top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

ストレスによる抜け毛の体験

ストレスによる薄毛の体験談と解消する為のヒントを記載。あなたの薄毛はストレスによるもの?体験談を参考にして今後の抜け毛対策と悩み解消のヒントを見つけてください。

ストレスが抜け毛の要因と言われるけれども具体的には何が?どうなの?という部分にフォーカスしています。

抜け毛の要因の全てがAGAではありません

男性の場合、多くの人が無関心ではいられないのが「抜け毛が増加する不安」や「将来禿げるかも」という問題です。

現実に現在進行形で抜け毛が増加している人や薄毛に悩まされるようになっている人は尚更大きな関心ごとである事は間違いありません。

本来であれば薄毛や抜け毛の治療は専門の病院で診断をしてもらうことがベストかもしれませんが、 費用面の事情や時間的な制約などですぐに行動に移せない人もいらっしゃいます。

「取りあえず放置?」
「気のせい気の迷い」
「しばらく様子見して・・・」

などと悠長な感覚で構えていると健康な髪の毛はどんどんと薄くなってしまう可能性も払拭できません。

かといって何でもかんでも「男性型脱毛症が原因」と決め付けることも短絡的過ぎます。 事実、体調の不具合や頭皮の環境の悪化や栄養面などの複合的な要因で抜け毛が増加することもあるのです。

特にストレスや環境の変化などにも左右されるので一概には言えない部分もあります。 男性型脱毛症は「男性ホルモンが関係している事は事実」です。

しかし症状は段階があり、抜け毛が増えだす時期や脱毛の速度も人それぞれです。 精密な検査をしてもらうことで正確な判断が可能ですので、 その点で白黒はっきりさせたい人はお医者さんで診断してしてもらうことがベストです。

スポンサードリンク


「自分の抜け毛の要因は何?」

ではAGAでもないけれど薄毛になってしまう場合に関して少し整理してみましょう。 特に30代後半の人で頭皮のベタツキや髪の毛のボリューム感に違和感を感じる人は確認してみることをお勧めします。

「遺伝子的に薄毛の家系でもないはずなのに・・・・分け目が透けてる」
「まだ30代なのに髪の毛のボリュームが減ってきている気がする」

気持ちは十分に理解できます。 自身の経験でもありますが、 抜け毛が増加したり健康な髪の毛が十分に育たない要因はストレスや栄養面、頭皮の環境の悪化などもあるのです。 そういった場合には自身の抜け毛の要因を取り除くことで復活することも可能です。

特にストレスは自分自身が感じている以上に身体的にダメージを受けます。

個人的な体験ですが仕事上のストレスで「体調の悪化」→「食欲不振」→「寝付けない」→「飲酒量が多くなる」→「頭皮も含めて体全体の調子が悪化」という悪夢のような期間を過ごしたことがあります。

ぼんやりと鏡の前の自分の髪の毛を見たときには唖然とするほど髪の毛がスカスカになっていることに気付いたのです。 それまで毎日の生活を乗り切るだけで精一杯で「自分自身の姿をじっくりと確認する時間」も「頭皮の状態に気を配る余裕」も無かったのです。


ストレスが引き起こした悪夢の体調不良

具体的には勤める会社内で起こった人間関係の悪化が原因でした。上司との関係の悪化して不当な罵倒や叱責が続いた時期でした。自分でも平然を装っていたつもりでしたが、体の機能は正直だったということでしょうか・・・。

ストレスが薄毛を促進させるこれだけの可能性

体調を悪化させる憂さ晴らし 女性でもストレスで過食になったり、反動で拒食になったりしてしまうことがあります。男性の場合にはアルコールの摂取や喫煙などの量が激増してしまうことが多いです。
「飲酒の量が増加→ビタミン・ミネラルがアルコールで消費されやすくなる→体調が悪化する」
食欲が低下 気持ちが落ち込むと「おいしい食事を食べたいなどの欲求どころではなくなる」場合が多いです。それによって必要な栄養素が摂取できなくなり体調不良を引き起こします。
睡眠不足 なかなか寝付けなくなる事で睡眠が不足します。体の休息が足らなくなり体力などが回復しない事はもちろんの事、髪の毛の育成にも当然好ましくありません。
免疫機能の低下 マイナスの気持ちは身体の本来ある抵抗力なども低下させます。風邪を引きやすくなったり頭皮に細菌などが発生しやすくなる要因になります。

それぞれの要因は独立しているわけではなく、密接にリンクする場合が多いです。例えば、夜なかなか寝付けないから飲酒をする。毎日飲酒をしているとだんだん慣れてきてどんどん深酒になっていく、などという具合です。

ミネラルやビタミン不足になると、身体がうまく機能しなくなってします。鉄分、亜鉛、マグネシウム、カルシウムや摂取し過ぎる事も良くないですが不足すると体の変調を起す要因にもなります。

基本的には毎日の食から必要なミネラルは摂取しなけらばならないです。 一方、健康や美容に大きな影響を及ぼすもう一つの栄養素はビタミンです。 ビタミンは一度に大量に摂取しても尿となって体外へ排出されます。よってミネラルと同様に毎日の食事で補給していく事が必要なのです。

実際にあったストレスから発生する体調不良の例

体の免疫機能が低下する事で起こったじんましん

ストレスからくる体調不良で、最終的には抜け毛が増加して薄毛になった体験です。 問題を自覚したのは夕方の体が疲れた頃に発生するジンマシンです。

お風呂上がりには全開にでき出して「自分の身体に何が起きているのか?」非常に不安になったのです。

ストレスによる蕁麻疹の例 ちょっと気持ち悪い写真ですが・・・。 一番体調の悪いときは全身にコレが発生したのです。 しかも翌日にはほとんど消えてなくなるという気持ちの悪い現象です。

かゆみなどは余り無く、最初は一ミリから二ミリ程度のモノが数時間で数センチに膨らんで消えていくという状況でした。 体中に発生しては消えていくという本当に気味が悪い蕁麻疹(だと思う)でした。

恐らくビタミン・ミネラル不足が要因?

これらの出来物が体中に発生している時期は精神的に疲れ果ててしまっている時期です。 朝起きたら余計に疲れているという感覚が数ヶ月続いたので無理も無い事でしょう。 肌ツヤも悪くなり吹き出物も大量に発生してなかなか直らないという事も並行して発生しています。

足の左右の親指のつめは根元から割れて二重爪状態で、 身体をぶつけたりした際にできたアザは数ヶ月も消えずに残ったりもしている状態でした。

今考えると鉄分や亜鉛などのミネラル不足が大きな要因ではなかったか?と振り返れます。 色々な症状で合致する部分もありますから・・・。

そして抜け毛に関しては、頭皮はべたつく感覚で、フケが多くなり髪の毛がどんどん抜けていく感覚を味わいました。 この頃は髪の毛なんて気にする余裕もなく、ただただ毎日を過ごす事自体が苦痛に感じる日々でした。

もちろん今ではすっかり完治してストレスの要因も自分自身の力で払拭できています。 最悪会社なんて辞めても自分の健康の方が何百倍も重要である事に気付いたのです。 思い切って色々と行動して事態は好転したのです。

体調不良自体はどうやって克服した?

勤め先でのストレスの要因の払拭には成功した後でもなかなか体調は戻りませんでした。 当然、髪の毛の状態も良くなく、とりあえず抜け毛の増加は収まったけれどもボリュームは元に戻らず仕舞いです。

しかし、全ての基本は「口にするモノから始まる」と考えて行動した事でコチラの問題も快方に向かったのです。 つまり、食生活を見直した事で徐々に体調不良が改善されたのです。

ストレスからくる薄毛を克服する為に実践した事【1】

一定期間、飲酒を完全にストップしています。 神経が張りつめていた頃は「飲まずには寝付けない」状態でしたがストレスの根本原因から開放されれば「自然な眠り」は確保できます。

移行の際には少しつらい時期もありましたが体調を改善する事が最優先で辛抱強く取組んだ事が良かったです。 軽い依存症状態であったかもしれません。

ストレスからくる薄毛を克服する為に実践した事【2】

ビタミンとミネラルが豊富な食材を毎日摂取する事を続ける。 安価で入手しやすく健康維持の為に最適な食材は身近に探せば数多くあります。

そのなかでも、日持ちが良くて髪の毛にも良さそうな食材をピックアップしています。 もずく酢と納豆です。今でも毎日ワンパック夕食時に食べる習慣を続けています。

いまでは体調もすっかり良くなり週末はおいしくビールを頂けるまでになっています。 海藻類の成分の陰もあってか風邪などもこじらせる事がすくなくなり、体調も万全の日々が多いです。

ストレスからくる薄毛を克服する為に実践した事【3】

馬油シャンプーの利用と入浴前の馬油マッサージの遂行する事も髪の毛が復活した大きな要因かもしれません。 シャンプーは頭皮に刺激が少ないタイプであればどれでもいいでしょう。 馬油の作用に関しては当サイト別コンテンツ「 頭皮に馬油を塗ってみた 」を参考にして頂ければよいです。


たったこれだけです。 自分の場合にはこれらを意識的に継続させる事で薄毛の状態から見事に復活できています。

親兄弟、親戚などで若はげの兆候が見られない人や薄毛の悩みを持つ30代の男性の場合にはストレスによる健康状態の影響を疑ってみて下さい。 体が健康でないのに丈夫な髪の毛なんて生えてきません。

特にストレスは自分が思う以上に身体に大きな影響を及ぼすのです。 自分自身が健康で過ごす事が何よりも重要です。 体調が悪い状態では「本当の自分の力」など発揮できないです。

何でもかんでもAGAと決め付けずに自分自身の抜け毛の要因を冷静に見つめる分析のヒントになれば幸いです。

スポンサードリンク