top画像左
top右

30代の抜け毛・薄毛予防と対策コンテンツイメージ

円形脱毛症の対策

ストレスによる抜け毛の代表的な症状が円形脱毛症です。原因は多くメカニズムは完全には解明されていませんが、ストレスと抜け毛による脱毛症の関係をクローズアップ! どんな複合的要素が抜け毛の原因なのかを知る事が抜け毛予防の第1歩につながります。

10円ハゲで衝撃を隠せない人の改善のヒントとは

ある日突然頭部の髪の毛が局所的に抜けてしまう症状が円形脱毛です。 一般的な俗称は10円ハゲと言われている脱毛症の一つです。

円形脱毛は痛みも脱毛が進行している自覚もない事がほとんどです。 美容院や散髪屋などでその存在を知らされる人も意外と多く、 突然の出来事で衝撃を受けてしまう人も少なくありません。

円形脱毛症のメカニズム

円形脱毛症の原因 一般的には免疫異常やストレス、遺伝的な体質などの要因が多いとされていますが、 完全には円形脱毛症のメカニズムや原因は解明されていないのが実情です。

この中でも、 多発的な症状や予後の状態が安定しない症状の場合は治療も難しく、 完治までに時間を要する事もあります。

ただ、専門的な部分は医療機関などで診断してもらうとして、 一般的に出やすい症状であるストレスに関連する円形脱毛症を少し解説させて頂きます。


スポンサードリンク


意外と身体に影響が大きいストレスの問題

ストレスは人間が生活するうえで必ず発生するものです。 少し漠然とした表現になりますが、 これは個人の生活環境や性格などによってもずいぶん状況が違ってくるからです。

例えば、神経質で几帳面な真面目な人ほど仕事などでもストレスをため込んでしまう、 と言う事はよくある話です。 悩みや責任を一人で抱え込むなどの性格の人がかかりやすい病気もたくさん存在します。 その一つが円形脱毛症や胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらにはうつ病などです。

それぞれ、一度かかるとなかなか完治が難しい上に再発の可能性も非常に高いと言われています。 つまり、ストレスに起因する病気などの症状は、 その人の性格と大きな関わりがあるのです。

ストレスによる円形脱毛症の対処には

円形脱毛症とは、円形の境目がはっきりした脱毛斑が発生し、 拡大していく症状を言い、誰もが発症する可能性を持っています。

仕事上での人間関係や責任あるポジションに任命された場合なども症状が発生する要因となります。 女性の場合は出産などによる身体的な負担や、 育児に関するストレスが要因となる場合があります。

一般的にはストレスによって発症した場合ほとんどは6ヶ月程で自然治癒しますが、 回復に時間が掛かる場合や多発性の症状が出る場合などもあります。


ストレスによる円形脱毛症の治療

ストレスによる円形脱毛症の薬での治療はほとんどが血流の改善と、 炎症の抑制になることが多いです。 以下に一般的な治療成分とその効能を記載させて頂きますので参考にしてみて下さい。

血流の改善 ストレスによって毛細血管が破壊され血流が滞り、毛根に栄養が行き渡らない事を改善する目的です。
炎症の抑制 頭皮の状況が悪化する要因は内的であっても、実際には頭皮の環境が外的にも悪化する事を改善する目的です。

※あくまで一般的な話ですので詳しい内容や正確性を求めるならば専門の医療機関や薬局、 薬剤師さんに相談される事をお勧めします。


円形脱毛症にも効果のある専門的な治療

どうしても円形脱毛症から早期回復を望むならば薄毛・発毛の専門医療機関(クリニック)での治療を受ける事を検討したいです。

経験豊富な専門医が存在するクリニック(正式な医療機関)ならば、円形脱毛症などの症状にも効果的な治療を受けることも可能です。

最新の薄毛治療のレベルは数年前と比較しても格段に向上しています。 多少、治療費が効果になりますが、例えば「harg療法」と呼ばれる円形脱毛症にも効果のある治療方法などが存在します。

関連コンテンツ

「harg療法」は一定期間継続して受ける事でより確実な発毛効果がはっきり現れる治療法で、多くの方が実際に発毛されている実績があります。

また、この「harg療法」と呼ばれる治療法は円形脱毛症だけでなく、AGAや女性のAGA、びまん性脱毛症の早期改善も期待できる治療法です。 特に女性の方で円形脱毛症などの症状で長期に渡って悩まされている方などは一度相談してみると良いでしょう。

※「harg療法」は最新の薄毛治療法の一つで、毛髪再生に有効な「成長因子」を使用します。 この成長因子は専門の医療機関でのみ使用が許可されている薬剤で、 プロペシア内服の効果が弱かった方や他の育毛治療であまり効果を実感できなかった方も必ず効果が現れる増毛法なのです。

円形脱毛症に関する情報収集

円形脱毛症は他の脱毛の症状などとは違い多くの人が日常的になりえる可能性のある症状です。 それ故にかなりの人が何らかの形で関心を持つ事く、情報的には色々な事が収集できる状況となっているようです。

ウェブ上では円形脱毛症の情報を取り扱うサイトは数多く存在しています。 しかも、それらの中には専門の医療機関並みの情報を有するホームページなども存在し、 自分自身の症状を分析するのに事欠く状況ではないと言えます。

ただ、ストレスなどで一時的に脱毛症状が勃発した人は自然治癒する事がほとんどですが、 多発性に発生する症状や難治性な症状に関しては、やはり専門機関での診断と治療が最も安心できる事は間違いないです。

現代社会はストレスと生活習慣病との闘い?

実は世界各国でも発展途上の国から経済的に発展している国まで生活習慣病などの問題が深刻化しているのです。 例えば、その一つが肥満の問題です。

カロリーの摂取過剰や食生活の環境の変化などが要因に挙げられますが、一番の問題は個人の健康への意識が低い事です。

同じように、日本でもストレスに関しては無感心な人が実際には多いのです。 ダイエットなどの実践には積極的でもストレスの発散などには神経が行き渡らない人も多いのです。

つまりそれだけ、ストレスに関しては身体的にも精神的にもケアがなされていないと言えます。 もし、心当たりがあると思われる人は、 変な言い回しかもしれませんが、『 心の洗濯 』という言葉を思い出して実践してみて下さい。

スポンサードリンク