top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

男性型脱毛症の対策

男性型脱毛症という抜け毛や薄毛に悩む若い世代の問題について解説しています。AGAに関する情報と抜け毛・薄毛に悩む若い世代の為の悩み解決の為のヒントを提供しています。

男性型脱毛症とそれ以外の薄毛・抜け毛の要因の違い

そもそも男性型脱毛症とは?そしてそのメカニズムとは? 基本的な事から対策方法のヒントまで解説しています。

男性型脱毛症のメカニズム 5αリダクターゼとは、皮脂腺や毛乳頭などに存在する酵素の一つです。 5αリダクターゼがテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結び付く事で、 ジヒドロテストロン(DHT)という脱毛や薄毛の要因となる物質に変化するのです。

大雑把ですがこれが男性型脱毛症のメカニズムです。 つまり、男性型脱毛症は 『 ジヒドロテストロン(DHT)が発生する事を如何にして抑えるか? 』 が大きなポイントとなります。

ゆえに男性型脱毛症の症状が出ている人が、 通常の育毛方法を行っても髪の毛の再生は難しいといえます。

頭皮が汚れている、頭皮の血行が良くない、 髪の毛そのものがヘアカラーなどでダメージを受けているなどとは根本的に脱毛の要因が違うのです。 逆に男性型脱毛症のマイナスの要因を全部対策すれば、育毛環境としては髪の毛の再生に大きく前進すると言えるのです。

※5αリダクターゼは大きく分けて、1型と2型に分類されます。 詳しくは当サイト別コンテンツ『 男性ホルモンと抜け毛の関係 』 で解説させて頂いております。

男性型脱毛症の特徴とは

男性型脱毛症(AGA)はストレスや栄養的な要因などに起因する抜け毛とは違う点がいくつかあります。 その典型的な症状の例が思春期頃から抜け毛が始まり、薄毛が徐々に進行する点です。

代表的な抜け毛の進行は次のようになります。

額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなってくる。
髪にうぶ毛のような細く短い毛が多くなった。
抜け毛の中に短い毛や毛根がつぶれた毛が多くある。

これらは男性ホルモンが影響して起こる現象です。 特に若い世代の人から30代の人で、健康な生活を送っている、 抜け毛が進行する外的な要因が思い当たらないという人は男性型脱毛症(AGA)の可能性が高いと言えます。

スポンサードリンク


男性型脱毛症対策のアプローチ方法

男性型脱毛症対策のアプローチ方法として、 AGA(男性型脱毛症)治療専門の医療機関で治療する選択肢が、まず第一です。 医療機関(クリニック)で診断を受け、専用の医薬品や発毛治療などで改善を図る王道の方法です。

もう一つは自身の環境の見直しと自力での育毛対策を行う選択肢です。 生活習慣や食生活の見直しで体内環境を正常化する事は言うに及ばず、 AGA(男性型脱毛症)に有効な育毛剤やサプリメントの併用で改善を図る。という方法です。

要するに「医療機関(クリニック)で治療する」か「自力で育毛対策を行う」か、という事になります。 それぞれメリットとデメリットがありますので少しだけ整理してみたいと思います。

男性型脱毛症対策その1 【医療機関(クリニック)で治療する】

メリット 効果の高い治療が受けられる
AGA(男性型脱毛症)の治療薬の処方を受けるだけでなく、育毛メソセラピー(各個人に合わせた薬剤を選択的に頭皮に注入)などの専門的な利用が受けられる点が大きな魅力です。医院に実力差がありますので注意して選ぶ事が重要です。
AGAクリニックを利用して悩み解消
デメリット 費用が高価な場合が多い
自力での育毛対策をやりつくして駄目だった方は、「HARG療法」や自毛植毛などの選択肢を選ぶことになりますが、費用は高いです。まだ、それ以外でのAGA(男性型脱毛症)の治療の場合でも自力での育毛対策に比べると高額です。
高額でも確実なAGA治療

特に男性型脱毛症(AGA)は、 医師の診断や専門的な検査を受けて治療薬を処方してもらう事も可能です。 まずはきちんとした専門機関で診断してもらう事は何より男性型脱毛症(AGA)対策の第一歩になるでしょう。

また、自分でAGA(男性型脱毛症)かどうか診断できるキットも販売されています。 どうしても医療機関(クリニック)などに行けない、行きたくない方は利用すると良いでしょう。

※「 薄毛(AGA)と治療薬 」のページで解説させて頂いております。


男性型脱毛症対策その2 【自身の環境の見直しと自力での育毛対策】

メリット 少ない予算ですぐに実践可能
自力でのAGA(男性型脱毛症)対策の基本は、脱毛要因発生を防止する育毛剤や育毛サプリメントを使用する事です。その他、育毛シャンプーの利用や食生活の見直しなどで、トータルの費用負担は医療機関(クリニック)で治療するよりも軽くて済みます。
男性ホルモンによる脱毛の原因も抑える育毛剤
育毛サプリメントの注意点
人気の育毛シャンプー
デメリット 重度のAGA(男性型脱毛症)には効果が少ない
男性ホルモンの分泌が非常に多い方や、脱毛の進行が早い方などは自力での育毛対策では限界があります。 また、自分の育毛対策が正しいかどうかの見極めが難しく、一般的な育毛アイテムでも重度のAGA(男性型脱毛症)には効果が出にくい場合があります。
どの育毛剤も不満足の方は?
万能ではない育毛シャンプー

男性型脱毛症対策と治療薬について

男性型脱毛症対策 【治療薬を用いる】

男性型脱毛症(AGA)対策の医薬品はフィナステリドという成分を用いる場合がほとんどです。 製品名はプロペシアという男性型脱毛症専門の治療薬が一般的です。 注意点はきちんと医者の診察を受けて処方してもらう事です。

フィナステリド錠の個人輸入について

一部の情報では海外から直接輸入(個人輸入)する方法を紹介している場合もありますが、 経口摂取する医薬品では安全上もオススメできません。 もちろん経費的には安くなりますが、 安全上以外にもリスクは存在しますので選択肢から外したほうが無難です。

フィナステリドは男性型脱毛症の原因物質である「 5αリダクターゼ酵素 」 の発生を抑える働きがあります。 ただし発毛の効果が実感できるまで最低半年、長ければ2〜3年掛かる場合もあります。 これは髪の毛の誕生から育成のサイクルが年単位で行われるからです。

その他にもフィナステリド錠の経口摂取と並行して、 ミノキシジルが配合された育毛剤を頭皮に塗布する方法を行うことも有効とされています。

ただ、ミノキシジルに関しては脱毛症の治療薬としては効果が証明されていますが、 フィナステリド錠の経口摂取と同様に薬の副作用は存在します。

人によっては薬の副作用がキツかったりしますので、その点は認識しておきたいです。 また、そういった方には、副作用の心配がなくミノシシジルと同様の育毛効果が期待できる育毛剤も販売されています。 ※「 濃密育毛剤「ブブカ」の解説 」を参照してください。


男性型脱毛症対策 【体内環境を改善する】

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンに大きな関わりがあることは解っています。 医薬品を用いた対策がメインとなりがちですが、生活習慣や食生活を見直すことでもある程度良い作用がある事も確認されています。

男性型脱毛症対策の注意点

対策としてはメインが専門の治療薬を用いた方法となる場合が大半を占めます。 その際の注意点は必ず用法・用量を守る事です。 フィナステリドやミノキシジルは人によっては副作用が起こることもある場合も確認されています。

治療薬は一度に沢山使用したからといって早く症状が治癒・改善されるという事はありません。 また、治療は長期にわたる場合がほとんどですので、 費用的には十分余裕を見ておくことが重要といえます。

男性型脱毛症の治療薬に関しては

※もう少しAGA(男性型脱毛症)について詳しく情報を求めておられるならば、 当サイト別コンテンツ『 薄毛(AGA)と治療薬 』を参照してください。

スポンサードリンク