態にさらされている人は熟睡時間が極単に少なくなったりする事で、 さらなる健康上の問題を引き起こす原因にもなります。 さらに人間の身体機能は、 精神的な悪影響が強い状態が続くと本来備わっているべき機能が著しく低下する事もあるのです。

さらに、これも薄毛や抜け毛に悩む女性に多いのですが、 極端なダイエットを実施して身体に必要なミネラルや栄養素などが不足している場合なども髪質が激変する可能性があります。

女性が無理なダイエットで頑張りすぎて薄毛になってしまったり、 現在進行形で抜け毛が増加していることに関しては「 女性が薄毛になるのは何故? 」の項目でもう少しだけ詳しく解説させて頂いております。

上記にあてはまらないがやはり心配であるという人は

健康な生活をしていて髪の毛が薄くなったり頭のハゲる人は男性ホルモンの分泌に大きな関係があります。

こうなると「ハゲる髪質」とかそういうレベルの問題ではありません。

男性ホルモンというのは色々な働きがありますが、 判りやすい機能は男性にも女性にも性的能力に大きな影響を与えるという点です。 そして男性ホルモンが過剰になる傾向が強いと頭皮の毛が抜けやすくなる点です。

専門的な言葉で表現すると「AGA(男性型脱毛症)」と呼びます。

ですから髪質以前に抜け毛の増加や薄毛の現象は、 身体のホルモンバランスが決め手になる場合もあるのです。

男性ホルモンと抜け毛の関係は当サイト別コンテンツ 「 男性ホルモンと抜け毛の関係 」 で解説させて頂いておりますので参考にしてみて下さい。


薄毛・発毛・AGA治療の専門クリニックに任せてみる

ハゲる髪質であるとか、 AGA(男性型脱毛症)かもしれないとか、 遺伝的に見て禿げるとか、 将来に対して不安になるよりも専門の医療機関で悩みを解消してもらう方法もあります。

最近では最先端の薄毛治療が受けられる発毛治療の専門クリニック(医療機関)が存在します。 医療機関では医師免許を持ったその道のプロフェッショナルの医師が薄毛の治療を行ってくれます。

クリニック(医療機関)での薄毛治療に興味のある方の為に、 幾つかポイントを絞って解説させて頂いておりますので参考にしてみて下さい。

自分自身の髪質で「はげる・はげない」を心配するよりも、 安心できる状態を手に入れるように前向きな努力をする事も重要です。

AGAクリニックを利用して悩み解消

>>信頼できるAGAクリニックの見分け方

治療料金が明確である事は一番重要な点です。金額に見合う治療を受けて満足できる結果を得る為に最初に確認したいです。

>>AGA治療の実績や体験者の声を確認

治療法に効果がある場合には多くの実績が存在します。過去の利用者の声や治療内容に対する意見は重要な参考材料です。


>>AGA医院の無料カウンセリングを利用

無料カウンセリングやメール相談で申込みに対する不安を解消する考え方は正しいです。 満足な結果を求める為には積極的に活用したいです。

>>地理的な要素からAGA医院の選択

「通える範囲にクリニックが存在する事」という点は重要項目の一つです。 全国規模でグループ医院が存在する事は大きなメリットの一つです。



髪質の変化は危険信号?

ハゲる髪質であるか、そうでないか、と心配する人よりも、 髪質が変化した人は要注意である場合もあります。

剛毛でフサフサな人が細く弱々しい髪質に変化する事は頭皮の状態が悪化している危険性はあります。

本来、毛根からは一本だけ毛が生えているわけではありません。 一般的には一つの毛根から3本ほど毛が生えています。 それが、頭皮の状態の悪化に伴って毛根元気が無くなってくると毛根から生えてくる髪の毛の本数が減少します。

さらに頭皮の状態が悪化して毛根の状態が悪化すると弱々しく細い毛を生える力しか残らなくなってきます。 元から髪の毛が細い人は気付きにくいかもしれませんが、 剛毛だった人の毛が細くなってきたら気付く可能性は高いです。

だからウェブ上の質問サイトで、 剛毛の人が髪質の変化について色々な質問をしていたりするのです。 そしてやはり髪質が細くなる事は頭皮の状態が悪くなっている可能性が高いといえます。

どうしても気になる人は当サイト別コンテンツ「 髪質の変化はハゲる前兆? 」で少しだけ詳しく解説させていただいています。

ただ、焦りは禁物です。 色々な要因で長い年月をかけて状態が悪くなったものは、 改善するのも時間が必要である、という事を認識しておく必要があります。

スポンサードリンク