top画像左
top右

髪の毛の構造

30代の抜け毛・薄毛の予防と対策の為の髪の毛の構造に関する解説です。30代の抜け毛・薄毛の予防と対策の為には髪の毛の構造を理解したいものです。

髪の毛の構造に関して

育毛・発毛などを考える際に、基本的な知識である髪の毛の構造を理解する事に越した事はありません。


毛髪の構造

髪の毛の構造 髪の毛の構造は大きく分けて三つの要素で構成されています。

それぞれ、表面部分のキューティクル、その内側にあるコルテックス、 そして新の部分にあたるメディユラと呼ばれる要素に分かれます。

大抵の人はキューティクルという言葉は耳にした事はあるかと思います。

これはシャンプーなどの商品の宣伝やトリートメントなどの商品を宣伝する際に使用された経緯があるからです。


髪の毛と頭皮の仕組み

髪の毛と頭皮の仕組み 毛根部は育毛のためには重要な部分と言えます。 理想はしっかりと根を下ろす様な感じです。

なんらかの理由で、 毛根部に栄養が行き渡らないと元気な髪の毛に育ちにくい為に、 抜け毛・薄毛の大きな要因になると言えます。

毛母細胞の重要な役割

髪の毛は、毛根近くにある毛母細胞と呼ばれるところで作られます。 この毛母細胞は、身体の各細胞と同様に血液から栄養を得ています。

だから頭皮の血流を良くすることは非常に重要と言えます。 逆に頭皮の毛細血管に血液が流れにくくなると健康な毛髪が育ちにくくなるのです。

健康な髪を育てるには健康な頭皮が必要不可欠

花や野菜などの植物を育てるにはまずそれらの植物を植える土壌の質が重要になってきます。 頭皮と毛髪の関係も似た様な関係を持っていると言えます。

ですので頭皮のマッサージで血行を良くして、 シャンプー、トリートメント、発毛剤や育毛剤などで毛根に栄養を与える事が基本的な育毛方法になります。


外的要因だけでは防げない抜け毛・薄毛の進行

多くの人が知識として当たり前に持っている事実が、 食事内容・頭皮の環境改善だけでは防げない薄毛・抜け毛の事実です。

これは、男性ホルモンと抜け毛の関係でも解説させて頂いてる通り、 一種の病気の症状です。 つまり、男性型脱毛症は『 ジヒドロテストロン(DHT)が発生する事で起こる抜け毛・薄毛の症状 』なのです。

この場合はきちんとした専門機関での診断と適切な処置で防ぐしか今の所手立てはないと言えます。


抜け毛・薄毛に関する話題

薄毛とそれに関連する悩み


女性の抜け毛対策関連


薄毛治療に関連する話題など


育毛剤や抜け毛対策アイテム関連


スポンサードリンク