top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

びまん性脱毛症の対策(男性・女性ともに)

無茶なダイエットや加齢が起因することが多いびまん性脱毛症ですが、 男性にも起こりえますのしっかり対策をしたいです。 男性の場合にはストレスや遺伝的な要素の影響が大きいです。 女性はもちろん男性のびまん性脱毛の影響と改善するための頭皮、 髪の毛のヘアケア対策とストレス解消など、知っておくべき知識などをお伝えしています。

30代から症状が発生しやすいびまん性脱毛症について解説しています。あなたの悩み解決のヒントを探してください。

びまん性脱毛症の原因と対策について

まずは結論から申し上げますと、 びまん性脱毛症に関してはこれと言った治療法は存在しません。 ただ、男性の脱毛症と比較した場合、育毛対策や生活習慣の改善で症状が回復する可能性が高いです。

びまん性脱毛症の一般的な症状について

症状としては、頭部全体の毛髪がぬけて頭皮全体の髪の毛が薄くなっていきます。 人によっては分け目付近の地肌が明らかに露出しているように見えたりします。 特に男性の場合は、 男性型脱毛症(AGA)と間違えてしまう事もありますので最低限の知識は身につけておく必要があります。


びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の違い

どちらも髪の毛が抜けてしまう症状ですが、男性型脱毛症(AGA)との決定的な違いがあります。

M字部分や生え際が後退しない
全体的に髪の毛がまばらになっていく
髪の毛のボリュームがなくなる
髪の毛の密度が薄くなり細くなる

男性の場合で、これらが当てはまる人はびまん性脱毛症の可能性があります。


びまん性脱毛症の原因について

びまん性脱毛症の原因 ダイエットやストレスなどが原因となる場合が多いです。 特に女性の場合は若い女性よりも、30代〜60代以降の女性に多くみられる脱毛症状です。

男性でもびまん性脱毛症になることがあります。

男性のびまん性脱毛症の主な原因は、 ずばり加齢とストレスと遺伝的な要素に結びつけられることがほとんどです。

食生活
生活習慣

などの外的な要素は確かに重要です。

しかし、暴飲暴食をしても不摂生な生活を続けていても禿げないひとはハゲないです。 さらに、年齢を重ねてもフサフサ黒々、フサフサロマンスグレーの人もたくさんいらっしゃいます。

また男性の場合は過度のヘアケアや、 短期間の毛染やパーマなどのコンボでも症状が起きることがあります。

一方でストレスや加齢の影響も無視できません。

ストレスは精神面だけをクローズアップされがちですが、 体調面などへの影響も大きいです。 強いストレス状態にさらされ続けると体の思わぬ不調へ繋がることも多々あります。

そのひとつが男性のびまん性脱毛症です。

若いうちはストレスを受けても精神面だけの影響で済むこともありますが、 年齢を重ねると体調面への影響も出やすいです。

さらに、男性でも女性でも歳を取ると体の代謝機能や免疫機能は確実に低下してきます。

男性の場合でびまん性脱毛症が疑われる場合の対策は頭皮へのケアとストレス発散を考えると良いでしょう。

頭皮のケアは育毛シャンプーや育毛剤、サプリメントなどが手軽でオススメです。 同時に体を動かして汗をかく、 運動を意識して行うなどのストレス発散方法を考えて並行して実施することがベストです。

一般的には、 20代や30代の女性がびまん性脱毛症に悩む場合には、ストレスや無理なダイエット、 間違ったシャンプー選びなどが大きな要因になる事が多いです。

対処法について

びまん性脱毛症の治療は、 育毛シャンプーの利用や育毛剤による治療や生活スタイルの改善などを行う方法が一般的です。

びまん性脱毛症の回復までにはかなりの個人差があり、早い人は数ヶ月で回復する場合があります。 一方で完治するまで1〜2年くらいを要する場合もあるので治療は長期に及ぶこともあります。

つまり、びまん性脱毛症の対処法は「人それぞれ」と言う事が言えます。 その為に原因を特定してそれを改善する事が第一歩です。 後は待つ以外には方法がないと言うのが現状です。


【関連ページ】

薄毛に悩む女性の為に

女性が薄毛になるのは何故?
女性の薄毛を解消する方法
適切な育毛シャンプーを活用
女性にお勧めの育毛剤とは?

スポンサードリンク


なぜびまん性脱毛症で髪の毛が薄くなるの?

60代以降の年齢の女性にみられる「加齢が主な要因」のびまん性脱毛症の場合には、 休止期になった髪の毛が増加していくことで全体的に髪の密度が減少していきます。 つまり正常なヘアサイクルではなくなるのです。

加齢によって細胞が老化したり毛細血管がきちんと髪の毛に栄養素を送れなくなる事が髪の成長を妨げます。 女性といえども年齢を重ねるごとに成長する事を休んでしまう髪の毛が増加する事はある程度避けられないのです。

髪の毛が成長するサイクル

ヘアサイクルイメージ

では20代から40代のびまん性脱毛症に悩む女性の場合はどうでしょう? 多くの場合にはホルモンバランスが変化してしまったり、 無理なダイエットによって必要な栄養素の不足が原因となっていることがあります。

薬の作用やストレスなども若い女性のびまん性脱毛症の要因に多いです。 最近では女性のホルモンバランスの変化による脱毛症を、 FAGA(female Androgenetic Alopecia)「女子男性型脱毛症」と呼ぶ場合もあります。


30代のびまん性脱毛症の大きな要因

髪の毛や頭皮へのダメージ 毛染めやパーマなどを短期間で繰り返すと一時的なショック症状で頭皮全体の髪の毛が薄くなることもあります。
短期間で抜け毛が増加する場合は、毛根自体は活動を停止しているだけの状態が多いです。
皮脂の不足 化学合成の界面活性剤の入ったシャンプーなどで一日に何度も髪の毛を洗うと頭皮の皮脂が不足しびまん性脱毛症の原因になる可能性があります。他にも整髪料多用や、ドライヤーのかけ過ぎなどで髪にダメージを与える行為も同じです。
ストレス過剰 仕事上のプロジェクトなどで責任あるポストに初めて就く事が多くなるのもこの時期です。過剰なストレスが身体の様々な変調きたす事は知られていますが、その一つが抜け毛です。
過激なダイエット 女性に限らず男性の場合も過激なダイエットはびまん性脱毛症の原因になる可能性はあります。特に栄養の摂取を制限して運動などを続けると髪の毛や頭皮に栄養がいきわたらなくなり症状が発生する可能性はあります。
薬の影響 経口避妊薬などによっては服用中や服用中止後にホルモンバランスに変化が起こる場合があります。また、薬の影響でなくてもホルモンバランスが変化してしまった場合などにも症状が発生する可能性はあります。

「痩せてきれいになりたい」が行き過ぎると・・・

女性の多くは、いつの年代でも「美しい外見でありたい」・「もっときれいになりたい」と願うものです。 だからこそ、均整の取れたプロポーションを維持する為、手に入れる為にダイエット(食事制限)を実行します。

適度な運動と必要な栄養素やミネラルを十分摂取したダイエットならば問題ないのですが・・・。 (・・・要するに健康的に美しく)

これは男性の場合も同じです。 中年太りを気にして栄養を無視した食生活を続けたりしているとびまん性脱毛症になってしまう可能性はあります。

ただ単にカロリーを抑えた食事内容であったり、 無理な食事制限を継続する事を続けると体調そのものの異変を引き起こす要因になる可能性が高いです。

まず第一に、ビタミンやミネラルが不足すると体の変調が発生します。 吹き出物や口内炎の発生が増加したり、肌ツヤが悪くなったりする事が典型的な例です。

さらに日常生活では、疲れやすかったり、朝起きるのが異常につらくなったり、 基礎代謝の低下で身体が冷えて疲労しやすいなどの弊害も現れます。

特に鉄分や亜鉛などのミネラル不足は日常生活に大きな悪影響を及ぼす可能性が高いです。 これはきっとあなたが想像する以上の影響であると思います。

ダイエットを実行すること自体はすばらしいですが、 健康を維持できない方法であれば見直して改善する事がベターです。

【関連ページ】

女性が薄毛になるのは何故?

びまん性脱毛症の男性・女性の改善対策

「原因を改善する事が一番」

その為に最適な選択肢とは?

びまん性脱毛症は冒頭で記載させて頂いた通り男性型脱毛症(AGA)などとは違い原因が多岐に渡ります。 ですのでまずは自分自身の症状の原因を究明してそれを改善する事が根本的な治療になります。

場合によっては甲状腺や膠原病などの病状も関連してくる場合もあります。 あまりにも急激な抜け毛の場合は勝手に自己診断せずに専門的な機関できちんと診断してもらう事がベストですし安心できます。

さらに、男性でも女性でも歳を取ると体の代謝機能や免疫機能は衰え、 若い頃には何でもなかったことが頭皮や髪の毛に悪い影響を及ぼすことも多くなります。

男性の場合でびまん性脱毛症が疑われる場合の対処方法として、 頭皮へのケアとストレス発散を考えると良いでしょう。

頭皮のケアは育毛シャンプーや育毛剤、サプリメントなどが手軽でオススメです。 同時にストレス発散も重要視したいです。

同時に体を動かして汗を流してストレスを発散しつつ、 育毛対策を実施する。この二本立てで対策を始めると良いでしょう。

スポンサードリンク