top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

頭皮が赤いのは危険信号?

頭皮や髪の毛の健康を生活習慣や食生活の面から考えてみましょう。頭皮や髪の毛の健康を考える際の生活習慣や食生活の改善のヒントを提供しています。

頭皮が赤いのは何が原因でその改善策は?あなたの症状が解決するためのヒントを提供しています。

頭皮のかゆみプラス頭皮が赤いならレッドゾーン

頭皮の赤さ原因と対策のフローチャート 頭の地肌の赤さは抜け毛・薄毛の危険信号です。 30代ともなると髪の毛のボリュームも若干少なくなる人が多い年代です。

鏡の前でふと自分自身の髪の毛の少なさに気づいた人も、 近頃髪の毛が抜ける量が増えたのではないかと思う人も、 髪が薄くなった部分の地肌を見てみましょう。

当サイトのこのページをご覧の方のほとんどの方はすでに自覚しているかもしれませんが、 頭皮が赤くなっているのは抜け毛・薄毛の前兆です。

抜け毛や薄毛の心配が全くない人の頭の地肌の色は白色かそれに近い色です。 頭皮のかゆみなどの症状で、 頭皮の状態の異常に気付いた人はなおさら早急に対策を取る必要があります。

頭皮が赤い状態の人でもそれぞれ考えられる原因があり、 対応策が違ってきます。 まずは基本的なところから頭皮が赤い場合の状況を見ていきましょう。

関連コンテンツ


スポンサードリンク


頭皮が赤くなる原因を考える為のヒント

シャンプーなどの使用後に頭皮が赤くなる場合

普段はそれ程気にならない頭皮の色が、 シャンプーなどをした後に赤くなるのはシャンプーが合っていない可能性が大です。 これはシャンプーなどに含まれる洗浄成分や発泡成分などが、 身体に合わない事で起こる現象である場合が考えられます。

対処法としては取りあえずシャンプーの使用をやめて様子を見てみることです。 シャンプーに限らず育毛トニックや頭皮に塗布するものを全て使用することを中止してみる事です。

上記の対処法で頭皮の赤みやかゆみ、 ブツブツなどが収まればシャンプーなどに含まれる化学成分の何かに身体が反応している事になります。

シャンプーの中の何が頭皮に刺激を与える可能性があるの?

具体的には、 「合成界面活性剤、防腐剤、発泡剤、香料、紫外線吸収剤、鉱物油、酸化防止剤、着色料」などです。

これらの「頭皮に刺激を与える可能性のある成分」は、市販のシャンプーの多くに配合されている成分です。 しかも安価な商品に限って配合されている成分とはいえない点も要注意です。

こういった成分のいずれか、 もしくは複数の成分があなたの頭皮や皮膚にダメージを与えている可能性があります。

特に、 「ラウリル硫酸ナトリウム」、「ラウレス硫酸ナトリウム」「アルキル硫酸」などは本当に色々な商品に使われている原材料(界面活性剤)です。 恐らく安価で洗浄力などが優れているからだと思われます。

またシャンプーに使われている防腐剤、香料、発泡剤などは歯磨き粉などにも使用されています。 ※名前が若干違っていたりしますがほとんど同じ成分であるという事も少なくないです。

一般的に市販のシャンプーには、泡立ちを良くする発泡剤、 シャンプー自身の色と香りなどを守るためだけの紫外線吸収剤、 見た目を良くする為の着色料、ニオイを付ける香料などが使用されているのです。

こういった化学成分が頭皮にダメージを与えている可能性があります。 これは女性に限らず男性にも言える事ですが、 台所洗剤で手荒れや赤み、かゆみを感じる女性の方も多いですよね。一方で頭皮に関しては意外と無頓着な方が非常に多いのです。

参考ページ
間違いだらけのシャンプー選び 」 「 人気の育毛シャンプー


女性専用の育毛シャンプーを見てみるなら
適切な育毛シャンプーを活用

頭皮にやさしい成分を使用したシャンプーに変えてみる

石鹸シャンプーなどを使用して頭皮のトラブル(赤み、かゆみ、フケなど)が解消する方もいらっしゃいますが、 石鹸シャンプーはアルカリ性で洗浄力が意外と強力で頭皮がつっぱたりする事があります。

しかも、女性などの髪の長い方が使用する場合には髪の毛がギシギシするなどの独特の使用感があります。 また、育毛という観点から見れば物足りない感じがする点は否めません。

ただ、石鹸の性質は水で薄まると一気に洗浄力が落ちる、 つまりすすぎで余計な成分が残りにくいという点では大きなメリットになるという事も言えます。

シャンプーの洗浄成分は「アミノ酸系」が理想です。 事実、育毛シャンプーと呼ばれる頭皮に優しい本物のケアシャンプーはほとんどがアミノ酸系です。

アミノ酸系のシャンプーの難点は、原材料が高価である事と、洗浄力が若干弱めである場合が多いという点です。 評判の良い育毛シャンプーは全てと言っていいほど「アミノ酸系」です。


普段から頭皮が赤い場合

先ほども記載しましたが、 頭皮のトラブルに無縁な人の頭の地肌の色は白色かそれに近い色です。

夏場であれば日焼けの可能性もあります。 頭皮も通常の肌と同じように日焼けして赤くなるのです。 しかし、日に焼けた心当たりのない人の頭皮が赤くなっている場合は要注意です。

地肌が赤くなると抜け毛が始まる可能性が高いです。 これは頭皮の血行が悪くなっている状態と推測できます。

この場合はさまざまな要因が考えられますが、 まずは生活習慣と食生活を見直してみる事から始める方法がベターです。

生活習慣の「 何を 」見直すの?

人間の身体はどのような生活習慣の中でも一定のリズムを刻んでいます。 不規則な生活をしてるとこのリズムが乱れます。 そうなれば身体の本来あるべき機能が低下する現象がおきるのです。

髪の毛や頭皮も身体のリズムが正常な状態で最も良好な状態となります。 健康な髪の毛を育成する為には、 こうした体のリズムが一定に保たれる必要があると言えるのです。

テレビゲームやオンラインゲームなどで夜は遅くまでパソコンやテレビにかじりついている。 次の日は寝不足で午前中はボーッと過ごす。 あるいは就寝時間がバラバラで昼過ぎまで寝ている事も多い。

食事は決まった時間に食事を取らない。 あるいは一切食べずに一日過ごしたり、 食べたいものをドカ食いする。 朝は食べない、昼はファーストフード、夜はコンビに弁当で済ます。 などの生活習慣は髪の毛の健康以前に身体の健康を考える上でも大きなマイナス要素になりえます。

入浴に関しても湯船につからずシャワーだけでは一日の疲れを取る事はできません。 最低でもお風呂の湯船には週一回はじっくり浸かる事が望ましいです。

「 早寝早起き 」という基本的な言葉で表わされるように、 毎日の生活習慣や食事は、 健康な髪の毛が生える為の身体の良いリズム作りには欠かせない重要な要因なのです。

食生活 ・「 どのような食事内容 」がベストなの?

抜け毛が増加して薄毛の症状を自覚して頭皮を凝視したら赤くなっていた。 これらが、 おそらく頭皮の赤さの原因を解明しようと情報を収集しておられる方々の状況だと思います。

そこで生活習慣を改め、 頭皮や髪の毛に良いとされる食事内容を考えるのですが、 髪の毛にいい食事がワカメや昆布ぐらいの海藻類しか思い浮かばなかった人は知識が不足しています。

頭皮が赤くなる大きな要因の一つが血行不良です。 頭皮の健康を良くする為には、 まず血液をきれいにして血行を良くする為の食事内容に改善する方法があります。

身体の器官と同じように髪の毛も栄養を血液からとっています。 だから適度な運動で汗をかく事や、 湯船に浸かって新陳代謝を活発にすること健康な髪の育成には重要になってくるのです。

血液がサラサラになる食材とは?

血液をサラサラにしてくれる食材というのはビタミンEを多く含む食材です。 まずはビタミンEの働きを見てみましょう。

ビタミンEについて

多く含まれる食品 かつお、さんま、さば、ひまわり油や米ぬか油、大豆油などの植物油、アーモンドやひまわりの種などの種実類、小麦胚芽、サツマイモ、きな粉、ごま、ナッツなど。
働き 毛細血管の血行を良好に保つ働きがあります。この為、動脈硬化を防止し心筋梗塞や脳卒中を予防する効果が期待できます。
つまり血行が良くなる事で心臓や脳血管などに起因する様々な生活習慣病を予防してくれる働きがあります。
欠乏すると? 欠乏すると逆に血行障害からくる様々な症状が起こりやすくなります。例えば、肩こりや頭痛、しもやけ、冷え性などの症状が出やすくなる可能性が高くなります。そして、頭皮の血行が悪くなり地肌が赤くなる要因にもなります。

※当たり前の話ですが、 ビタミンEを多く含む食材をたくさん摂取しても今現在の症状が治癒するとか、 上記の症状が全て改善するとは言い切れません。 もし不安な点があれば専門の機関などで相談してみる事も必要です。

その他、ビタミンEはホルモンとは異なります。 他のほとんどのビタミン同様からだの内部で生成されることは無いのです。 だから食事内容に気を配りバランスよく食材から摂取する事が望まれるのです。

抜け毛の恐怖はすぐにはぬぐえません

ふと鏡の前で自分自身の姿を凝視してみた時に、 以前よりも額の生え際や頭頂部の髪の毛の量が減っていると感じることはよくある事です。

抜け毛、若ハゲの可能性を全く心配しない人は頭皮を凝視したりする事はあまりありません。 何気に見た自分の頭皮の色が赤いから「 おや??? 」 っと不安を感じて情報を収集している人も多いはずです。

生活習慣や食生活が原因で起こった現象はなかなかすぐには改善されません。 だからこそ地道に育毛に取り組む覚悟が必要と言えるでしょう。

スポンサードリンク