top画像左
top右

男性型脱毛症(AGA)

『30代の抜け毛・薄毛予防と対策』の用語解説ページです。『30代の抜け毛・薄毛予防と対策』で使用されているヘアケア、頭皮などに関する用語を解説させて頂いております。

男性型脱毛症(AGA)に関して

思春期以降に抜け毛が増加し、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなったりする症状です。 一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 進行性の為に放って置くと髪の毛が徐々に薄くなります。


発毛から脱毛までのサイクル

AGAとは男性型脱毛症の頭文字である、Androgenetic Alopecia をとった症状の名前です。

男性型という名前が付く通り、ほとんどは男性ホルモンが作用しておこる症例で、 男性において発症する薄毛、抜け毛の症状です。

現在の日本でも医療機関などでAGA治療が受けられるようになっています。 故にお医者さんなどでAGAに対する薬を処方してもらえます。

これまで若はげなどは全容が解明されておらず(今でも)、 多くのメカニズムは謎でしたがAGAのメカニズムが解明されてからは大きな進歩がありました。

男性型脱毛症のメカニズム

AGA(男性型脱毛症)は、5αリダクターゼがテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結び付く事で、 ジヒドロテストロン(DHT)という脱毛や薄毛の要因となる物質に変化する為に起こります。

5αリダクターゼとは、皮脂腺や毛乳頭などに存在する酵素の一つです。 大雑把ですがこれが男性型脱毛症のメカニズムです。

つまり、男性型脱毛症は 『 ジヒドロテストロン(DHT)が発生する事を如何にして抑えるか? 』が大きなポイントとなります。


現代の育毛、発毛技術でも限界がある?

詳しくは当サイト別コンテンツ「 男性型脱毛症の対策 」で詳細に説明させて頂いておりますが、 男性型脱毛症(AGA)はある程度進行しすぎると治療は困難になります。

つまり、薄毛になり始めた事を自覚した時には、 きちんとした機関で診断してもらい症状が出ているかどうかを判断してもらう事がベストです。 ツルツルの状態になった毛髪を復活させるには現代の育毛、発毛技術では限界があります。

通常、健康な髪や頭皮の状態の人は毛穴から複数本の毛髪が生えていますが、 抜け毛や薄毛に悩む人の多くは少なかったり、最悪の場合は一本しか生えていなかったりするものです。 ただ、現状の髪の毛が抜ける事にばかり気を取られていてもマイナスです。


AGAの治療に関しての費用

費用の面では少々覚悟が必要な状況です。 多くの人が薄毛や抜け毛に悩む状況になっていますが、それでも全体的には他の主要な症例に比べると割合が少ない事が、 治療や処方薬が高価である一つの要因かもしれません。

今後は薄毛、抜け毛に対してもっと多くの人がAGAに関して治療の方向に進むとなれば、 相対的にも治療費や処方薬が安価になる可能性はあるかもしれません。 現在の所は幾分割高な事は否めないでしょう。

しかし、これでまでも色々な育毛法や発毛法にトライしてきた人にとっては科学的根拠が明示されている点は心強いです。 しかも、医師などがきちんと診断してくれる点も安心できます。

これはコンプレックス産業と呼ばれる「誰もが持つ劣等感」 につけ込む商売方法の被害に遭わない為にも重要な考え方といえます。

AGAに限らず、多発性の円形脱毛症などの症状はごく身近で誰もが症状の発症が起こり得る事例です。 自分勝手に判断したり、症状の放置をしてしまう事の内容にしたいものです。

多くのケースでは、完治、もしくは改善の方向に向かうまでは多くの時間を要する場合はほとんどですが、 根気よく対処できる環境づくりと心構えが必要と言えるかもしれません。


抜け毛・薄毛に関する話題

薄毛とそれに関連する悩み


女性の抜け毛対策関連


薄毛治療に関連する話題など


育毛剤や抜け毛対策アイテム関連


スポンサードリンク