top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

薄毛になる30代の生活環境

30代男性で薄毛の要因となる可能性が高いのが男性型脱毛症です。30代で薄毛や抜け毛を予防する為に考えなければならない男性型脱毛症対策とは?

10代・20代のままではヤバイ!?

30代という年齢は非常に微妙な年代?

30代の抜け毛・薄毛要因 30代というのは男性でも女性でも、 見た目は若い人でも身体の内面、 内側では代謝機能や運動能力などが落ちてくる年代なのです。

これは髪の毛の生成サイクルや発毛力などにも影響してくる問題です。 それ故に頭皮に良くない生活環境を放置しておくと薄毛が一気に進行する可能性のある世代です。

30代になると若いつもりでも身体が言う事を聞かなくなります。 徹夜して次の日も元気に働けていた人も、 30歳を過ぎると疲れが取れないのです。

さらに30代の後半も過ぎると身体の代謝も目に見えて落ちてきます。 これが俗にいう中年太りの始まりです。

10代・20代の頃と同じ食生活をしているつもりでも30代になると男性も女性も身体に皮下脂肪が付きやすくなるのです。

「 それがどうした? 」

そんな声が聞こえてきそうですので結論から言わせて頂きます。 髪の毛や頭皮をいたわらない環境を改善しない人は、 一気に薄毛・抜け毛が進行する可能性が高い年代が30代という世代の特徴です。

スポンサードリンク


どのような生活環境が薄毛の危険を加速させる?

どのような生活環境であろうとも全くはげの心配がない人もいます。 一方、身体の健康を考えて頭皮や髪の毛をいたわっている人でも抜け毛が増加して薄毛状態やはげてしまう人もいます。

薄毛や抜け毛が進行していく現象は各個人の体質や遺伝的な要素や生活環境などが同じでないので正確な比較はできません。 だから各種様々な要因が複雑に絡み合い薄毛や抜け毛が進行するのです。

特に男性の場合には「男性ホルモン」の影響なども薄毛の進行に影響してきます。 一筋縄では対策も難しいのが髪の毛のトラブルの問題です。

例えば、遺伝的な薄毛の要因としては男性ホルモンの分泌が多く、 ジヒドロテストロン(DHT:脱毛や薄毛の要因となる物質) などが生成されやすい体質の方などは若い年代から脱毛が起こりやすく薄毛になりやすかったりします。

一方で、健康的な身体を維持する為の栄養素やミネラルが不足していたり仕事上のストレスや悩みなどで抜け毛が増加したりする事もあります。 こちらのケースは無理なダイエットなどを行う多くの女性の方の薄毛の要因になります。

ただ、一般的に抜け毛の増加や薄毛の危険性を高める生活習慣はいくつか存在します。 これはある程度、誰でもあてはまる事が多い事をピックアップしているに過ぎません。 それでも心当たりが多い人ほど頭皮や髪の毛に対しては要注意といえます。

薄毛・若ハゲ対策!要注意すべき習慣や要因

睡眠不足 極端に少なすぎても多すぎてもダメです。仕事柄で昼夜逆転してしまう人を除いて遅くとも日付が変わる前に就寝できる状態がベストです。健康な頭皮と髪の毛は、正常な体のリズムから生まれてくるのです。髪の毛を生成する毛母細胞の活動が最も盛んな時間帯が午前0時前後2時間です。
【関連ページ】季節の変わり目と抜け毛の関連性はあるの?
暴飲暴食 特に脂っこいものが好きな人は要注意です。頭皮の皮脂の分泌が過剰になり毛根が皮脂の汚れで詰まりやすくなります。
精神的疲労 30代ともなれば仕事上では大きな責任を与えられる事も多い年代です。さらに既婚の人は子育て、未婚の人は婚活などで異性などにも気を配る必要があったりします。
趣味などの気晴らしの欠如 過度なストレスは人間が本来持っている体の機能を低下させる可能性もあります。
偏った食生活 栄養士になるほど知識を持つ必要はありませんが、加工食品や肉類中心の食生活ではダメです。何事もバランスが大切。
喫煙 血管が収縮するので頭皮の抹消血管などの血流が阻害される可能性も。可能な限り控えたいものです。
アルコールの過剰摂取 適度な飲酒は開放感やストレス発散の役割、良質な睡眠を取る為の補助をしてくれたりします。しかし、摂取過剰には要注意。
【関連ページ】飲酒と薄毛の関係(個人的な意見)

薄毛になりやすいのは遺伝?

一般的に遺伝とは男性ホルモンの分泌が多い体質かどうかという点が薄毛や抜け毛の問題に重要になってきます。

男性ホルモンが抜け毛に関係するという事については当サイト 「 男性ホルモンと抜け毛の関係 」のページで解説させて頂いています。

つまり、ジヒドロテストロン(DHT)という脱毛や薄毛の要因となる物質が生成されやすい体質であれば薄毛になりやすいと言えます。 この男性型脱毛症(AGA)に関しては次のような症状が出る事が最も多いです。

髪の毛が細くなってきている。
抜け毛が多い(短い毛も含めて)。
髪の生え際が後退している。

男性型脱毛症の場合には早く症状が現れる方は20代前半ぐらいか髪の毛が薄くなります。 最近ではAGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせる処置など(フィナステリドとミノキシジルという成分の入った治療薬)も一般的になっています。

また、一般的な育毛剤でもミノキシジルと同等の効果を期待できつつ、副作用などの心配が全く要らない商品なども発売されています。 当然、そういった商品は販売されると同時に一気に人気商品の一つとなっています。

これに関しては当サイト「 濃密育毛剤「ブブカ」の解説 」のページで解説させて頂いております。 多くの方が実際に使用して満足されたり、効果を実感したりしていますので試してみてもいいでしょう。

30代の育毛事情

30代は体力的な衰えよりも身体の内面的な機能の低下が実は顕著に起こる割合が高いのです。 薄毛になってしまう生活環境というのは決定的な要素は決められませんが、 10代や20代ではなんとも無かった事が30代になってくると抜け毛の大きな要因になったりします。

男性の方でも髪の毛をカラフルに染めたりパーマなどをあててオシャレをしている人も多いのですが、 10代や20代のように頭皮や髪の毛にダメージを与えない方がいいのです。

30代で進行する抜け毛や薄毛はAGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれる「 男性型脱毛症 」が原因である場合が多いです。

ただ、様々なサイトをご覧頂いても解るとおり、 個人的な要素や生活環境などの要素も複雑に絡んでくるので ある程度自分の状況の把握は可能性が症状の断定は出来ないと言えます。

「 男性型脱毛症 」は加齢による影響が大きいですが、 ライフスタイルや社会的なストレスの影響でその症状発生の若年化も進んでいます。

男性型脱毛症は、男性ホルモンによって髪の毛がだんだんやわらかく、 細く短くなるのが特徴です。 最終的には髪の毛の数が少なくなっていく症状は精神的に恐怖の一言です。

一つだけ言える事は、 怪しい情報や不確かな知識に手を出す前に今一度現状を把握する事が第一歩といえます。

また、20代では頭皮になんとも違和感や気に掛かることなど全く無かった方でも、 30代の中頃を過ぎるとカサツキ、ベタツキ、赤み、かゆみ、フケの増加などが発生する変化が現れることがあります。

これは身体の免疫機能の低下や代謝の低下が加齢と共に起こっている可能性があると考えられます。 30代になって運動能力の低下や疲れやすくなった、 風邪などを引きやすくなったなどは加齢による代謝の低下や身体の免疫機能の低下が原因かもしれません。

全ての現象を切り離して考えるのではなく、繋がりあるものとして捉えて早目の頭皮ケアなどの対策を考えるとベターでしょう。

スポンサードリンク